Sunday, January 26, 2020

S'pore Jan.2020(6)

時間軸は初日に戻って。珍宝蝦麺を退治した後、バスで中華街へ向かいました。
バスだと30~40分かかるけど「路線バスの旅」気分で利用すれば、とっても楽しい。
しかも12系統はダブルデッカーがほとんどなので、最前列に座れたら、景色は上から目線♪

この時は春節(旧正月)の2週間前。中華街は干支の飾り付けがされていました。
昨年はピンクのブタ(中国語だと猪=ブタ)だらけだったけど、今度はネズミ。

しかも、相変わらずの激ピンク...。目が細いのが中華っぽくて、イイ? 個人的にはなんかイヤ。
いちばん大きなネズミ一家の像は迫力満点。一人っ子政策に真っ向から反するキャラですね。w

著作権の概念が欠落した中華民族、あちこちにデヅニーのネズミ♂♀が使ってありました。
でも、どこにも ©Walt Disney Productions の表示が無かった。(著作権のため写真割愛)

もしも、鴨が干支に加わっていたら、ドナルド君もパクられたことでしょう。
(そうだった。あの家鴨は第45代合衆国大統領と同じ名前だった...www)

テンプル街へ入ると... 春節を祝うための出店がいっぱい。米国ホリデーシーズン並みの商売繁盛?
もう、どこもかしこも赤と金。そして紅い首吊りパイナップル。

シンガポール中華の門松は、なぜか金柑の鉢植えです。もちろん赤と金で飾ります。
初めて見たとき、なぜ金柑の鉢植えがあちこちに捨ててあるか判りませんでした。
あれって「クリスマス終了後のツリーをぞんざいに廃棄」したのと御同様なんだね。

赤と金の出店に囲まれて正面の写真が撮れない...。まず横っちょからワンカット。
やってきたのは香港&台彎風の甘味処、味香園甜品です。

味香園は「めい しゃん ゆぇん」って読むかと思った。Joeさんにはそれで通じてる。
でも広東語なのか台彎語か「めい へぉん ゆぇん」が現地の正しい発音みたいです。

ありがとう、iPhone 11 Pro の超広角レンズ。ほとんど引きがない立ち位置からでも入口全体が撮れた。
しかしこのレンズ、樽形の歪曲収差が酷い。魚眼レンズに近い焦点距離なので、あえて収差を残したか?
徐々に拡張していったらしく、店内は A・B・C の3室に別れています。上写真はA室。

B室にも出入口があって冷気が抜けるので、いつも一番冷え冷えのC室で席を探します。
C室は地元の人にも人気。お店の人も配膳が楽になるからか、客をC室から詰めていきます。
ただ一つの不安は… 火事になったら逃げ場が無くてみんな氏ぬと思います。(汗)

これが滞在3日目、月曜朝10時半の開店前。...というか、普段は月曜休み。でも春節で営業中。
さすがに空いています。ランチタイム前は甘いものとかかき氷とか、食べないのかな。
外は熱帯ですから、暑がりの僕は24時間いつでもかき氷が嬉しいけど...。

C室の開かない窓の外は... 出店の裏側。
なんだか干物みたいなものを売っています。どの店も同じような物を売っているように見えてしまう。

さて、台彎風かき氷=スノーアイスの選択肢はこんなにあります。101~123番で、119が欠番の22種。
毎回悩んでみるけど、いつもコンサバにマンゴー・スノーアイスに走ってしまう。

そして、初日は結局マンゴー・スノーアイスでした。ひとつ覚えですが、安心の美味しさ。
熟れ熟れの生マンゴーが山麓に配されていて、味も濃厚で、これがシグネチャーだと確信しています。

2日目は冒険してみました。親しくなったお店のおばちゃんに意見を聞きました。
十名程いるこの店のおばちゃん達、半分以上は英語が堪能だから親しくなれます。

「おはよ~♪ マンゴーね?」

・・・汗。有無を言わせず、いきなりマンゴー味注文の確認を求められました。(苦笑)
スノーアイス、とさえ言ってくれない。僕はマンゴー風味の氷しか食べないと確信している。

