Wednesday, March 11, 2020

United Airlines under Survival Mode

※ 速報する必要があると判断し、本日2本目の投稿です。 ※

コロナマークⅡ(a.k.a. COVID-19)のパンデミック宣言が近い今日この頃(宣言、さっき出ちゃった…)、旅行関連業界はもう断末魔。

私たち(をれだけ?)が魂の契約をしてしまったユナイテッド航空も、サバイバル・モードに突入しました。
合成やってて、すげーイヤな画。でもUA機材には「ネコのおもちゃ」が かぶらないように気をつけました。

先日の J.P. Morgan による業界カンファレンスでキーノートを行ったユナイテッド航空次期 CEO のカービィたん、収益予測の極端な悪化を発表しました...。ミュノスちんから引き継いでいきなりこれは可愛そう。

 ・欧州&アジア線は昨年比で、実質予約率(新規予約マイナス解約)は100%のダウン
 ・アジア線の新規予約は昨年比で70%のダウン
 ・欧州線の新規予約は昨年比で50%のダウン
 ・国内線はまだマシ、でも新規予約は25%のダウン

ユナイテッド航空ではこの惨状に対応するため、リキディティ(流動資産)を20億ドル分増やしたり、自社株買いを停止、新規機材の納入も慎重に行い、生き残る道を模索する模様。そして復活には1年半以上かかる予想。

さらに、国内外で14路線の運航停止も発表されました。

 ・ORD - シカゴ・オヘア発着路線
  ユージーン(EUG)、ジャクソン(JAN)、ウィルミントン(ILM)、チューリヒ(ZRH)

 ・IAH - ヒューストン発着路線
  アクロン(CAK)、エドモントン(YEG)、レノ(RNO)、バンクーバー(YVR)

 ・IAD - ワシントン・ダレス発着路線
  ジュネーブ(GVA)

 ・EWR - ニューアーク発着路線
  パームスプリングス(PSP)、ソルトレークシティ(SLC)

 ・SFO - サンフランシスコ発着路線
  ファイアットビル(XNA)、フォートローダデール(FLL)、ニューオーリンズ(MSY)

さらに、現時点での正式発表はまだありませんが、イスラエルが全ての國からの入国を禁止したために、SFOとEWRから飛ばしている テルアビブ (TLV) 線も、まもなく運行停止の発表が予想されます。

【記事後悔後追記ここから】
 鎖国したイスラエル、テルアビブ線の欠航・減便が決まりました。

 ・IAD - ワシントン・ダレス発着 4月1~30日は欠航

 ・EWR - ニューアーク発着 UA84・85便は毎日運航から、4月1~30日は週3便に減便

 ・SFO - サンフランシスコ発着 UA954・9555便は毎日運航から、4月1~30日は週3便に減便

 やばいイタリアへは、全てのミラノ(MPX) と ローマ(FCO) への路線は3月13日~4月30日の間欠航します。

【記事後悔後追記ここまで】

4月の運航は国際線で20%、国内線で10%の減便を計画しているそうですから、既にユナイテッド航空での予約を保持しているみなさんは自分の旅程表がいきなり変更されていないか定期的に監視することをお勧めします。

僕も今朝、家人の分も含めて17本かかえている旅程を全て再チェックしました。幸いにもキャンセルや大幅な変更は見つかりませんでしたが、2区間アップグレードが確定されました。でもメールでの連絡は来ません。

  §

  ここでちょっとOTですが、僕がどうやって好みの座席を確保しているか、お見せします。

  iPhone を使っていますが、アンドロイドにも同じAppがあるはずです。
  
  この、Seat Alerts というアプリが座席監視に利用できます。

  まずは ExpertFlyer.com というサイトでユーザ登録するのがお勧め。
  そして Seat Alerts アプリをダウンロード後に起動すると、これがホーム画面です。
  
  ウェブでもアプリからでも、自分のプロファイルと支払い情報を焼き込んでおきます。
  準備が完了したら、Create Seat Alert をタップして、監視したい席の登録を行います...。

  これが一例。とある3月のユナイテッド航空927便、FRA→SFOのポラリスビジネス席です。 
  機材はB777-300ERだったのが、一昨日B777-200に変更。座席1Aはクルーの休憩用にブロック。
  
  ポラリスビジネスの座席は奇数のAとLが窓寄りで僕の好み、いちばん好きなのは3Aと5A。
  そこで、次候補も含めて 1L, 3A, 3L, 5A, 5L, 7A を「監視対象」の席として指定します。

  設定が終わると、以下のように設定内容が確認できます。出発前に空席が出来るまで変更も可能。 
  
  7Lが含まれていないのは、アップグレード確定後に 9A(便所の後ろ...)を暫定的に選んでおいて Seat Alerts で監視をかけたところ、座席 7L が空いた、というアラートが昨夜入りました。さっそく 7L に移動後、さらにあわよくば 3A や 5A が空かないかなぁ... と、監視を続けているわけです。
  これがユナイテッド航空のウェブサイトから見たシートマップ。9A から移動して 7L を確保済み♪
  監視を設定する毎に99セントの出費。好みの席をゲットするためには些細な出費だと考えます。

 §

相当数の予約キャンセルが相次いでいるようで、シートマップを確認するたびに、グレーアウトされた予約席がどんどん減って空席に戻っているのが実感として判ります。

ユナイテッド航空... 相当にテンパっている模様で、現在は利用者側からのアプローチが重要です。

【記事公開後追記】

いまさっき、トランプ政権は英国を除く欧州からの入国を3月13日から30日間停止すると発表しました。
イスタンブールって欧州だよね...。つか、接続がフランクフルトなのでアウトっぽいです。
とりあえずホテルとリムジン、それからブルート君に「来週行けないかも...」の打電済み。

コロナのバカーっ!

【記事公開後さらに追記】

入国制限を調べていますが、シェンゲン領域だかEU加盟国だかが対象で、UK同様にトルコは除外。さらに合衆国市民は対象外なので、フランクフルト経由でイスタンブールへ行っても帰ってこられる... はずです。

こうなったら、おらおらでひとりいぐも。でも、こわいものなし、とまでは言えねぇ意気地無し...(汗)

No comments:

Post a Comment