Friday, February 15, 2019

Singapore 2019Jan(1)

1月下旬にシンガポールへ行ってきた時の、ちょっとした事を4回・確実掲載で綴ります。

毎度おなじみポラリスラウンジの食堂。深夜発のUA1便なのでディナーメニューからポラリスバーガーを。
オニオンだけ抜きにしてもらったけど、なんか以前と違う。パンはブリオーシュだし、入ってるものも普通みたい。パティが品質落ちてるのかもしれませんが、揚げすぎポテチと一緒にとりあえず美味しくいただきました。

デザートはティラミスで。
イチゴもレディフィンガークッキーもどんどん使用量を減らしている...。
最初にオープンした時の感動があるだけに、寂しいよね。

さらに、トイレのお手拭きが劣化していました。1月上旬は以前の不織布だった。
ここに積んであるんですが... 藁半紙みたいな粗悪な紙に。

ロゴマークを刷れば許されると思っているのか?
このスマホ写真でも判るほどボソボソな品質の紙で、ガッカリだよ。

さてUA1便では、ベジタリアンのオプションをもらってみたよ。
茄子の印度カレー、バスマティライス。となっていました。見かけはややアレだけど、結構おいしかったよ。

アイスクリームサンデーは「エチゼンクラゲ」まであと一歩の作品です。(笑)
ホイップだけ載せたところにアマレットをかけて。シンプルだけど美味しいよ。
割と重い質感のプラスチックのカップがもう既に傷んで曇ってきているのは残念でした。

到着前は、お約束の中華粥です。
別に変わったところはないけど、油條を加えて安心していただけます。後からパンを配布に来たけど、既にお粥をたいらげていて油條の足しにはならないからシナモンロールを所望しました。

ほぼ定時にチャンギ空港のT2へ到着。そこから入国せずにT3へ移動。
これがSkyTrainの駅ですが、チャンギってT4以外は便利だよね。

わざわざターミナルを移動したのは、入国審査場の自動ゲートに登録したのを完了するためでした。審査官は中華系のおばちゃん。人なつこい優しい方で、指紋採取と顔認識を終えてから少し雑談してました。以後シンガポールへの入国は自動ゲートが使えるので行列回避&パスポートにスタンプが増えない。特にパスポートの未使用ビザページをキープするのが大切です。もっとも、この自動ゲート登録で1ページまるまる「eIACSゲート登録済み」スタンプが... それでも2~3回入出国したら1ページ使っちゃうから、セーブできてます。

これで入出国時に自動ゲートが使えない旅先はイスタンブールだけ。でも新しい空港が開港すれば... と期待します。

自動ゲート登録を終えてから、SATSプレミアラウンジでシャワーを浴びて、スナックも。
SATSラウンジのシャワーブース、T2よりT3のほうが断然新しくて清潔でした。
(実はT2にも Reserved Section になっているけど綺麗なシャワーブースがあるのを発見)
パイナップルジュースと、ラクサで。

この後入国して、今回だけT3のほうで待ち合わせしたリモのショーファーさんに無事合流。

Monday, February 11, 2019

İstanbul 2019 Jan (4)

ここは以前にも運転手のアドさんに連れてきていただき、御馳走してもらった「スープ屋」です。記事にするのを忘れていたというか、写真を撮っていなかったから、今回は写真が足りなくても載せてみます。
フェティ Fetih はこのあたりの地名、イシュケンベ İşkembe とはトリッパのことらしいです。
要するにトリッパのスープ。お店のロゴマークが日本人にも判り易い。(笑)

初めて店内へ通された時は、完全にジモティ向けの店で観光客ゼロ。ビビりました。
(いったい何を食わされるのかしら、私なんだか怖いわ...)と、完全に栗田さん状態。
店内に漂う香りは「もつ煮込み」系の、臓器食べます方面の匂い、しかも羊と思われ。

「美味しいから安心しろ。リラックスして食べろ。口にあわなけりゃ俺が食べる」
・・・ってアドは言うけど、やっぱり残したら失礼だと思うと、もつ方面が苦手な僕は緊張しました。

そしてイシュケンベ・チョルバスがキマした! メェメェの胃のスープです。
好みで「酢と脂身とニンニクのたれ」や、「粉砕した唐辛子」の各種を加えます。上写真はちょびっとづつ添加。

少しねっとりしたような食感で、本来の脂が落としてあるから思ったよりあっさりしててクセもなく、予想以上に美味しい。唐辛子は3段階くらいの細かさがあったけど、予想通り、粗いほうがあんまり辛くなかった。少量添加で正解。

これがその「酢と脂身とニンニクのたれ」ですが、他に何が入ってるのかは怖くて聞いていません。
つか、スパイスの名前とかになるとアドの語彙から外れるうえ、誰も英語ができる人が周囲にいない。

多分ニッポン人を初めて間近で見るお客だらけで、周囲からの視線が痛くて居心地が...(汗)