「今日はねぇ... ピーナッツ・スノーアイスって美味しいと思う?」
「う~ん... あれは好きな人は好きだけど、あたしはちょっと、ね」←正面切っては否定しない
「でも僕まだ食べた事が無いから、今日は試してみてもいい?」
「もちろんよ。気に入らなかったらマンゴーを値引きしてあげる」

聞いて良かった。バックアップの補償が取れたので、ピーナッツ・スノーアイスを。
山麓に何も配されていないのは珍しい。チョコが少しまぶしてあるだけです。
なんだかモンブランみたい...。もしこれ全部が栗ペーストだったら、狂喜乱舞ですが。

これはやや問題作。言ってみれば「ノスタルジックな美味しさ」でした。

小学生の時、禁断の買い食いで買ったヤマ◯キのピーナッツバター入りコッペパンにそっくり。
決して不味くはないです。ただし甘味がまろやかで、安い菓子パンに使うピーナッツの風味です。
やはり、ピーナッツのように脂質がベースの旨味は、氷点付近にすると風味が半減するようです。

余談ですが、子供の頃『買い食い』が何故ダメなのかを疑問に感じなかった?
 買わない食い → 無銭飲食
 買い食わない → 食品ロス
上のふたつの組み合わせはダメだと判る。買わない食わないは Divide by zero で不毛。
でもなんで買って食ったらダメなの??? 頭ごなしに否定されて、疑問だったでしょ?
「下校途中は『本来の業務の遂行中』にあたるからだ」と中学の先生には言われた…。
我が家は共働きで鍵っ子だったから、下校途中毎日のように晩のおかず買ってたけど。
激マズの給食を食べなくて腹ペコで、買い食いそのものも違反しまくっていたけど…。
(でも給食で鍛えられたおかげで、ユナイテッドの機内食を食べられるんだと思う)

ピーナッツ味… まだ試していないものが沢山あるから、暫くは頼まないと思う。←要するにイマイチ
でもマンゴー・スノーアイスをもう一杯食べたくなる程ひどくはないですから、念のため。

毎日通い詰めたので3日目です。今度は別のお気に入りを注文。
チェンドル・スノーアイスです。ココナッツミルクと黒糖が好きな人にはたまりません。

黒蜜というかパームシュガーという椰子から取れた廃蜜糖を、すきなだけかけてイイ!
混雑していると椰子糖のチューブを取り上げられちゃうけど、空いてる時なら最後までかけホーダイ♪

そしてこのスノーアイスは山麓に小豆と亀ゼリーを配し、5合目あたりまで緑のパンダンゼリーも。
パンダンリーフという甘い香りのゼリーは、あってもなくてもいい。むしろ無いほうが潔いです。でも「パンダンゼリーはいらない」ってカスタマイズするのが面倒だから、そのまんま食べています。

中華デザートでいつも謎が残るのは、亀ゼリー。亀なんか入ってないのに(入ってたらすげーイヤだけど)なんでこれを亀ゼリーって呼ぶのか、不思議。ググってみたら、オリジナルの「亀苓膏」はホントに亀の腹側の甲羅を入れるそうです。亀の甲羅の蛋白成分が凝固するのを利用して固めるらしい... でもここんちのは普通にゼラチン。甘草とかの漢方成分を加えているか怪しいもんだけど、とりあえずガチの亀苓膏と同じ黒っぽい色に仕上がっています。

結論から申しますと... 山麓への配置は、僕には小豆餡だけでいいです。(笑)

スノーアイスにハマっているんだから台北の夜市に行くべきだとは思うけど、ここで充分。
チャイナポイントの地下2階にもあるし、他にも支店があるようですが... やっぱ、ここがイチオシです。

味香園甜品 Mei Heong Yuen Desserts
Address: 63-67 Temple St, Singapore 058611
Hours: (Googleからの情報)
   Monday: closed  (春節等は営業)
   Otherwise: 12-10PM(週末・祝祭日は11時前から営業)
Phone: +65 6221 1156

