Wednesday, November 13, 2019

Visiting Japan now

この記事が掲載されている頃は、習志野へ帰省していると思います。
JAPANのイメージを探したら、米国務省に落ちていたイメージが、これだった...。
マウント・フジ、チェリーブロッサムに、パゴダ... なんだかなぁ。

ネットにはもっと凄いイメージも落ちていました。
富士山がまるでラスボス!(笑)

ということで、11月21日まではコメ変できません。あしからず。

16日(土)の晩餐はT学園の同窓会に参加させていただく予定です。ご出席の皆様よろしくお願いいたします。
その他にもお会いする予定の皆様方、再会を楽しみにしております。

Tuesday, November 12, 2019

Et tu, Lufthansa?

(歴史や語学が苦手の毒者へ: 記事タイは Et tu, Brute?(ブルータスおまえもか?)をもじってみた)

ルフトハンザの Miles & More も大改悪です。

特典の稼ぎ方が「マイル」から「ポイント」に変更されるそうです。
参照:Details: Lufthansa Miles & More Changes
   Lufthansa’s Miles and More Program Makes Big Changes
つまり「又聞き」だから、真偽の程は毒者ご自身で確認してください。

Forbes 等によれば、Miles & More プログラムでは、まるでデルタやユナイテッドを追随するかのように特典発券のチャートを廃止して、ダイナミックに変動する方式に切り替えると発表していました。
さらに2021年度からは飛行した距離に予約クラスでかけ算をするマイル加算方式による特典ではなく、ポイント加算方式に変更されます。
なんだか思い切りざっくりしたポイント付与なので、これがホントかどうかおじいさん心配。
 
エコノミー
プレミアムエコノミー
ビジネス
ファースト
短距離便
5
5
10
10
長距離便
15
20
50
70
上記のようなポイント付与が予定されているようです。
※ 詳細な Terms & Conditions が公開されていないので、上記は変更される可能性があります。

また、上級ステータスの獲得方法もエリートポイント方式に変更される模様です。必要ポイント数の半分はルフトハンザグループ(ルフトハンザ、SWISS、オーストリア航空 等)で獲得する必要があります。
  • Frequent Traveler  160 エリートポイント必要
  • Senator        480 エリートポイント必要
  • HON Circle    1,500 エリートポイント必要
ひとつポジティブに働くのは、今まで HON Circle ステータスはLHのエコノミークラスでは獲得できなかったのが、この変更でエコノミークラスで獲得したエリートポイントも加算対象になります。
とはいえ、1,500 ポイントは長距離エコノミーで100回=50往復飛ばないともらえません。
(ここ書いてて、ホントに無理か少し考えた。スイスの先生が御存命なら、やったかも)

以上で獲得した上級ステータスは1年間だけ有効です。今まで Miles & More のステータスは2年間有効でしたが、今度から1年間だけになるのは大きな改悪といえるでしょう。
(HON Circleが2年有効じゃなくなると知り、たとえスイスの宿泊費が浮いても不利。すぐ断念)

さらに、ルフトハンザは生涯マイルのステータスもポイント制に移行します。
  • 生涯 Frequent Traveler 7,500 ポイント達成時
  • 生涯 Senetor     10,000 ポイント達成時
私見ですが... 10,000ポイント飛んで、ようやっとルフトのセネターラウンジが使えるようになるの?
こりゃ、他のFFPでミリオンマイラー達成してスタアラ金星をもらうほうがずっと楽だと思います。

ついに Miles & More も美味しくないプログラムに陥りました。

TPG(The Points Guy)に、スタアラの良さそうなFFPがみっつ推奨されています。
ユナイテッドの改悪ってサイテー? したら、このへんどうよ?」(原題:New United Airlines program not right for you? Here are three other Star Alliance partners that may make sense)
Miles & Smiles(Turkish Airlines)

Egyptair Plus(Egyptair)※このサイトは https でセキュアされていないので注意

Asiana Club(Asiana)

エジプト航空は乗ることがないだろうし、アシアナは尻もちつくからドン引きだし。
実を申しますと、僕は MileagePlus® で 3MM = 生涯1K® 達成後、Miles & Smiles の Elite Plus にステータスマッチを申し込もうかと画策しています。ただ... FFPの名称、Miles & Smiles に少し引いてる。(笑)

Monday, November 11, 2019

Next Generation or Not Good?

ボーイング737MAXがなかなか運行再開できないでいる中、今度は 737NG の部品にヒビ割れが...。
懐かしい? 懐かしくない?w
いつかどこかで沢山見たような、コンチネンタル航空のボーイング737-800。

NGって Next Generartion=第参世代、-600、-700、-800、-900 の「シン・737」の総称。
従いまして、あのダークサイドに行ってしまった Star Wars 塗装も 737NG シリーズです。

亀裂が入った部品があちこちの航空会社で見つかっているのは、羽根を胴体に繋げる部分で「ピックル・フォーク」=漬物用黒文字、という愛称で呼ばれているパーツだそうです。

こんな形の部品。737の胴体部分模式図が右側だから、窓の間に埋め込まれている結構おおきな部品だよね。
9万回の発着に耐える設計のはずが、2万5千回を超えたあたりの機材で既に亀裂が発生しているそうです。

サウスウエストやカンタスで亀裂が発見されましたが、今度はライアンエアでも。
737NG型旅客機、ライアンエアでも亀裂発見←CNN日本語の記事にリンク

こうなってくると、もう Next Generation じゃなくて Not Good のNG。ネーミングで失敗したか...。
LCCって機材を酷使している印象があるから、ますますやばく感じます。

今度から国内線の予約を入れる時にはB737を避けるようになりそう。
でもサンフランシスコ←→ヒューストン線なんて、ほぼB737しか飛んでない。(泣)

【記事公開後追記】
 ちょうどこの記事を公開した11月11日付けで、ボーイングからプレスリリースが出ました。

 > MAX returns to commercial service, and which we now expect to begin in January.
 FAAの証明がもらえそうなので、737MAXの飛行&販売再開を来年1月と見込んでいるそうです。

 > MAX will be one of the safest airplanes ever to fly.
 いまさら「今まででいちばん安全な飛行機」とか言われてもねぇ...。

 このプレスリリースで、ボーイングの株価 (NYSE:BA) は5%も上がりました。
 ・・・次回、カラ売りできるのはいつでしょうね?www