Saturday, November 14, 2020

The Rain in Spain Stays Mainly in the Plain

記事タイトルには特に意味はありません。

スペインでは、また美術品の修復で… やっちまいました。
スペイン、バレンシアの銀行にある女性像が… まるでドナルド・トランプに!?

以前、スペインの修復画でイッキに有名になったのが、スペイン北東部のボルハにある、これでした。
Ecce Homo(この ホモ ヒトを見よ)

CNN.jpより
「Ecce Homo(この人を見よ)」という題の19世紀の壁画が湿気で傷んでいたため、地元の高齢女性セシリア・ヒメネスさんが修復に着手したものの、その結果は「サルのキリスト」と揶揄された。

80歳すぎのおばあさんに修復させたら、イエス様が猿に退化したというシュールな作品。
でも、この修復のおかげで寒村は観光客で溢れかえったそうですから、ある意味 成功?

スペインではモデルニスモ以後にもダダイズムとかキュービズムとかが生まれ、パブロ・ピカソやサルバドーレ・ダリなどの著名な美術家を排出した土壌が形成されているようで、修復がハンパないです。

またCNNより
2018年には北部ナバラ州の町エステリャにある教会が、16世紀に作られた木彫りの聖ジョージ像の清掃を美術教師に任せたところ、おもちゃのフィギュアのような容貌に変えられてしまった。

素晴らしい出来映えです。やはりポイントは、目が逝っちゃっているあたりでしょう。
聖ジョージの彫刻の修復前(左)と修復後

80代のおばあさんはイエス様を猿化させましたが、美術の先生でもこの腕前。
先生… 普段はガンプラを組み立ててばかりいたのでしょう

さらにCNNから
スペインのコレクターが所蔵していたバロック時代の画家バルトロメ・エステバン・ムリーリョの作品の複製画が、修復で台無しになってしまった。地元紙エウロパ・プレスによると、ヴァレンシア地方に住むこのコレクターは、家具修復業者にこの絵の修復を1200ユーロ(約14万5000円)で依頼した。しかし、2度にわたる修復作業の結果、聖母マリアを描いた「無原罪の御宿り」は、オリジナルには似ても似つかないものになってしまった。

家具の修理屋に画の修復なんかまかせたから... 
ムリーリョの「無原罪の御宿り」の複製画

手を入れる度にどんどん怖くなる。二度修復したらメラニア夫人になってしまった

スペインは、こういう修復結果にこと欠きません。
モザイク画を修復したらこれだ。 泳ぐヒトも、波もカモメも、元のバランスを全く保っていない。

カモメさんは肥っちゃって、まるで白いキョエちゃんに。
泳ぐ人は元々ツーブロックっぽかったけど…モヒカン刈り豊満な乳房に…。

こっちもガンプラ造りすぎの職人に依頼したとしか思えない出来です。
百均で買ってきた、中華プラスチック製のフィギュアみたい。

生まれたてのイエス様に「ほうれい線」があるし… 神の御子は今宵しも怒っていらっしゃるよ。

そもそも基督教では禁断の空色を使っている。空色はユダヤ教の色だから、基督教では使いません。それにイエス様が黄緑色の服を着てるっていったい… これを修復した人は、悪意があったとしか思えません

こちらのファサード彫刻の修復結果も残念すぎます。というか、残念を超えています。
これも、顔がトランプ化している。さらに、小型の女性像の股の間が… ワレメちゃんがクッキリ

バルセロナでサグラダ・ファミリア教会を見た時に、東の『生誕の門』の荘厳で精緻な造りを拝観し、その後で西の『受難の門』を観たら…あまりにも作風が違うというか、もしかして手を抜きました?な雰囲気に驚きました。

面白すぎて、こういうのばっかり見物する旅行にも出かけてみたいです。
でもその前にコロナちゃんが収束してくれなくちゃ、何もできません。

Friday, November 13, 2020

MileagePlus® Premier 2022

2022年度の MileagePlus® 上級プレミア会員の要件が発表されました
ボーイング 787-10 って、なんだか妙に細長くて757みたいだよね。

まず先に、おさらいです。
COVID-19 の影響でハードルが下げられた2021年度のプレミア会員資格要件が、これです。
2021 Premier statusPQF + PQPOr PQP only
Premier Silver6 PQF and 2,000 PQP2,500 PQP
Premier Gold12 PQF and 4,000 PQP5,000 PQP
Premier Platinum18 PQF and 6,000 PQP7,500 PQP
Premier 1K®26 PQF and 9,000 PQP12,000 PQP
以上のように、ハードルは当初の設定からほぼ半分に下げられました。