Saturday, January 25, 2020

From İstanbul

武漢海鮮市場の記事にも書いたけど、水曜日の夕方からイスタンブールで過ごしています。
昨夜(1月24日、金曜日の晩)トルコ東部のエラズーで発生したM6.8だかの地震で、40人以上氏んで1,000人以上負傷したっていうニュースで、風呂屋さんでの話題は持ちきりです。でも、道を歩いている限りでは、イスタンブール市民にとってアジア側の災難は文字どおりに『対岸の火事』みたいです。

今回から河岸を変えて、5年くらい前までよく行っていた風呂屋にしてみました。

少しリノベーションされていて、スタッフも若い子ばっかりの風呂屋さんになっていましたが、最年長のマッサージ師さんは髪も口髭も白くなっていたけれど、まだ現役だったのでひさびさに施術してもらいました。

問屋街にある風呂屋だからか、以前から労働者風のオヤジだらけでしたが…今日入ったら、こんな感じ。
これは… トルコ風呂に行きつけていないと、ここに参加するのはかなり引くと思います。
僕はもう慣れっこで、平気。
上写真みたいにおじさんがビッシリ転がっている「へそ石」の隅っこに腰掛けると…

ホシュ ゲディニズ(welcome。ホシュゲディンって聞こえる)

…と言われて、寝そべるスペースを空けてくれます。
その後は、どこから来た?とか、昨夜の地震は酷かったが、知り合いはいないか? とかの話になります。
トルコ語は最低限のフレーズしかできませんが、大抵英語のできるおじさんがいて、助けてくれます。

しかし… 毎回同じような事を言われ、何だかなぁ、になる。
なにしろ年中、西アジアから来たと思われる…。
「アゼルバイジャン?」とか「キルギス?」とか聞かれる。その理由が凄い誤解。

 • 日本人は、口髭や胸毛は生えない。
 そんなに体毛がめっちゃ濃いわけではないですが、日本人はツルツルでなけりゃいけないらしい…。
 トルコ人から見たら、僕の髭なんて無いも同然に薄いはずなのに、なんで西アジア出身扱い!?
 確かトルコと日本が仲良くなったきっかけの「和歌山沖でトルコの軍艦が沈没」した事件って、明治時代だったよね? その頃って、役人さんとか政治家はみんな立派な口髭たくわえていたはずだよね?当時の日本人は口髭があった。ってトルコの歴史の教科書に載ってないのかね?

 • 日本人は、英語をあまり喋らない。
 ここは何度も書くけど、みなさんがんばって、なんとかして欲しいです。
 日系人コミュニティでも、一世だと言うと「嘘よ!一世は英語できないのよ!」って言われるし…。おかげで今でもみんなに「obaKoba はハワイ出身の4世」だと思われています。ハワイというあたりは、デヴだから…。

 • 医者だと思われる。
 近所のクリニック、歯医者、病院のERなんかでクスリの話とかして勘違いされるのは、まだ判る。
 トルコ語も全然出来ないのに、医学的な話題なんか話してないのに、いきなりドクトルって呼ばれる。
 風呂屋の客にもスタッフにも勘違いされるのって、どうしてだか理解不能。
 つるっ禿げが医者に見えるなら、磯野波平さんの風貌はみんな医師に見えるはずですが…。

まぁ、とりあえずは居心地イイです。西アジア出身じゃなくて東京(近郊は省略w)から来た。と言えば歓迎の度合いはずっと高まります。ボスポラス海峡の地下をつなぐトンネルは日立のジェットモグラで掘ったようだけど、僕が売らされていたゲーム機も同じ会社に製造してもらっていたかと思うと、感慨深いものがあります。

月曜の朝にはホテルを発つので、明日・日曜日まで充分にリラックスしていきます。

Friday, January 24, 2020

S'pore Jan.2020(5)

