Thursday, December 13, 2018

Tokyo 2018 Nov. (7)

今回の帰省でのメインイベントは、T学園写真部の同窓会でした。

大広間・宴会場に用意された卓は、こんなです。
雅号から察するに隆さんの御父様(旦那)の手になる紅葉の絵がステキです。
御父様からは以前直筆の絵をひとつ頂戴し、我が家のキッチンに飾らせていただいております。

僕のいただいた席から会場を見渡すと、こんなです。
この大広間... デカすぎね?(汗)
田村さんご兄妹は丁度我が家と一緒で、兄が制服のあるT学園、妹は三つ編み必須のY脇学園ご出身。
なので、Y脇出身のうちの妹もこの大広間で卒業祝賀会やらY脇の行事をやらせてもらったそうです。
床の一部がせり上がったり天井からプロジェクタが出てきたり、舞台装置(笑)に度肝を抜かれたそうな。

若旦那・隆さんが会の始まりの前にご挨拶くださいました。(TVに頻出するセレブなので顔を晒しています)
隆さんからのお話しで驚愕。僕と同期のMくんの奥様が他界されたとのこと。本当に驚きました。美人薄命という四文字熟語そのままの状況で悲しい限りです。奥様Hさんのご冥福を重ねまして心よりお祈り申し上げます。

隆さんからの「今夜は皆さん折角お集まりくださったので、献杯後はこの悲しみを乗り越えて、みんな楽しくやりましょう」という号令に救われました。
いただいたお品書きは、こうでした。季節の食材を生かした数々のお料理に期待させられます。

最初の前菜はガラスの切子細工に入ってきました。
前菜 焼き茄子ゼリー カリフラワームース 車海老色出し あさり たたきオクラ 海胆

茄子の風味が乗ったあんかけゼリーが美味しい。

・・・つか、実はこの頃までに風邪ひきが若干悪くなってきて、ただでさえ馬鹿舌なのに風味が判然としなくて。(汗)
余談ですが、この風邪を父へ染した。僕が帰った後に父は風邪をこじらせ数日間入院しました。(大汗)

椀物もいただきました。風邪引きさんでも豆苗の香りはすぐに判りました。
 銀鱈メープル焼き 豆苗米油炒め 白味噌 酒かす仕立て 薬膳七味 唐辛子

白味噌にネットリしたようなまとわりつきを感じるのは、きっと酒粕が入ってるせい?

ここで隆さんとの話で・・・

「メープルシロップはカナダ産のいい奴を使ったんだぞ♪」
「隆さん... お言葉ですが、北米最高はヴァーモント州産です!」←USAの意地
「そんな事言うなら、送ってこいよ!」
「ラジャー! 合点承知しました!!」

こんな受け売り言葉になったので、ヴァーモントからグレードAのメープルシロップを取り寄せ築地へ送りました。
この記事が載る頃には築地に着いていると思いますが、無事着いて瓶が割れていないのを祈るばかりです。
(最初取り寄せたら我が家に着いた時点で瓶が割れてた。もっと良い精製所を探して取り寄せ厳重梱包で回送)

【投稿後追記ここから】
 無事築地に1ガロン到着。「まだある」って伝えたら「それも送れ」って言われた。
 ヴァーモント産は良品だと認めていただけたのだと思い、速攻であと1ガロン配送中♪
【投稿後追記ここまで】

お次はたっぷり氷と紅葉が載ったステキなプレゼンでしたが...なんということでしょう! 撮影し忘れた!!
造り 北寄貝 赤貝 ほたて さより昆布〆 もろみ醤油 山葵
上写真はM田K子さんのお写真を拝借しました。K子さん、ありがとうございます。
K子さんも、さすがは元写真部です。これ、もらったまんまで後加工していません。

貝類をもろみ醤油でいただく趣向です。濃厚な醤油と貝が絶妙、特に ほ・た・て♪

焼物が本日のメインイベントでしょうか。これは以前takimoniさんやオーマイさんと一緒にいただいた事があります。
焼物 まぐろ大トロステーキ 炒め玉葱 しし唐 みぞれ酢

もちろんこってりした大トロも美味しいですが、鮪の風味を吸って甘くなった玉葱は風邪の馬鹿舌でも美味しい。

そして癒されるような温物が次にキマした。
温物 南禅寺むし 甘鯛 栗甘煮 銀杏 べっ甲あん おろし生姜

幸いなことに昔から「つきぢ田村」のべっ甲餡をいただく機会が何度もありますが、これだけは真似できない。
とろみの加減が絶妙です。これ多分、食べ始める時間を数分間逸すると食感が変化するかも?というほど繊細。

ここで「なんで金屏風とテーブルが用意してあるかな?」と思っていた場所に、板さん達が登場。
目の前でオムレツを造ってくれて、出来た側から配布してくださるという趣向でした。
ちなみにいちばん手前の方が四代目のお婿様です。隆さん、彼にはなんとなく厳しい。w

