Sunday, August 19, 2018

Sydney 2018 June (10)

日曜日の夜。明日は早朝に空港へ向かいますが、最終日なのでマレー料理の人気店へやってきました。
ところが... 店の前はありえないほどの大行列です。去年訪れた時からさらに人気が出ている。

行列は隣の店の前を超えてて、ほぼ交差点まで達してます。これじゃ近所迷惑だよね...。
中華街でも行列に割り込む人はいないのが、さすが先進国オーストラリア。

店内で食べるのはさっさと諦め、お持ち帰りのオーダーに入店しました。
当然ながら満席な店内。持ち帰りを注文してからも、出来上がりまで15分くらい待たされたよ。...つか、注文したロティのタイプが生地にバターを追加で練り込む必要があるから時間がかかった模様。

入口付近で、シェフさんたちがロティ・プラタを作って焼くパフォーマンスをやっています。
あの、丸めた小麦粉がロティ・プラタの生地。手前のボウルに入った油の量がもの凄くてビビった。

シェフさんが生地を引き延ばして薄くしていくのを追いかけてみました...。
油を塗った手で引き延ばしていきます。破れもせずに器用なもんです。

生地をざぶとんくらいまで引き延ばしたら、隅っこを持ち上げます。
ここからが手早くて、感動的。

なんだか、ふきんをたたきつけるみたいにペッチンペッチンしてます。
これでかなり薄くなります。ピザの生地を延ばすパフォーマンス以上に繊細だと思う。

見よ。この指が透けて見える薄さを。
こんだけ薄くなるまで1分以下。窓の外では行列のみなさんが食い入るように見つめ、自らを空腹感で虐待しています。

紙のようにペラくなった生地を、こんどはたたみ始めました...。
これで、パイ生地みたいに小麦粉と油が何層も重なったロティ・プラタ(焼く前)の完成です。

これを後ろにかまえる別のシェフさんへ渡すと、こんどは焼き始めます。
きれいに焦げ目をつけていきますが、空気を巻き込んでいるからふくれるやつもいる。なんだかお餅みたい?

・・・と、写真記録しているうちに僕の注文品が完成しました。
大行列を尻目に、2ブロックほど離れたホテルへ戻ります。

徒歩数分で、ホテルの看板前。
表面がサクサクなロティ・プラタをかかえているから、足取りも速くエレベータが来るのももどかしい。(笑)

そして、部屋のこっちのテーブルで展開させることにしました。
受け取ってきた内容をそのまんま並べましたの図。

パッケージを開けると、こんだけ。
チキンのサテが6本。バターたっぷりタイプのロティ・プラタ、そしてミン・ゴレン(マレー風やきそば)です。

サテは上出来。
甘いピーナッツのタレにつけて、玉葱と胡瓜をつまみながら片付けます。

ロティ・プラタはこんな出来上がり。ギー(クラリファイドバター)のいい香りがしてきます。
カレーソースは3種類。辛いの、そんな辛くないの、中辛で濃厚なの、と差別化されていました。この後の旅、シンガポールでもロティ・プラタの有名店に入ってみたけど、やっぱりカレーソースは3種類で同じようなバランスになっていました。何かしらの法則性があるのかもしれません。

ロティをちぎって、内部を接写してみました。
層状になっていますよね。焼いた面はカリカリした食感で内部はもっちり。間にはさまった追加のバターが芳ばしい。

さらに、焼きそばまで。我ながら飽食しまくりで恐ろしい...。
マレー風の焼きそば、ミン・ゴレンは甘辛仕上げでピーナッツ風味。芳ばしい香りとスパイスのおかげで食が進みます。最後の晩はホテルの部屋でひっそりとお食事することになっちゃいましたが、美味しくて充分に満足です。

Friday, August 17, 2018

Sydney 2018 June (9)

日曜日の朝。遅めの朝食というか、ブランチに向かったのは、このカフェです。
雨があがってから来たので路面が濡れてるけど、Two Good Eggs という名前のお店で、けっこうな人気店。

朝食と昼食を出していますが、なんだか入口付近が人でいっぱい。
入ってみたら、行列でした。20分くらい待ったかな?でも、おひとりさまでも気持ちよく対応してもらえました。

入口から見た店内はこんな。
席数がそんなに多くない、こぢんまりしたカフェなので混雑します。

待っている間に、黒板に書かれた日替わりメニューもチェック。
チキンシュニッツェルには惹かれないが、ステーキサンドは?と思った。でもオージービーフだろうし... とか悩んでいて、大好物「マンゴーとパッションフルーツのスムージー」を見逃すという大失策をやらかしてしまいました。