ホテルの近くのバス停から停留所ふたつ目で、バス停の真ん前という便利さ。
5系統くらいのバスが走ってて、バスを2~3分待ってから数分乗るだけで到着。
ビーチロード・プローン・ヌードルハウス、海岸通りの蝦麺屋というわけですが...  East Coast Road に所在。

オーマイさんによれば、ここんちはゲイラン地区、MRTのカラン駅前にある Jalan Sultan Prawn Mee ジャラン・サルタン・プローンミーとルーツを同じくする店だそうで、風味が似ているという情報を事前にもらっていました。さらにショーファーのJoeさんが Foodie なので意見を聞いたら、ここんちはスープが濃くて旨いのでドライより汁麺の方がいい。と言われました。

店内に入ると... 午前11時前。中途半端な時間に来たつもりだったけど、土曜なので混んでる。
最初に空席を見つけテーブル番号を覚えておきます。
そして注文をかけ支払う時にテーブル番号を申し述べる、シンガポールで標準的なオーダー方式。
キッチンの近くに二人席の空席を見つけたので、トートバッグを置いて確保後、注文に...。

パイクー麺とか、豚の尻尾麺なんてのまであるけど... やっぱりエビだよね。
注文カウンターの上に踊る『特別大蝦麺』に注目したんですが...

その立ち位置で左側、9時方向には絵付きのメニューが。
いかにも標準化作業がいいかげんな中華らしく、名前に統一感が無い。
さらに大蝦と豚の尻尾ミックスとかあって、オーダー寸前で惑わされる。

でも、やっぱり 珍宝蝦麺 です... ちんぽえびめんって、蝦じゃなくてイカ臭そう。(爆)
・・・とか脳内で笑い転げながら、ジャンボ・プローン・ミー、プリーズ。飲み物はライムジュースで。

席に腰掛けて到着を待ちます。
箸と唐辛子が備えてある。あの赤い唐辛子、以前空港ラウンジで使ったら激辛で懲りた奴に違いない...。

辛さ対策にもなるし、酸味が食欲増進にもなるサッパリしたライムジュース
これ飲んで呼ばれるのを待っていたら、僕の事を初心者だと思った姐さんが親切に届けてくれました。

これが珍宝蝦麺(かな表記を避けるよ)。エビ臭いけどイカ臭くはありません。(くどい?)
おおきなエビがいっぱい。スープも濁ってて、麺が全然見えない。初めてだから唐辛子はやめておいた。

添えられた小皿が謎です。周りを観察してみても、使い方がイマイチ判らない。
エビの殻を入れるには小さすぎる。みんなエビの殻はテーブルに直に投げ捨て山積み。

小皿は無視することにして摂取開始... 僕にはジャラン・サルタンよりもスープが濃厚に感じます。
オニオンフライがいいアクセントで、風味も良い。

麺はライスヌードル(ビーフン)かエッグヌードル(玉子未使用、小麦粉をかんすいで黄色に)の2択。

シドニーの馬華で食べた蝦麺が2種類ミックスだったのを覚えていたから「ミックスもできるよね?」って聞いたら、快くやってくれました。追加料金とかはかかりません。違ったテクスチャや風味が一度に愉しめます。
ミックス麺はこんな状態です。もしもどちらか片方だけにしろと言われたら、ビーフンかなぁ。

ジャンボな蝦さん達は縦半分にカットされて、こんな。
食べ始めて気づいた。これって蟹をむいて食べるのが面倒な僕には、あんまりむいていない。
殻を外すのが大変なうえ、手が汚れてエビ臭くなる。食事がスローになるのがイライラする。

でも、やっぱり2度は通ってみたいし、ホテルから近くて便利すぎるから、また行きました。(笑)
2回目は月曜の朝。午前9時を過ぎたら空いてくるはずだというJoeさんの意見を信じて...