みんながアドにいろいろ話しかけていますが、きっと「こいつホントに日本から来たのか? なぜタレ目で口髭があるんだ?目が切れ長で出っ歯でカメラぶら下げていないぞ?本物の日本人か?とか聞いていたんだと思う。(笑)

・・・もうプロの日本人じゃないけどな。www

で、大衆食堂には食べ放題のパン、エキメキがぞんざいに、あちこちに置かれています。
この点では観光客向けのレストランでも同じ。パンに対するフードロスには甘いトルコ人。(笑)

パンはおいしい。どこで食べてもおいしい。いざとなったらこれだけで生きていける。
クルトン代わりに、トリッパのスープの浮き実にしてたべてみたら、いけてました。

続いて、主菜を待っていますが... 今回も写し忘れた! 替わりに店内にいるアドさんで。
マトンをじっくり焼いて臭みのある脂を抜いた、でも不思議とパサパサになっていない肉が主菜。
でもそれと一緒に出てくる、羊の大脳のほうに毎回ビビっていました。

焼かれた羊肉は「美味しんぼ」で出てくる、海原雄山が事故で入院した時に山岡さんが美食倶楽部へ行き、老いぼれた羊をじっくり焼いて脂を落とし臭いを抜く。というストーリーそのまんまみたいなマトンでした。幼少期にマザー牧場でさんざん体験した、あのジンギスカン鍋みたいな臭みは全然無い。「脳」のほうは確かに白子みたいな、豆腐みたいな淡白な風味だけど、繊細なスパイス使いでさえ強く感じるほどに弱い味で「ビビって損した...」と拍子抜けしました。

今回はデザートも食べようって言うから... こんなのを。名前知らない...(聞いたと思うが忘れた)
黄色から判るようにサフランの風味、中にふやけた米?麦?みたいな粒が入った糊状の物体。干し葡萄載せ。

これ、あんまり甘くない。優しい癒され系の甘さでした。やたらバクラヴァやカダイフを食べていて「トルコのスイーツ=激甘」の図式に馴染んでいたので、また拍子抜け。でも美味しくいただけました。アドがおごってくれるんだからお安いランチなんだろうけど、トルコ語ができない客が入れる場所ではないので、この体験自体が嬉しかったです。

Meşhur Fetih İşkembe Salonu
Ayvansaray Mahallesi, Leblebiciler Sk. No:6, 34087 Fatih/İstanbul
Tel. +90 212 531 37 40
meshurfetihiskembe.business.site


はい、トルコ旅行記はこれでおしまい
フランクフルト発のポラリスでは、まだ箱入りチョコレートを配っていたよ。
逆になんでSFO発便だけ、あんなショボいクッキーしかくれないのか不思議。

この後は、また変臭する時間があったらシンガポール旅行の内容をちょびっとだけ掲載予定です。

Saturday, February 9, 2019

İstanbul 2019 Jan (3)

今日の記事は短いけど、あの「行きつけの店」で驚きの展開があったのだった。

毎度毎度、宿に買ってきては午後ティーのおやつにするし、店内でもアイス添えで食べたりしているバクラヴァ。
このカラキョイ・ギュルオルーのバクラヴァの箱にも描かれている、KFCみたいな口髭オヤジが気になっていました。

そしてついに店内で実物を発見! 顔見知りになってて英語が通じる店員に「社長とツーショット撮って!」と哀願。
ナディールさんとの念願のツーショットを撮ってもらいました♪
手がゴワっててごつくて「バクラヴァ職人」の手だと思いました。

この写真... なんか改めて見ると、髪の毛以外は兄弟みたいかも。
垂れ目、太目、二重顎、胴長・・・ 共通点、大杉! (爆)

社長... 英語がイマイチで会話ができなかったけれど、シャッター押してくれた店員さんが「こいつ日本人で、しょっちゅう買いに来る」って説明してくれたので、ナディールさんも Oh! Japon!? とか喜んでくれました。店員さんに「この店でバクラヴァ食べるためにホテルも選びました。カラキョイでいい宿が見つかりました。ありがとうございます!」って僕の感謝の台詞を訳してもらって、ナディールさんも笑っていました。感激です。

店員に「後で写真をFBやインスタに挙げたらリンク張って」って頼まれたけど... アカウント無い。ブログで勘弁。

Karaköy Güllüoğlu
Kemankeş Karamustafa Paşa Mahallesi, Rıhtım Cad. Katlı Otopark Altı No: 3-4, 34425 Beyoğlu/İstanbul
Tel. +90 212 249 96 80
karakoygulluoglu.com

さて、買ってきたバクラヴァに戻って... こっちが前回写真をお見せしていなかった『カダイフ』です。
ギリシアにもあるらしいけど... 細い麺のような生地に砕いたピスタチオを包んで焼いて、糖蜜を吸わせたもの。

パイ生地みたいなバクラヴァとは材料がほぼ一緒なのに、食感が凄く違うから味も違う。
(いや... 違うって言ってもお汁粉とぜんざいくらいの差かも?(笑))

こうして毎月5泊の滞在は、少しだけ新しい事がありつつも安定した内容で、ゆったりリラックスできるんです。