やがて二人がけの小さなテーブルが空いて、そこに通されて。
メニューを激しく検討した結果、ロイヤル和牛ビーフバーガーというやつを注文。

一緒に頼んだパイナップルジュースと炭酸水が先に到着。
パイナップルジュースはフレッシュじゃなかったので、消化酵素の補助は期待できませんでした。

ほどなく、カプチーノもおっかけで到着。相変わらずアンディさんの上手なミルクジャグワーク。
やっぱりシドニーのカフェって、コーヒーに入れる気合いが半端ないです。

カプチーノでおなかを温めているうちに、やってきましたハンバーガー。
・・・どでかい。丸ごと手で掴んで食べるのは無理。ナイフで切ってフォークで口に運びました。

断面図。焼き加減はミディアム。挽肉だからミディアムレアは受け付けてくれなかった。だったら焼き加減は聞くな!
なんだか最近は「ワギュウ」Wagyu が世界中で流行ってて、豪州で育てた日系の牛肉?もそれなりに脂が乗っていましたが... やはり日本の和牛とは別物。これで和牛を名乗るのか!?という激しい疑問が。まあ、牧草食わせて育てたにしてはいけてるほうかな?とは思います。でもハンバーガーとしての味は充分に美味しいです。具がいろいろで楽しいし、もし本物のサシが入りまくった和牛なんか使ったらバーガーパテにするのはくどすぎて無理だと思うし。

量が多すぎてフレンチフライは少し残しちゃったけど、片付けてもらう時にカプチーノのおかわりを所望。
今度はおなかいっぱいで飲むコーヒー。ひとかけらのウエハース(クアドラティーニ)も嬉しい。
ホントはゆったりしたいのですが... 背後から狗のような目で見つめる待ち行列の人々が怖い。

帰り際、お会計の時に忙しくてテンパってるアンディさんと、ちょこっとだけ会話できました。僕のことを「なんか見覚えがある、毎年冬に現れないか?」って。Wow, you have a good memory! I am impressed. とか言い返したら...「弟がカリフォルニアに住んでる」だって...。どうしてそんな簡単にどっから来たかバレるのか不思議。
「ジャグワークも相変わらず上手だし、料理も美味しかった。来年また来る♪」って言って握手して引き揚げました。

コーヒーをやっつけたら、ホテルの方まで戻ってきました。
パディーズマーケットまたはヘイマーケットで、ちょっとおみやげショッピングしていきました。

上の階にあるフードコートで見つけた、怪しいラーメン屋。
替え玉ラーメンという店名で、ニューアーク空港にある怪しすぎるラーメン屋を思い出しました。

さらに... スーパーで見つけた中華の怪しいスナック菓子。パッケージのイラストが変杉!
中華街にあるスーパーなので、中国産や日系のアイテムがいろいろあるんだけど... これ、凄いよね。
あまりにも変なので、いつも診ていただいてるクリニックのナースさんたちへのおみやげにしました。
変な絵でも、それで買って行く馬鹿な客(をれ)がいるんだから、成功しているんだと思います。(爆)

Wednesday, August 15, 2018

Sydney 2018 June (8)

土曜日の晩。もうさっさと寝ようかと思ったけど、せっかくだからサーキュラー・キーまで電車でやってきて。
フェリーの波止場が見える場所に人が集まっています。

そう。この時期はシドニー・ヴィヴィッド Sydney Vivid というライトアップのイベントが市内各所で行われるのだ。

日没後、薄暗くなるとイベント開始の午後6時。固唾を呑んで見守る観衆の前でオペラハウスが...
「ををををを~!」っとどよめく観衆の前で、プロジェクションマッピングでいろんな色や模様に変身。

ちなみに、始まる直前はこんなでした。(照明浴びてなくて暗いから画がザラついてます)
もともと使徒みたいな奇妙な形の白い建築物にプロジェクションマッピングを施すから、こいつが一番の見どころ。

見守る観衆。
フェリーのりばの周辺も、それを取り囲む高層ビルも特殊ライトアップされています。

でも、やっぱりどんどん変化する使徒にはかないません。
食洗機用洗剤 Cascade のコマーシャルみたいな緑色になったり。(米国ネタでごめん)

そこからあっという間にオレンジ色に変わったり。
目の前をフェリーが横切っていくので、やっぱり今回も短距離のフェリーに乗ってみようと決断しました。

僕は漁師町育ちなのにすごく船酔いする人なので、フェリーは30分くらいにしておかないと後が大変なのだ。
昔は飛行機でも酔って、ロンドンへ行く時はシベリア上空で必ず「さあ殺せ」な状態になっていましたが、もう250萬マイル飛んだらかなり平気。もっとも導眠剤に乗り物酔いを抑える効果もあるし、最新機材はちっとも揺れないし。