  §

そして、2022年度の上級プレミア会員達成要件は以下になりました。
2022 Premier statusPQF + PQPOr PQP only
Premier Silver8 PQF and 3,000 PQP3,500 PQP
Premier Gold16 PQF and 6,000 PQP7,000 PQP
Premier Platinum24 PQF and 9,000 PQP10,000 PQP
Premier 1K®36 PQF and 13,500 PQP15,000 PQP
2021年度よりも高めだけど、当初の設定よりはまだ抑えられています

例えば、本来なら1K® は 24,000 PQP 必要なところが 15,000 PQP になっています。いくらワクチンが完成して接種が普及しても、お客さんは突然戻ってこないだろうと予測して、泣く泣くの設定だと思われます。

  §

また、上級ステータス達成を早めるプロモーションも発表されています。

これは、2021年1月1日~3月31日の間にユナイテッド航空の運行する便に最大3回まで搭乗すると、平会員なら1.5倍プレミア会員には2倍PQPをあげちゃう!というプロモーションです。

※ 念のため:もらえるのは特典マイルではなく、エリート資格ポイントの PQP です

肥った持病持ちお爺さんの私見ですが… まだコロナ感染真っ盛りのうちに飛ぶの、かなりイヤかも。

  §

ユナイテッド航空は、さらに大奮発
We’re giving you more PQP to help maintain your status

2021年2月1日までに、プレミア会員レベルによって上記の PQP を振り込んでくれます。2022年度の上級会員資格を目指すのに、あらかじめ PQP をもらえるのは有り難い限りです。

  §

さらにさらに、2021年1月末で失効する PlusPoints は有効期限を6ヶ月延長します。

また2021年のうちに2022年度1Kを達成(15,000 PQP獲得)すると、以後 2,000 PQP 毎に 20 PlusPoints もらえます

  §

さらにさらにさらに、United Explorer Card と United Club Card 会員はプレミア・プラチナ止まりでは無く、プレミア1Kになるまでカードで PQP が稼げます!

こちらは米国在住でCHASEの当該カード保持者に限られます。
詳細は以下のリンク(英文)でご確認ください。

  §

ヒトがどんどん氏んでいくのにトランプ政権がなーんもしないから、新型コロナが絶賛拡大感染中のアメリカ合衆国。ユナイテッド航空もこのくらい大盤振る舞いしないともう潰れるしかない…と思ったんでしょう。清水の舞台から何度飛び降りてもいいようなプロモーションが満載されています。

もうマイレージプラスを見限った毒者さん達、来年まではがんばってもいいかもよ。
でも、以前と同じクオリティの空の旅はまだ戻って来ていません。どうぞ御安全に

そして... ユナイテッド航空、氏なないでね。

Wednesday, November 11, 2020

Back to JFK !

昨日、ユナイテッド航空はニューヨーク国際空港 JFK への再就航を発表しました!

以前、すべてハブ空港のニューアークに集約して JFK から撤退していましたが...

2月1日からニューヨーク・ジョン・F・ケネディ国際空港へ就航します。

ニューヨーク ⇄ サンフランシスコ 毎日2便

 UA521 08:00 JFK → SFO 11:37
 UA523 17:10 JFK → SFO 20:47

 UA520 09:10 SFO → JFK 17:40
 UA522 13:30 SFO → JFK 22:00

ニューヨーク ⇄ ロスアンゼルス 毎日2便

 UA515 09:00 JFK → LAX 12:29
 UA517 19:00 JFK → LAX 22:29

 UA514 07:30 LAX → JFK 15:50
 UA516 14:30 LAX → JFK 22:50

JFK での発着ターミナルは第7ターミナルを予定しています。
また、使用する機材はポラリス化したB767-300ERを使用する予定です。
ポラリスビジネス 46席
プレミアムプラス 22席
エコノミープラス 47席
エコノミー    52席
こんなコンフィグレーションの機材です。エコノミープラス席の配置が変則的なのに注目。

乗り継ぎではなくニューヨーク市内へ向かうのであれば JFK は便利ですし、ルフトハンザ航空やトルコ航空などのスターアライアンス提携航空会社が JFK へも就航していて、経路の選択肢が増えます。ただポラリス機材を導入する大陸間横断便プレミアムサービスだけあって、お値段は高めに設定されている模様です。それと日本線からだと、SFO でも LAX でも乗継ぎタイミングが少し不便かも?

JFKにはポラリスラウンジがありませんが、代替ラウンジは提供されるでしょう。個人的にはあまり影響はありませんが、ニューヨーク市内へのお出かけが多い毒者さんには朗報だと思います。