Thursday, March 12, 2020

IST Jan.2020(14)

ユナイテッド航空が発着する10~20番台のZゲートとは反対方向にある、ルフトハンザのラウンジへ。
ここですね。

このラウンジでは、レセプションで搭乗券を読み取らせるだけで入場OKが出ました。
セネターラウンジのほうに入って...。

いつもフルーツ盛りを写すけどさぁ、みんなリンゴや洋梨、皮ついたまま食べるんだね。僕は苦手。
スイスの先生は桃まで皮ごと食べていたので「バナナも皮ごと?」って聞いたら、かなりキレた記憶が。(苦笑)
どうも欧米の人々とは「この水菓子は皮を剥かずに食べて良い」の閾値が異なるようで、未だに謎です。

コーヒーメーカーのところにキャンディがあった。今更ながらに気づいた...。
でもみんな好きくないようなのばっかり。悪いけど、ドイツって甘いものが美味しくなさそうだよね。

ドイツはやっぱり、これでしょう。
フランクフルトに来たら、やっぱりソーセージでしょ。茹でたソーセージにマスタード、添え物はポテトでしょ。そしてソフトドリンクなら、ビターレモンでしょ。

久しぶりに豚肉食えて幸せ♪(食事に禁忌がある客用に、ソーセージの札には「ぶたさんマーク」があった)
さて... まだ1時間以上あるから、シャワー浴びてサッパリしてから搭乗しよう、と思いました。

シャワールームの受付に行ったら、待ち時間無しで利用可能だというラッキーな状態。
もらったシャワールームは清潔そのものです。今回のラウンジ記事は、このシャワールーム中心で。

入口側には、洗面台がこんな感じで。
この立ち位置のほうには壁から生えているベンチと、荷物置き場もあります。

シャワーブースは、こんな様子です。
北米と違って欧州ではシャワーヘッドが自由に動くから、好き。
さらに天井にはレインフォレスト型のシャワーも備わっています。

タオルは、バスタオルと入口に敷くマットだけ。これだけで充分。
欧州名物「壁からいきなり生えた便器」も、清潔になっています。

ここんちのシャワーアメニティは、ロクシタン。
シャワーブースに設置されているのはシャンプーとボディジェルだけ。ハゲな僕には充分以上。

洗面台には、バベナの香りのハンドソープに、ボディローションも。
ヘアドライヤーもありますし、110/220VAC切替え式の電源も取れます。

ゆったりシャワー浴びて乾かし、予備の下着に着替えてスッキリサッパリしてから退出。
コーク・ゼロシュガーをたっぷり一杯もらってから、汗をかかないようにのんびりと搭乗ゲートへ。

退室してゲートへ向かう途中... 先程、中華娘攻撃で凍っていた蓬髪のおじいさんがまだいました。
まだ凍ったまま...。(笑)

だーれもいないところでこうやってボーッとしている姿は、なんだか不気味。

目線が合うとますます不気味... でも白い口髭はステキ。なんだか八頭身で、もっと頭でっかちじゃないと賢そうに見えない。猪首のくせに左手だけ妙に指が長いし… 実物もホントにこうだったんでしょうか?
おじいさん、うかうかしているとアウシュビッツに送られちゃいますよ。(ぉぃぉぃ...)
まぁ、彼がナチに捕まってたら廣島&長崎の惨劇は起きなかったかもしれないけど...

そのお手元のハードカバー... 『E=mc2』というのは、変わったタイトルの本ですねぇ。w
なんで特殊相対論のほうが、より重要な一般相対論より有名になっちゃったんでしょう?
・・・単純で誰でも覚え易そうだから?(多分そう。G_{\mu \nu }+\Lambda g_{\mu \nu }=\kappa T_{\mu \nu } なんて覚えられない)

それにしても、タイトルがこっち向いちゃってるのが、説明的でちょっとアレですねぇ。w
それよりも... その手と本の間にある黒い物体は何!? もしかして、スマホ!!??

無礼千万の中華馬鹿女の群れがいなかったので、物理の先生をたっぷり撮影できました。
この「おじいさんのベンチ」って、これから毎月立ち寄りそうで、私なんだか怖いわ...。(笑)

Z22番ゲートまでやってきました。途中でドキュメントチェックのおじさん達に呼び止められたので、搭乗券に貼ってある審査をパスしたステッカーを見せたら Thank you, Sir!! ってニコニコされました。
SFOへ向かう夕方初の便は、ユナイテッド航空がローンチパートナーで買ったボーイング  777-222 です。この時はラッキーで、内装の方はポラリスに換装済みの機材です。(まだ換装終わってない機体もある)

さて、プリボーディングですが.... 何この1K®の数は!?(画面左下には、写るのが嫌な婆が潜んでる)
1K会員の優先搭乗が十数名。その前にはジジババ4人、GSが数名、ガキンチョ親子2組いました。

さすがハブ空港同士のコネクション、とやや不快な感動をもたらされつつ、搭乗...。

あとさぁ、このZゲートからの搭乗って階段なの。エスカレータが無いの。設計ミス!(怒)
それでもシン・ベルリン空港みたいに緊急排気を床に設置しちゃって開港できなくなるよりはマシか...。
20世紀で最も偉大な物理学者を輩出したドイツ連邦共和国、じつわ 少しおバカかも...。
(そういえば 一石 ein stein 先生、物理は得意でも数学は苦手だったそうです。通ずる所があって好き

No comments:

Post a Comment