Sunday, March 15, 2020

Vespucci San Mateo

2月のはじめ、Campbell(F) さんと久しぶりにデート。
サンマテオのダウンタウンにあるイタリアンのヴェスプッチ Vespucci へランチに行きました。

OpenTableで予約をかけたけど、そんなの関係ないみたい。オーナーさんが我々二人をすぐ認識。
窓際の席がいい。って座らせてもらって、毎度のようにスパークリング・レモネードと炭酸水を。
ここんちのレモネード、濃くて炭酸も利いていてすごく美味しいです。

最初はなんといっても、やっぱりブルスケッタでしょ。
普通は3ピースのはずですが、我々には別けやすいように4つ出してくれます。

このブルスケッタはもしかして、多分、ベイエリアでいちばん美味しいかも。アメリカ読みでブルシェッタって発音せず「ブルスケッタ。ペルファボーレ」ってお願いするから、オーナーさんが嬉しがります。(笑)
クロスティーニというか... ベースのガーリックトーストはサックサク、載せてある具もペストソースも新鮮。

そして、Campbell(F) さんは「ボロネーゼがいいけど、ソースが多すぎるからどうしよう」と悩んで...
「スパゲッティーニ」って、確か細い方ですよね?これは太い方。でもトスカーナのピチ Pici ほどには太くなく、コシもそこまで強くないパスタみたい。トマトベースのソースで美味しそうでした。

僕はイスタンブールの Pap's で売り切れですと言われ、食べたいのが治まらなかったラザニアで。
パルメザンを振りかけてもらいましたが、ラザニアの周りにペストソースが廻してあるのも嬉しい。

毒者サービスで、真ん中でカットして断面図を写してきました。
Campbell(F) さんと仲良く驚いたけど、ここんちのラザニアってパスタが10枚くらい重ねてある。普通は5~6枚がせいぜいだと思うので、ずいぶんと手が混んでいます。茹で加減も丁度良く、ボロネーゼソースも濃厚で、ヴェスプッチへ来る度に何度でも食べたくなります。

パスタだけでおなかいっぱい。デザートは軽くアイスクリームで。
Campbell(F)さんはバニラのジェラートを2スクープ。

僕はアフォガートにしてもらいました。
見た目は同じようですが、アイスの横にある泡の中にはエスプレッソコーヒーが潜んでいます。
エスプレッソの苦味とバニラジェラートで美味しく愉しめ、おなかも膨れないデザートです。

ヴェスプッチを退出して・・・ 帰りがけにある 鮮芋仙 Meet Fresh に、うっかり入っちゃったよ。
デザート食べた直後だけど、まだ空いてたからついつい。(笑)

ふたりで別けた、巨大かき氷。4~5人前はあるよ。
上にバニラアイス、氷の上から内部には練乳、山麓には小豆やゼリーが配されたかき氷です。

「毒者に大きさが判るように何か比較対象物を置きたいかも」
「じゃあ、iPhone は?」
「...かき氷の横にスマホ置くのって、どうよ?」

とか検討したけど、やめたよ。てっぺんに乗ったアイスのスクープから全体を把握してください。(笑)

 それと、この台彎系スイートの店には無料の Wi-Fi が設置されています。
テーブルにパスワードが貼り付けてあるので、それを使ってログイン。

スピードを計ってみました。
Ping反射は35msで普通。下り13Mbpsですが、まぁ充分なスピードが出ています。

ヴェスプッチはご無沙汰してしまっていて、前を通る度にオーナーさんとは挨拶を交わしていましたが、さすがに「ぼっちごはん」に出かけるのは寂しい。Campbell(F) さんがイタリアンを食べたい気分で救われました。

Campbell(F) さん、ありがとうございました。また御一緒させてください。

No comments:

Post a Comment