Tuesday, March 10, 2020

IST Jan.2020(13)

いつものように、トルコ航空便でフランクフルト空港まで戻ります。
機材はエアバスA321。ナロウボディです。

3-3 アブレストですが、チェックインの時に非常口席が空いていました。
もらった座席は、上図の 9D 相当。

実際は SeatGuru のシートマップとは違います。非常口が後ろ側なので、リクライニングが動きません。
でも普段この路線ではリクライニングを使わないから無問題。さらに隣席が空いたままで、ラッキー♪

出発するときは、こんな目線。
プッシュバックされてから滑走路まで、また15分くらいガラガラとタクシングしていく。
この空港、大きく作りすぎてなんだかすごく無駄な気がするけど... この先改善されるのか?

いつものように機内食は、キョフテでした。熱々のパンも受け取って。
ヒヨコ豆の入ったソースが無いのはラッキー、ヒヨコ豆で作ったフムスが添え物なのはアンラッキー。

キョフテにバターライス、炒めたズッキーニやトマトが添えられて。
ここは機内食としては幸せなおいしさ。そんなにハラペコじゃないから、ちょうどいい塩梅です。

ここは外した...。
チップスとかあればディッピングにするけど、フムスってあんまり好きくない。オリーブだけ拾った。

こっちは大好き♪
チョコレート味のムース。滑らかで、風味も濃くてうれしい。上の梅干しみたいなのはサワーチェリー。

食後はコーヒー、クリーム入りで。
隣席が空いているので、iPadを隣席のテーブルに置いて広々と使えました。

浮いてるのは2時間半ほどで着陸態勢に。
特に遅延もせず、定刻の数分前にはジェットウェイが接続されました。

遅い方のSFO行きなので、搭乗開始まで2時間半以上あります。
でも、国際線全般が発着するBゲートから、米国行きのセキュリティが厳しいZゲートまで40分は費やす...。

Bゲートの「つけ根」にある、ゲート間をつなぐモノレール乗り場から見た景色。
いまさっき降機したトルコちゃんが停まってます。

この場所から。いつものようにモノレールで移動します...。
ガラガラな車内。隣の車輌はシェンゲン領域内で、こっちは領域外という効率良い?移動システム。

厳しいお姉さんと「ロクシタンのシアバターは液体か固体か?」で虚しい押し問答をした後(液体扱いだと押し切られた。SFOでは固体扱い)、まぁ無事にセキュリティをくぐって、Zゲートにやってきました。

おや、ベンチの上にどこかで見かけたような、おじいさんがいる...。
相当ウザい中華娘3人組が、順番におじいさんとツーショットやってて立ち去らないので、中華抜きで撮影。
おじいさんは中国人の女性達がよっぽど嫌いなのか、凍りついたようになっていました...。

その中華娘、免税店でも酷かった...。僕の前に並んでお会計になったら、キャッシャーが会計処理してる真っ最中にもっと買い足しにいっちゃう。後ろに並んだ僕たちはひたすら待たされる...。

あんまりなので、英語の判るキャッシャーのおばさんに頼んでみた。

「その中華女のアイテムをスキップして、僕のワンアイテムを先に会計してよ!」

そしたら、通訳&ガイド役と思しき、制服みたいなの着て旗を持った中華の婆がやってきて、

「すぐもどるある。少々我慢するよろし」

僕と、その後ろの白人数名が軽くキレた。

「もっと西欧のマナーを勉強してから、海外へ出かけろよ!」

僕の後ろのおじさんは、さらに辛辣でした。

「中華ウヰルス(新型肺炎ウヰルスのこと)持ってくるなよ!」

思わず振り返って、僕は首を軽く横に振って「それ、言い過ぎかも」のジェスチャ。(苦笑)

結局、待たされました...。中華娘たち、何が起こったのか判らず、悪びれもしません。
あれでもしまぢでウヰスルも撒いてたら凄い生物兵器です。かなり許せない。

中華人民共和国の國民... 世界中どこでも、もれなく民度が低いのを晒しています。

ぁぁイヤだイヤだ... な気分で、まずユナイテッド航空のサービスカウンターへ。
去年6月に入ったばっかりだという、まだ新人の姉さんに搭乗券を交換してもらいます。

「このトルコ航空の搭乗券のままで、無問題でユナイテッド航空にご搭乗いただけますよ?」
「問題あるよ。1K って書いてないし、TSA PRE って書いてないから書類チェックが面倒」
「なるほど、充分な理由ですね。今度から1Kの方には搭乗券を再発券するようにいたします」

青いUA搭乗券をもらったら、さらにドキュメントチェックのカウンターまで行って、審査パスさせちゃう。
これで余計なプロセス全部済ませたので、安心してルフトハンザのセネターラウンジに入場できます♪

No comments:

Post a Comment