頂戴したのは、こんなにカラフルなちらしずし。
 ちらしずし 白身魚 いか まぐろ 酒前つり 三葉 干瓢 のり 海老そぼろ ガリ オムレツのせ 名残松茸小吸物

「わ~、お吸い物にマッシュルームがいっぱい♪」←風邪引きで馬鹿鼻+生来の馬鹿舌
「・・・ドアホ! 松茸だ!!」

でも右の方から「きゃ~!椎茸がいっぱい♪」という台詞も聞こえてきたのは秘密です。(笑)

たっぷり頂戴したので、デザートは水菓子です。
水物 フルーツカクテル 梅つるん
上にかかった「あんかけ」風のゼリー部分が『梅つるん』だと思われ。
せっかくの絶品調理をいただく機会に五感が全開状態でなかったのが悔やまれます。

でも11ヶ月おきに開かれるはずなので、来年は10月開催のはず。

「来年は10月でしょうから、僕はネコ当番で出席できません。残念です...」

そしたら隆さんが 千葉公園の風太のように すっくと立ち上がり、皆さんに大声で...

「みんな、来年もこば君が出席できるよう、11月開催でいいでしょうかっ?」
よっしゃー♪

そしたら若女将も...

「じゃあ、11月n日ね。予定入れておきます♪」(nは自然数)
「よかったな。ゼッタイに来いよ...」←若旦那が怖かった。まぢドスが効いてて怖かった

そしたら同期のM本くんまで...

「37回続いて、開催月を動かすなんて前代未聞だぞ!」

もの凄いプレッシャーです。これで欠席しちゃったら以後出入り禁止?(大汗)

みなさん、ありがとうございます。
今から22萬マイル握りしめて全日空の特典航空券を空席待ちしてます。←UA以外にお金使わない奴

そして毎年恒例の記念写真です。(M本くん撮影㌧: 隆さんと小生以外はプライバシー保護しています)
御不幸があったとはつゆ知らず一人だけ紅白ド派手な奴がいますが、還暦後はじめてのパーティーだったから許して。

散会後、若旦那&若女将は外までお見送りくださいました。
外に出てまで記念写真撮りまくりなみなさん。M本くん、引きすぎてタクシーに轢かれないでね...。

『西の吉兆・東の田村』と呼ばれる名店で11ヶ月おきにお食事会をさせていただけ、ラッキーな私たち。
田村家の皆さんは御家族みなさまが気さくな方々ですので、思い起こせば学生時代からありえないような数々の無礼千万な振舞いをしてまいりましたが(特にM山さんw)、こうして還暦を迎えてからも引き続き暖かくお付き合いいただけるのは感謝感激しきりです。来年またの再開を今から楽しみにいたしております。

Tuesday, December 11, 2018

Tokyo 2018 Nov. (6)

ル・ヴァン・エ・ラ・ヴィアンドでランチを終えてから、ちょっと松屋の裏にあるお店へ寄り道させてもらって。

僕は全然知りませんでしたが『俺の ~』シリーズというレストラン各種が都心部にのさばっています。
そのうち「俺のBakery & Cafe」のひとつが松屋裏にあるので、そこに立ち寄らせてもらいました。

前夜に久しぶりに観た民放で、ミルクをたんまり練り込んだパンを放映していて...「欲しい!」と思ったのだった。
実物は... 『香』と『夢』の2種類ありました。ちょっとカリフォルニア土産にしたかったけど、日持ちしなくて断念。
(上写真のパンは「みほん」で、冷めて凹んでいます。実際に購入する奴は温かくて立派な体躯です)

結局『香』と、パンの耳で作った昔懐かしい「揚げパン・150円也」を購入。
両親宅へ持ち帰ったら... 食パンまるごと2斤も美味しいと評判でしたが、パンの耳が大人気。
なんて安上がりな実家...。(爆)

そして『俺のベーカリー』の袋をぶら下げつつ向かったのは、果物屋さんのパーラー。
千疋屋パーラー銀座店の2階で、パフェを食べてきたのだ。パフェを頼む中年と老人の二人組、キモす!(笑)
手前が僕の試したメロンパフェ。奥はオーマイさんの確か「秋のパフェ」です。

千疋屋って総本店から暖簾分けする方式のようで日本橋総本店とビミョーにメニューが違う。

でも、どこでも千疋屋だったらマスクメロンは日本一おいしいレベルだと思います。
どうやったらウリの仲間で糖度が20届くのか不思議なくらい甘い。 ←元百姓学科な意見

僕のはメロンだらけで、もうちょっと生クリームも欲しいかも?というくらい嬉しいアンバランスでした。
でも、このパフェ一杯でさっきのハンバーグランチセットAが2回食べられる。アンビバレントな午後。

その後、オーマイさんと少し銀ブラしてから別れ、オメガさんへ「診察結果」を伺いに寄りました。
サービスセンターはこんな雰囲気。ガイジンが一杯いるのがオメガっぽい♪(俺もガイジンだけどな)

パテックフィリップのオーバーホールよりも1桁低いお見積もりだったので快諾しましたが、後で「文字盤がグレーから白になります。ご了承ください」はかなりショックでした。もう修理完了してるけど来年2月まで引き取りにいけません。・・・見た目がかわいくなさそうなので、そのまま引き取らないかも。(ぉぃぉぃ)