港の反対側からこっち側に向かって飛んでくるシャープなライトもいっぱい。
これなんか Perfume の TOKYO GIRL みたいでステキ!NHKでも紅白でやってたよね。(アメリカで紅白観てる奴)

さて、オペラハウスは、もうシュールなマッピング画像がいろいろ展開していきます...
もうなんだか判らんが、色使いが派手。さすがサンフランシスコに次ぐ世界第2位のゲイの街?(笑)

一方フェリーのりばは、赤と青を基調にどんどん色が変化します。
なんだか合衆国の国旗みたいな色使いですが...。

そして、使徒 オペラハウスはモノクロのしましまになったと思ったら、縞が渦巻いて...
美術史で習った「ダダイズム」というか、率直にウルトラかいじゅうのダダを思わせる模様に変身。

その後、一瞬で元のシアン・マゼンタ・イエローな減法混色の原色に復帰。(ホントは光だから加法混色)
いま午後6時15分だから、15分で一巡するわけだ。じゃあまた同じ物の繰り返しになるからフェリーに乗ろうっと。

フェリー乗り場にやってきました。
ハーバーブリッジとオペラハウスが色の競演中。なかなか見応えがあります。ホテルの部屋で寝てなくてよかった。

ダーリンハーバー方面、つまりホテルのある方角へ向かうフェリーに乗船しました。
いちばん短距離で、しかもシドニー中心部へ戻る航路なので大人気です。

フェリーが出発。
使徒は現在コアが見えています。じゃなくて、オペラハウスはカラフルに変身中。←中毒

をを、使徒が羽根を拡げているぞ!、じゃなくて、カラフルな羽根模様をマッピング。←中毒悪化
ををををを~っ!」っと、再びどよめくフェリーの乗客。さっきより近くで観てるからインパクトあります。

さらに画が変わって... 寄生獣!?(爆) ←想像力は激しく欠乏中
でもなんでネジネジのストローみたいなのがいつも横に走ってるのか不思議。

ハーバーブリッジの下をくぐりましたが... 裏側はライトアップされてなかった。残念。
なんかラスベガスのハリボテ建築とか舞台の大道具を裏側から観たようで少し興醒め。

ところが... 船はハーバーブリッジをくぐって、最初の船着き場「ルナパーク」へ。
なんと、ルナパークの入口がバージョンアップされていました!

昔はこんなでした。
昔から充分に怖くて、子供が夜中にトイレへ行けなくておねしょしそうに怖い。

21世紀のルナパークは、さらにパワーアップしました。観覧車は青色LEDだし。
入口の子供の顔は次々に変化。これは変顔バージョン。もっと変なのもあったよ。

その後、船は対岸の船着き場をふたつみっつ廻ってダーリンハーバー近くへ。
船着き場に別のフェリーがいましたが、腹に Vivid Sydney の電飾が。やりすぎ感がいっぱい。

乗船したお客さんの8割はここで降りてシドニー中心部へ帰っていきます。
僕も最初ここで降りようかと思いましたが... ここからホテルまでは徒歩15~20分。

せっかくなのでいろんな乗り物を使おうと思い、終点まで乗船していきました。←ホントは歩くのがイヤなだけ
帆船や灯台が見えてきたら、ダーリンハーバーの対岸にある海事博物館。ここらへんが終点です。

海事博物館の前にある船着き場で降りて、博物館の建物を半周すると、ここ。
博物館前の景色。この位置から交差点を渡った反対側に路面電車の駅があります。


ピアモント・ベイ Pyrmont Bay という変なスペルの駅。

午後8時近くでもうこんなにガラガラ。でもシドニーは鉄砲持ったギャングさんはいないだろうから安心。
ちょっとフォトジェニックな切り取りカット♪

で、路面電車はこんな路線を走っています。
シドニーのセントラル駅方面に向かってみっつめがパディーズ・マーケット。ホテル前の駅です。

数分待っていたら、電車がやってきました。
これに乗って数分でホテル前まで戻れました。

シドニーも OPAL オパールという非接触式のカードがほぼ全ての公共交通機関で使えます。
OPALは外国人でもクレカに連動させて自動リチャージできるから凄く便利しています。

電車・フェリー・トラムと乗り継いだシドニー市内のおさんぽ旅を終え、宿でぐっすり寝ました。