ホントだ。平日の朝食タイムを少し外したら、半分空席。春節の紅い首吊りパイナップルもある。
でも、蝦麺って朝食メニューなんだね。

肉骨茶(バクテー)も朝食アイテムだし、シンガポール…なんか朝から肉食系で凄いぜ!(蝦だけど)

全く同じ物を注文しました。珍宝蝦麺をミックス麺で。ライムジュースも。
やっぱり小皿が謎。レンゲを置くか唐辛子を取りわけるのか、憶測するけど判らんかった。
帰りのリモに乗っている時 Joeさんに聞いたら、店内にパウダーのカレーとかパプリカがあるはずだから、それを取り分けて麺に絡める小皿のはずだ。という説明でした。今度やってみよう。

さぁ、前回は警戒して使わなかった赤唐辛子に、チャレンジだ!
・・・ブログ映えを考慮して10かけらほど入れたら、多すぎました。(号泣) 
この唐辛子はみっつか、多くても5つで充分。いちど懲りているのに学習しない奴。

辛いの苦手なあつさんとかは絶対無理だと思うくらい、すげー辛い。
辛いの大好きな Campbell(F) さんちの同居人さんなら、全然平気かも。

で、美味しいんだけど... やっぱり殻を外すのが面倒臭かった。凄いジレンマ。
しかも今回は殻をはいでたら、立派なエビの背腸に出会って若干興醒め。

でも辛くしちゃったら背腸が残っていたって気にならない。ただひたすらに殻剥がしが面倒。(笑)

御値段はリーズナブルでした。
いちばん高いジャンボでもSG12ドル、ライムジュース入れてSG13.50ドルは、ちょうどUS10ドル相当。

またホテル・インディゴに泊まったら一度は訪れそうなお店になりました。
・・・殻むくのが面倒だけど。←しつこい。殻剥きがそんだけ嫌い。

Beach Road Prawn Noodle House
Address: 370/372 East Coast Rd, Singapore 428981
Hours: 
Tuesday:   Closed
Otherwise: 7AM–4PM
Phone: +65 6345 7196

遅めの朝食で蝦麺をやっつけた後、ホテルへ帰ろうと店のすぐ横にあるバス停へ。
たまたま12系統のバスが来たので予定変更、ホテル前では降りずにそのまま中華街へ向かいました。

中華街に着いたら、まずかき氷の摂取から始めました...。

Thursday, January 23, 2020

Eclectic cuisine from Wuhan

先程イスタンブールの宿に着いて、シャワー浴びてサッパリして、今日は疲れたのでもう寝よう。…で、就寝前に和英両方でニュースを読んでいたら、なんか新型コロナウヰルス肺炎で氏んだ人、いきなり増えてない?

そんで、武漢の『海鮮市場』にある販売品目の写真を観て驚きました。兎や穴熊も売っている(英語で hares and badgers って書いてあったから、あってるよね)そうですが、しかしてその実態は…

このカット観たらショックで疲労と眠気が吹き飛び、記事を書く気になりました。
ウサギさんやムジナさんどころじゃありません!

クジャク、ダチョウ、ラクダ、ロバ、綿羊、ヌートリアかカピバラみたいのや、山椒魚もいるよね?

しかも生きたまんま売ってるそうですから、付帯する微生物も何でもありです。
つか、これ生きて売ってたら、上野動物園に行くよりいろんな動物に会えそう?
しかも見るだけじゃなくて、欲しかったら買える!! その場で調理もしてくれる?

恐るべし、武漢の海鮮市場。
何をもって海鮮を名乗っているのか、深すぎます。

シンガポール旅行記の記事中にも同じジョーク埋めたけど『中国人が四つ足で食べないのは椅子とテーブルだけ』って… ちっともジョークじゃないじゃん!

