Sunday, June 17, 2018

Japan 2018 May (2)

ユナイテッド837便、成田行きの搭乗はスムーズに始まりました。
機内は青いLED照明で、こんな...。

みんな窓を開けないので、搭乗終了してタクシングが始まるまで窓を開けるのは少し待ちます。
また3Aに座ってますから、毒者のみなさんもこの景色は見飽きたと思います。

ウェルカムドリンクはスパークリングワインを。
まだ「通路側」には座った事が無いんですが、できれば今後もこの奇数列の座席に座りたいものです。

そして離陸のシーンは窓を開けて撮影。
毎度おなじみの28L滑走路から飛び立ちました。

この朝は霧が晴れるのが遅く、上空から見ても雲がいっぱい。このカットを撮影した時は既に海上。
サンフランシスコ上空を通ったかどうか、よく判りませんでした。

そしてビバレッジサービスが開始。
シャンパーニュを所望しました。銘柄はドラッピエの金ラベル(Carte d'Or)NVだったと思います。

ミールサービスは事前予約していた和食が届きました。
一の膳は、こんな内容。

小鉢
いか、海藻、筍、ほうれん草のお浸し、ピーマン、白味噌
白味噌でイカの切り身を食べるのは血馬県人には不思議な味。でも添付された亀甲萬の醤油は使いませんでした。

前菜
鰻とじゃがいもの桜の葉巻き、ずわい蟹の玉子巻き、海老団子の串、大豆と玉子の寄せ物、味噌クリームチーズ
以上はメニューから忠実に入力していますが... なんか違ってる。鰻は鮨になってるし玉子巻きはクラゲ?

煮物
鶏肉、南瓜、さやえんどう、揚げ豆腐
揚げ豆腐というか、がんもどきですが... 味付けの方は違和感ありませんでした。

二の膳
続いて届いたのがこういう内容です。

主菜
銀ムツ(メロ)、ほうれん草ソース、高野豆腐、にんじん、白菜、油菜
どこかの和食店や料亭からの監修を受けていない作品のようですが、別になんてことない味でした。

御飯
ご飯 とだけ記載されていますが、筍とか少し何か入れた炊き込みご飯で、白飯ではなかった。

味噌汁 お豆腐とわけぎがちょびっと入ってるだけ。無いよりはまし。

香の物 食塩や酵母で浸透圧制御された植物の切れ端は、食べないことにしています。

もし「洋食のコース」を選んでいたら、以下の内容と選択肢でした。

 冷たい前菜 鮪の叩き りんごとキアヌ入りケールサラダ 山葵
 サラダ キャベツ チンゲン菜 にんじん マンゴー

メインのお料理(以下からお選びください)
 牛ショートリブの炙り焼き
 平目フィレのソテー
 スパイシーチキン

・・・う~~~ん。スパイシーチキンにしておいてもよかったかも。でもサラダがイマイチ。

そして今月から、どうやらチーズとデザートで2回廻らず、いっぺんに持ってきて選ばされます。
アイスクリームサンデーとプチフールだけもらって、チーズ受領はパスしました。

プチフールは3種類から2つもらって。
ミニタルトにクリームが載ってたり、チョコクッキーにカラメルが載ってました。

今まで通り、最後にペットボトルで水を配ってくれますが... なんか、札がぶら下がってる。
ミッドフライト・スナックがあるから、詳しくはアテンダントに聞いてね。というサインでした。
この後は少し寝て、目が覚めたところでミッドフライトスナック置き場を漁りに出かけました。

続きは次回で。

Friday, June 15, 2018

Japan 2018 May (1)

ここからは5月上旬に帰省した時の旅行記を綴ります。隔日掲載で14回・7月11日までの予定。

毎度おなじみ。バスでおチープにサンフランシスコ空港へ向かいます。(写真は違う系統のバス)
自宅から徒歩2分のところにバス停があって、約30分乗車すれば到着。しかもSFOの中をグルリと廻ってくれて便利。

国際線Gゲート前で降りてエスカレータで上階へ昇り、新装開店した United Polaris™ Lounge へ入場しました。
このラウンジの内容は速報で掲載しましたから、そっちで使わなかったカットで簡単に。

閑散とした下階を撮影後、エスカレータで上階へ。
エスカレータは同じだけど、照明がポラリスを意識したキラキラ系LEDに変更されています。

朝9時頃だったからバーカウンターはカラッポ。
その後、2~3名のお客さんが朝から軽く飲んでました。

自分でバンバンするスナックコーナーにある、飲み物の配給場所。
洋服のサイズがあってない、縮んだ爺さんだかとっつぁん坊やだか判らない気味の悪い人がコーヒー摂取中。

でも、セルフのスナック類はホントに取り揃えが良くなりました。
この記事の後半で旧ファーストラウンジが改修された United Club をチラ見せしますが、全然待遇が違うよ。

そして... 奥にダイニングルームがあると聞いていたのでセルフの誘惑に騙されず無事到達。
ちゃんと「フルサービス・ダイニング」を謳っていて、愛想のいい数名のサービスパーソンが配置されており、席に案内されるし飲み物も食べ物も手厚くサーブされます。これがいったいいつまで劣化せずに続くのか、今から心配。

