Saturday, September 26, 2020

UA Resumes Retrofitting

UA乗りの毒者のみなさんへ、ちょっと朗報です。

TPGによりますと、ユナイテッド航空は無期限延期していたキャビンの改装を再開する模様です。
この、本当のホンモノのポラリスシートと、プレミアムプラスの導入です。

5月に新型コロナの影響で無期限延期が発表されていましたが、まずはB787-8から改装を始める模様です。

改装前は、こういうシートマップです。(シートマップはunited.comでの原寸まま)
座席数は… ビジネス 36席:エコノミープラス 70席:エコノミー 113

内部はこんな。UNITED を名乗ってはいますが、この機材を買い付けたのはコンチネンタル航空でした。
合併前からのUA乗りには、最初違和感満載だったビジネスクラスのシートです。

もっとも、旧ユナイテッドのビジネスクラスは半分後ろ向きだったりするからもっと変だったけどね。(笑)
慣れればおいしい、くさやのひもの。
このシートには、シンガポール直行便でさんざんお世話になりました。

これがいよいよ、本当のホンモノのポラリスビジネスに改装され、プレミアム・プラス席も設置されます。

下は B777-300ER のポラリスビジネスですが、B787 ドリームライナーでも 1-2-1 アブレストになります。
B777のほうがデヴなので、ドリームライナーのポラリスシートは微妙に狭くなります。

B777-300ER ではシート幅 55.9cm だったのが、B787シリーズではおよそ52cmになります。
実際は座ってみたらたいして差は感じないと思いますが...。

B787-8 改装後のシートマップが、こちら。
座席数は… ビジネス 28席:プレミアムプラス 21席:エコノミープラス 36席:エコノミー 158

ポラリスビジネスとエコノミープラス席がぐっと減って、エコノミーが増えまくるという、いや~んな配置。

現在ユナイテッドでは、12機所有するB787-8のうち6機は換装済み。
残る50%の機材からシン・ポラリスシートへの換装を始める模様です。

次に手を付けるのが、B787-9 です。現在、32機所有のうち9機だけ換装済みだそうです。
座席数は… ビジネス 48席:エコノミープラス 88席:エコノミー 116

この換装した B787-9 には、コロナっちゃう前の2020年2月、シンガポールからの復路で体験しました
座席数は… ビジネス 48席:プレミアムプラス 21席:エコノミープラス 39席:エコノミー 149

ポラリスのシート幅は52.3cmで、数字のうえではB777と比べて3~4cmほどの差ですが、窓側3A席に座っていると、シートと窓の感覚が狭い。777では窓のすぐ下に吸気口がありますが、それがなくなっていきなり窓になっているし、787シリーズは窓がデカいから、かなりの違和感を感じました。あと、フットレストの奥の方が狭かった。

こっちの機材に関しては、ビジネスクラスの座席数は現状維持のままでプレミアムプラスが増えるから、アップグレード失敗!という時に次点のプレミアムエコノミーには座れそうという安心感はあります。
787ドリームライナーにもプレミアムプラスが3列、2-4-2アブレストで21席設置される計画です。

そして、興味深いことに、777シリーズでは47cmだったシート幅が、787シリーズでは48cmと、1cm 広くなる。
上写真がB777-300ERのプレミアムプラス最前列20Kですが、さすがに足元はここまで広くなるかどうかは疑問。
 
B767も含めて、長距離国際線用機材のうちシート換装済みの機材は全体の11%だそうです。
もれなくポラリスシートとプレミアム・プラスが設置される日が待ち遠しいです。

Friday, September 25, 2020

United Offers COVID-19 Tests

ユナイテッド航空は9月24日、搭乗前の乗客へ新型コロナの検査を始めました。


全搭乗客へのコロナちゃん検査は米国の航空会社としては初めてだそうです。ちなみに米国外では、ユナイテッドに負けないほど屋台の傾いたwアリタリアでも搭乗前のコロナ検査をやっています。
まずはサンフランシスコ発のハワイ線で…