Sunday, December 9, 2018

Tokyo 2018 Nov. (5)

習志野に着いた翌日、日本へ来た時のほぼルーティンワークで和光へ廻りましたが、今回はオメガのサービスセンターでチタン+ゴールドのシーマスター・ポラリスをオーバーホールに出しました。その後オメガのサービスセンターからメールで「キャリバー交換します」という、内部は修理じゃなくて新品交換するという通知を受け、しかもダイヤルが白くなると聞いて大ショック。このオーバーホール代があればeBayでポラリスをもう一本落札できるので、他の7本はそのまま壊れるまで使い続けることに決心しました。(以前より2本減っているのは形見分け済みw)

さて閑話休題。

スヲッチグループのビルでポラリスを入院させたら、もう11時20分すぎ。
銀座3丁目、松屋の裏手というか東銀座寄りにある「ル・ヴァン・エ・ラ・ヴィアンド」というビストロへ。
開店の11時半に飛び込む計画で、オーマイさんと待ち合わせていました。オーマイさんが先に到着済。
お待たせしてしまい、申し訳ございませんでした。 >オーマイさん

ここ、ランチタイムは予約を受けてもらえず、正午~1時頃は混雑すると伺ったので開店時に入店しました。

まだカラッポの店内は、こんな感じ。
席数も含めて雰囲気はビストロっぽいです。カルティエ・ラタンあたりで撮りました。って嘘つけそう。
でも、正午を過ぎたらリーマンがバンバン入ってきて満席になりました。相当の人気店な模様です。

この店は朝日新聞の記事で「黒いハンバーグ」を読んで、来てみたかったのです。
ワインとにく』という期待させる店名以上に驚いたのが、持ってけドロボー価格なその値段表でした。

 定番ハンバーグ 黒いデミグラスソース  ¥800
 Aセット  プティサラダ / コーヒー又は紅茶  +¥200
 ミルクティ・カプチーノ・カフェオレ    +¥200

ハンバーグステーキ単品が800円!?、サラダやコーヒーを付けても1,000円!

先に結論から書いちゃいますが、開店時間前から来て待ってて良かったと思わせてくれるお店でした。
せっかくなので主菜を一品追加して分けることにして、さらにデザート代わりにチーズをもらいました。

「チーズが前菜に載ってますが... 食後でもいいですよね?」
「もちろんですよ。『食後にチーズ』という方は少ないのでw」

以上の注文で、お食事をチーズでおしまいにする仏蘭西風にしてみました。

ただちに届いた、Tossed Salad(あえて馴染んだ英語表記w)が、これ。
プティサラダ
デヂタル朝日の記事どおりに、自家製の素直なフレンチドレッシングがかかったシャキシャキ野菜が爽やか。

そして、想定した以上に黒々としたハンバーグステーキ様が登場しました。
定番ハンバーグ 黒いデミグラスソース
デミグラスソースがホントに黒いです。何使ったらこんなになるの?って怖いくらい黒い。
上写真は質感が判らなくなってしまうので、暗部のディティールを加工しています

オーマイさんと「わ~!」とかうなりながら、まずはカットしてみました。
つなぎが少ない。でも肉がふかふかでジューシー。変なまぜものを加えずに素直に作った挽肉料理の味と印象です。ファミレス系でよくある「あらびき」とか「肉汁だくだく」とは対極にある、まっすぐなハンバーグステーキ。黒いデミグラスソースが挽肉の美味しさを引き立ててくれ、色に驚いたけど味は直球勝負な逸品でございました。

ふたりで分け合った主菜は、カモ。
Confit de canard 鴨モモ肉のコンフィ ←ネットからコピペしたけど、上写真だとむね肉っぽい
こっちも美味しかった。個人的には脂の層がもうちょっと厚いほうが好きだけど、いけてました。

あとね、添え物の温野菜が正統派に美味しくて感心しました。にんじんグラッセとかインゲンの仕事が素晴らしい。

主菜の後はチーズプレートで。
Fromage ビオチーズ
ランチタイムは青カビ・白カビ・ハード・ウォッシュ・シェーヴル等から2種選択。青カビとウォッシュをいただきました。枝付きの干し葡萄や、オリーブを練り込んだパンが添付されてきました。

最後の珈琲をカプチーノにアップグレードしてお食事終了。
濃くてみっしりした感じに点ててあるミルクフォームが立派。最後まで満足です。

でもあえてこのお店では甘い物をいただかずに退席して(つか... 入口付近に空席待ちのお客さんが一杯いて、背中への「早く帰れ光線」が厳しくて到底くつろげない)晴海通りまで戻って上等なパフェでも食べることにしてみました。

ル・ヴァン・エ・ラ・ヴィアンド
LE VIN ET LA VIANDE
〒104-0061 東京都中央区銀座3-9-18 東銀座ビル1F
Tel. 03-3543-9188
(LUNCH TIME)
平日  11:30~15:00(L.O.14:30)
土日祝 11:30~15:00(L.O.14:00)
(DINNER TIME)
平日  18:00~23:30(L.O.22:00)
土日祝 17:30~23:30(L.O.22:00)