で、速報にあったようにブルーベリーパンケーキにベーコン2枚沿えオプションを所望。
なんか、とってもまともなレストランみたいなのがかえって怖いくらい。みんなフレンドリーだし。

ルフトハンザのファーストラウンジやファーストターミナルにもダイニングルームがありますが、ひっつめた金髪で碧眼のお姉さんの対応は、アジア人の劣等感のせいか向こうがホントに冷遇してるのか判らんが、言語の壁は皆無でもたいへん冷たく感じる。一方で Fly the Friendly Skies™ なユナイテッド、なおかつ地元ベイエリアの皆さんが働いているのでアクセントも100%聴き取れるし、向こうもこっちのジョーク混じりの台詞がよく通じてます。従って僕にはたいへん居心地がいいです。

お食事後、上階も撮影を終えて... 外を見たら倭国の青い勝ち組がまもなく到着。
まだちょい早いけど、ひととおり記事を書くだけの写真を撮れたし(笑)、今回は満足。
それに旧ファーストラウンジがどうなったのか気になって、ラウンジをハシゴしてみました。

国際線 United Club の場所は旧 GlobalFirst Lounge と全く一緒。看板だけ交換済み。
入口で搭乗券を厳しくチェックしてシッシッしていた係もいなくなりました。
受付のデスクも変更なし。にこやかに迎えてくれたおぢさんに搭乗券を見せます。

「ポラリスビジネスにご搭乗でしたら、もっといいラウンジがありますよ。」
「知ってます。いま行ってきたけど、こっちがどうなったのか中を見ていいっすか?」
「United Club 正会員でしょ? (笑) もちろんですよ。どうぞご自由に!」
「ありがとう。多分長居はしませんから。」

そして、全く変更のないエレベータで階下のラウンジへ...。
家具、装飾はそのまま。中華風の鴨居も「達磨鸚哥」と「静岡新聞」もそのまま飾ってあります。

でも、明らかに人大杉! もうずっと人大杉!

英語だと It's a ZOO! って表現は、日本語だと「タコ部屋状態」でいいのかな?
品位が劣化しましたとか以前に、客が多すぎて相席は必定。使いたくありません。

そんくらい悲惨。SFOからGゲート発の長距離便に乗るならビジネスクラスが必須!もしゲートに到達する前にアップグレード確定しなかったら、やや遠回りになっても  Centurion Lounge へ行くのが正解。

そんで、スナックも劣化したというか... 国内線 United Club とほぼ同等にアジャストされていました。
フルーツとヨーグルト... ポラリスラウンジを体験した直後なので、見るからにまずそう。

エスプレッソマシンまで撤去されちゃったよ。昔の国際線 United Club にはあったよね。
熱い水・冷たい水・コーヒーからの選択です。あとはひっそりと缶入りのソーダ類が冷蔵庫に入ってました。

いままでは、あの「達磨鸚哥」と「静岡新聞」に出逢えるのはファーストクラスに乗る前でした。
それなのに、それなのに、今度からはアップグレード失敗した時に出逢う。という状況になったのが悲しい。

どのみち座る場所も無いし座るつもりも無いので、写真記録を終えて搭乗ゲートに向かいました。
この朝はいちばん先っぽの101番。ここ、よく成田行きのNH7便がスポッティングされていたゲートです。

さっさとエスカレータで下に降りて、Group 1 の2番目に並びました...。


Thursday, June 14, 2018

İstanbul 2018 Mar (12)

ようやっと1~3月の毎月続いたイスタンブール旅行・3回目旅行記の最終回です。

UA59便の中で最初のミールサービスをいただいております...。
現在、搭乗便は地理の時間に「フィヨルド」とかいう言葉を習ったあたりを飛行中。
気流が悪くてイングランド上空は避けたのか、BREXIT するから避けたのかは不明。

そして主菜は多分みなさまの御推測どおり、おさかなでした。でもサケなら避ける。(ぁぁおやぢギャグ)
Poached Cod  Lobster sauce, Anna potatoes, glazed carrots and onions
タラそのものに惹かれたというよりは「ロブスターソース」という風味付けにやられました。

そのロブスターソースにまみれたタラは、こんなでした。
ホクホクな仕上がりで悪くないけど、期待したロブスターソースはたいしたことなかった。
以前、SFO/SIN便かどこかで出てきたロブスターソースの方が風味が立っていて美味しかった。

一方で、添え物の Anna Potatoes という、輪のように重ねて焼かれたポテトがいけてました。
和食でもないのに、ユナイテッド航空の調理で、こんなに飾ったことするなんて、奇跡です。(爆)

そして、世界のチーズ・アソートメントです。
穴だらけのエメンタールっぽいのと、青カビと、ホワイトチェダーっぽい3種類でした。

シグネチャー・サンデーはちょっと背景を明るくして撮ってみました♪
背景に使ったのは安全カード♪(爆)

今回は甘ったるいリキュールを加えてみるアレンジをやってみたよ。
アマレットの定番、ディサローノをもらってサンデーにふりかけながら食べてみました。アマレットミルクっていうカクテルもあるくらいですから、美味しくないわけはありませんが... ボトルが大きくなった? ボンベイサファイアのボトルも以前と比べてなんだか大きかったよ。エコノミーで有料化した懺悔で大きな容量に変えた??