 1.空港での搭乗当日、15分で結果の出る検査を始めます。
  15分で結果が出るというアボット社の SARS-CoV-2 検出キットを使用する模様です。
  鼻と喉に、あの長~い綿棒みたいなのを突っ込んで検体を採取する方式です。

 私見ですが… 鼻に突っ込んだ同じ棒を喉の奥に突っ込まれるの… 好か~ん。

 2.搭乗まで10日以上ある場合カラー(エヴァじゃない!)のテストを利用できます。
  事前に検査したい旨をカラーと主治医に相談し、出発72時間前に検体を採取します。


ハワイ州での到着は到着前にCOVID-19に陰性だという検査結果を提出できれば、14日間の隔離を回避できます。

まずは、サンフランシスコ発便で、ホノルル(HNL)、マウイ(OGG)、コナ(KOA) 着の便から始めますが、10月15日からはリフエ(LIH: カウアイ島)や、マウイ島、コナ島行きの増便へも対応していく予定です。

ユナイテッド航空の広報は、機内はHEPAフィルタで空気を清浄化していると自慢げですが… 99.97% 除去するという数値の一方で、鼻出しマスクの馬鹿PAXが妖精さんだった場合、呼気の九割は鼻から出てきて、それがエアロゾルで飛散するので、個人的にはユナイテッドの説明は甚だ疑問です。

いずれにせよ、だんだんと空の旅が日常へ戻ってくるのは有り難い事です。

Thursday, September 24, 2020

200% Bonus by Avianca

 One Mile at a Time のベンジャミン(a.k.a.ラッキー)くんの紹介で、明日9月25日まで、アビアンカのFFP、LifeMiles が200%ボーナス、というプロモをやっています。あと24時間ほどで終了しちゃいますが、いちおう速報しておきます。

それにしても… 最新鋭機材の写真を拾ってくるのが大変な航空会社...w

アビアンカはスターアライアンス加盟航空会社です。従って、LifeMiles で貯めたマイルは全日空、シンガポール航空、タイ国際航空、ルフトハンザ、トルコちゃん他で使えます… 使える約束になっています。←弱気

あと24時間ちょいですが、LifeMiles に加入して101,000~200,000マイル以上買えば200%のボーナスがもらえて、1マイルあたり1.1セントでげとできます。普段のマイル販売相場が3.3セントですから、かなりお得になっています。
アビアンカから直接購入するので「トラベル」の支出として判定されるようなクレジットカード(アメックス・プラチナ、J.P. Morgan Reserve、Chase Sapphire Reserve 等)をお持ちの方は、そのカードで購入すれば支払額の5倍とか3倍ポイントもついでに稼げちゃう♪

アビアンカ LifeMiles のスタアラ発券は、UAと比べたらかなり効率が良くてお得です。
(以下、片道)
 ☆ 米国から欧州へ、   ビジネスクラス  → 63,000 マイル(TK)
 ☆ 米国から欧州へ、   ファーストクラス → 87,000 マイル(LH)
 ☆ 米国から東南アジアへ、ビジネスクラス  → 78,000 マイル(SQ、TG)
 ☆ 米国から北アジアへ、 ファーストクラス → 90,000 マイル(NH)

ユナイテッドのセーバー発券を思い出すと、垂唾のような低いマイル数!

米国から日本までの往復をANAファーストで発券するなら180,000マイル→1.1セントで買えるなら163,636ドル+空港税等でファーストクラス往復が購入できる計算になります。(燃油サーチャージ(ガソリン代w) を取るかは不明)

今の円相場だと、17万ちょっとでANAファーストの往復きっぷを、げと可能。
でもこのコロナ禍の真っ最中、いつ飛ぶの? いつ飛べるの??

いいことづくめっぽくて、僕も一時期、1K® 達成後は LifeMile へ集約?とかも考えました。でも現在、可能性として残っている落とし穴は…

 1.アビアンカは倒産、再建中。
 2.スタアラ加盟各社も屋台骨がかしぎまくりで、将来の特典枠が見通せない。

こんなリスクがあっても LifeMiles 始めちゃおう! という方は、あくまで自己責任でよろしく。