 物理的に近い遠いは関係ない21世期、パンデミックはいとも簡単に起きそうです…。
ユナイテッド航空、SFOから大陸に沢山飛ばしてるから、真っ先にやられそう。←これが言いたかった

…ぁぁそろそろ脳が、もうMAOもCOMTも何も出ない。って悲鳴上げてるから、寝ます…。

Wednesday, January 22, 2020

S'pore Jan.2020(4)

ショーファーJoeさんのリモで、カトンにあるいつものホテル・インディゴまで送ってもらいました。
午前10時にはレセプションに着いちゃった。
荷物を預けたらどこで朝食を摂ろう?と悩んでいたら、嬉しいことにアーリーチェックイン可能でした。

今回から iPhone 11 Pro の超広角レンズがあるから、こういうホテルの部屋とか狭い空間で活用してます。
今回は1319号室をアサインされました。入口から部屋の内部を見渡したの図。

壁画はシンガポール名物のビーフジャーキー屋でした。
ドリアン屋、コピティアム、ビーフジャーキー屋の3パターンあるみたい。
でもまだ遭えていない「幻の壁画」も残されているかも...。

今度は窓側から入口方向を見たの図。
カトン地区に残るプラナカン文化をフィーチャーした、キッチュでHip-Hopな内装は嫌いじゃない。

おトイレはこんなです。
ターコイズと茶色の2種類があるようです。個人的にはターコイズのほうが少し好きかな。
洗面台の「足」がカスタムメイドで凝っていて、ホテルのご自慢です。

窓際にある洗面エリア。ハーフミラーに内蔵されたライトが、虎の火の輪くぐりのように金色に輝きます。
こっちの洗面台の「足」はミシンを使って作ったそうで、ご自慢ですが、なんだかなぁ...。
洗面台は琺瑯引きだけど、金属だからうっかり物が当たると寺の鐘でも突いたように響く。

この椅子が凄いよね。黒いバージョンと、このカラフルな奴があるみたい。
僕の体重で腰掛けたらプラスチックが伸びちゃいそうなので(笑)、使った事はありません。
椅子の横にある洗面器には、女性ゲストが喜びそうなフットケアのアメニティが揃っています。

カーテンを引いて、窓外に露出を合わせて写してみました。
13階からだと、こんな景色。いちおう高層階のデラックスルームにアップグレードされました。
隣の21号室がバスタブ付きの角部屋。
このへんはエレベータからいちばん遠いので廊下を通る人も少なく、夜は静か。

シャワーブースはこんな。
この部屋、今まで泊まった部屋のうちで一番水圧が強いかも。
水量を全開放させると、お湯が当たったら痛いくらいの水圧。・・・この部屋、好き♪

ミニバー周辺はこんなです。
キャンデーの壺みっつは無料で食べ放題。食べた事ないから補充されるかどうかは不明。
いちおう有料の飲物&スナックも置いてありますが、みんな階下から持ち込むよね。(苦笑)

飲用水のボトルはミニバーに2本、洗面台にも2本あって、毎日補充されます。
デラックスルームには Nespresso マシンが。4杯分カートリッジがあって、これも毎日補充されます。

でも、近所のコピティアムで アイス・コピCとかを買っちゃうから滅多に使わない。(苦笑)
近所に食料品店やコンビニ、コピティアムやスナック売ってる店が一杯で便利すぎな立地です。

IHGプラチナ会員へのウェルカムアメニティは、600ポイントの他にこんなのも。ちいさな饅頭が地元プラナカン風の菓子らしいのですが... 見た目があまりにも殺鼠剤が入ってるっぽくて、すげーイヤで食べた事がない。
IHGの宿でいつも思うんだけど... この摘果したような林檎とか、どうやって仕入れるのか不思議。
特にシンガポールって林檎なんか100%輸入だよね? なんでこんな林檎をわざわざ輸入するわけ?

さて、写真記録を終えた時点では、降水確率80%だったのに降りそうにありません。
バス停ふたつぶんだけ移動して、オーマイさんが紹介していた蝦麺屋に行ってみることにします。

しかし、この緑の壁... Amexセンチュリオンラウンジでも採用されているけど、なんだかなぁ。
ここにいつも『パセリそっくりの草』が生えていて、パセリかどうかむしって噛んでみたい。
でもドッパズレだったら凄くイヤだからと毎回躊躇している自分が中途半端で、なんだか嫌い。
スイスの先生がご存命だったら、絶対草食ってるはず。(爆)

次はオーマイさんの記事読んで試す気になった、蝦麺=プローン・ミーの人気店をご紹介します。