プチフールは美味しくなさそうなのでもらわずにいて、後でスナックチェックに参上。
・・・ろくなもんがない。(泣) こういう時はフロントギャレーに... 何も置いてない。(号泣)

ギャレーに寄って、コーク・ゼロシュガーをおねだりしてきました。
コーラ飲んで寝て...。

でもあんまり本気で寝てなかったら「サンドイッチ温めましたけど、いかが?」って。プチ嬉しかった。
ターキーハムかローストビーフと聞かれ、ローストビーフのサンドイッチを。温かいスナックは素直にうれしい。
ゼロシュガーのコーラは前のカットとは別物です。つまり2缶目です...。ゼロカロリーだから、いいよね。(苦笑)

スナックもらって、2時間くらいで窓枠の上のLEDが点灯しました...。
まだ寝てる人もいるから、迷惑にならない程度にちょびっとだけ窓を開けて。

グリルドチキンは前月いただきましたから、またフルーツと野菜にチーズのプレートに戻ります。
届くと、こうなってるわけだ...。

これをいきなりやっつけるのではなく、組み立てて楽しみます。

食べ物で遊んじゃいけません!って言われてきたけど、これって遊んでるんじゃなくて工夫してるんです。
ソフトサラミとチェダーチーズのサンドイッチ、ピクルスを添えて。が出来上がり。w

さらにもう一品は...
プロシュートハムとカンタロープで、生ハムメロンの出来上がり。
巻き上げた後でハニーデューメロンを発見したけど、適度にカットして口中へ投入すれば一緒。(結局いいかげん)

あぶれたのは、こんなパーツ。(ついに食品を部品呼ばわりする奴。お百姓さんごめんなさい)
青カビチーズとブラックオリーブを美味しく頂戴しました。後は... 何も申しますまい。w

到着前のお食事を済ませ、コーヒーをもらって降機態勢に入るのを待ちます。
これでシン・ポラリスシートには数回乗ったわけだけど『広いんだか狭いんだかわかんないシート』という感想。シートの微調整とかがイマイチな反面、窓側兼通路側の奇数席をもらえたらプライバシーは良好です。

いつものルートで降りてきて... 今回もゴールデンゲート・ブリッジがよく見える。
なんかノリのいいパーサーさんで、PAでやたら「ゴールデンゲートブリッジが見えてきました!」とか「方向転換して着陸しますが、左手に見えるオレンジ色の屋根の建物群はスタンフォード大学です!」とか、異様にノリノリで説明してました。・・・ヤバい薬、キメてね?(汗)

28L滑走路で無事到着。30分くらい早着しちゃったので、スポットされたゲートにまだ飛行機がいる...。(怒)
滑走路で朝鮮焼肉やらかした航空会社、そろそろほとぼりが冷めたと思ったのか、ユナイテッドからお許しが出たのか、Aゲート側からスターアライアンス加盟各社が乗り入れているGゲートに引っ越してきたようですが... みんなあの事故を忘れてないからね...。確かSFOの事故後に廣島でも滑走路の手前に着陸したよね? さらにこないだはイスタンブールでトルコ航空機材の垂直尾翼にラリアットかまして尾翼もいじゃうし。安全という単語の意味を知らない人々が経営してるとしか思えません。

そういえば、この記事書いてる4月の時点で、南朝鮮のフラッグ「ナッツリターン航空w」の元副社長『ナッツ姫』が、そろそろほとぼりが冷めたと思ったのか、韓進グループの潰れなかった残骸の関連会社で社長席に座って世間はブーイング、というのを各紙(特に嫌韓な扶桑w)で読みました。その後、専務やってる妹が代理店にキレて『水かけ姫』と呼ばれ、結局ふたりセットで韓進グループ全てからクビになった報道も読みました。その後さらに母親まで仁川のホテル工事現場で人夫への暴行容疑で立件された後、父親も密輸で検挙? されてるし... 南朝鮮の航空会社、なんだかなぁ

この記事が公開される頃は、南北が平和的に統一へ向かっているでしょうか?それとも超タカ派な白いセイウチ髭のボルトンちゃんを起用したトランプ政権が第二次朝鮮戦争へ向かっているでしょうか? 全く先が読めなくて怖いです。だから5月のNRT行きは最初、復路をUG確定できるNRT/ICN/SFOで発券しましたが、朝鮮焼肉航空がイヤだし仁川空港が消滅している事態も充分ありえるので、後で見つけたNRT/SFOダイレクトのR枠へと予約を変えました。

結局、降機できたのはほぼ定時。すんなり入国してバスで自宅に帰りました。

これで3月までの旅行記は完了。4月は「ネコ当番でお留守番」なので、この後掲載するのは5月のNRTです。