Monday, June 14, 2021

Filoli

 土曜日の朝、Campbell(F) さんに招待されて、Filoli Historic House & Garden という場所を訪ねてきました。
最初のカットに持ってきましたが、これが園内にある「歴史的な家」です。
庭園を巡った後で行ってみたら行列していたので、今回は内部散策はパスしました。

場所は、サンフランシスコ半島の「貯水池」の近くにあります。
上のグーグルマップで、北のポイントが我が家で、画面下にあるポイントが Filoli になります。

なお、米語だと Filoli は「ファイローリ」と読むようです。

Campbell(F) さんのメルセデスに乗せていただき、十数分で入口に到達。
ここからさらに半マイルくらい入ったところに駐車場が。

そしてクルマを降りて少し歩くと、入場ゲートに達します。
ここで予約のチェックを受けて入場。Campbell(F) さんは年間パスを購入なさっている正規メンバーです。

・・・何が楽しいのか、僕にはいまひとつ判らないけど。

入ってすぐの場所にある、御休憩所。帰りに立ち寄る人がほとんどです。
御不浄の他に、軽食を出すレストランがあります。

サンドイッチにサラダにスープだけ… 提供される食品まで健康志向で、ハンバーガーさえありません。帰りにレストランの入口でメニューを確認して、あまりにもヘルシーなので心からガッカリしました。

入場後、庭園巡りへと向かいました。
入ってすぐの場所にある、すごく立派な 泰山木(タイサンボク)の大樹。
間違って Campbell(F) さんに「トベラです。」と解説してしまいました。ごめんなさい!

「でもこの樹って『この木なんの木』みたいよね」
「・・・あれはモンキーポッド(アメリカねむの木)です!」
「でもほら、立派なこんもりした形が、似てない?」
「…。 モンキーポッドは豆の仲間で、これは木蓮の仲間」
「やっぱりご専門だったから詳しいわね」←嫌味?w

でもしっかりトベラと間違えました~。ごめんなさい。(苦笑)

園芸花卉に詳しいのは、百姓学科の先輩あつさんのほうです。
今では二人とも百姓とはかけ離れた商売やってますけど…。

さて、北米原産のタイサンボクを通り過ぎると… さらに注意書きが。
マスクしてないと入園禁止です。

この日の時点でサンマテオ郡のワクチン摂取率は 86% 超えで、既に集団免疫を獲得しています。毎日の新規感染者もこのところ一桁なので、このあたりは COVID-19 を克服していますが、それでも厳しい制限のままです。

これはやはり、Filoli でクラスター発生! という不名誉な話題をゼッタイに出さないためでしょう。

庭の入口に見取り図もありました。
いちおう撮影したけど、テカッちゃってよく見えなかった。ごめん。でも広い庭だよ。

途中、野良の七面鳥一家がいました!
もうちょっと寄って撮影する前に、無神経で馬鹿なガキンチョが近づいていって七面鳥の一家は退散。(怒)

そして、庭園に踏み入ると… ここ、庭園の形式がごっちゃ混ぜです。
基本は英国風を目指したようで、それっぽく剪定してあります。

ただし、メンテがイマイチであちこちから枝が飛び出していて、見ててイラった。

さらに、変な壺があちこちに設置されています。
またどっかの無神経で馬鹿なガキンチョが首を出したので、すかさず撮って晒してやるよ。www

ほら、こうやって円筒形に整えてあります。
でも先っぽがバート・シンプソンズのヘアスタイルみたいにギザギザなまんまです…。

全般的にはよく調えられていて、美しくみえるポイントも散見されます。
こういうカットはそれなりに美しく撮影できます。

ただし歩行器ガチャガチャやってる婆や、赤子を搭載したカートを押す繁殖中のつがいも通ります。

そして本日のお目当ては、バラ園です。
6月はバラの月。いろいろな品種のバラが咲き誇っていました。

でもなぜかサーモンピンクや黄色、白のバラが多くて、深紅のバラは少ない…。
後で毒々しい赤いバラが日陰で咲いていたのを見つけたけど、写真に撮ったうちで赤かったのが、こんな感じ。

あと… このバラ園を見ていても、剪定をちゃんとやってないから見ていてイラった。

「ぁぁっ! 徒長枝がこんなに伸びてる… 切りたい!!

ほとんど百姓に戻っている僕を、Campbell(F) さんは冷笑していました。

そしてバラ庭園の端に、ベンチをしつらえた白薔薇のアーチが用意されていました。
見学者のみなさんが次々にここに腰掛けては記念撮影をしていきます。

とても優しい Campbell(F) さんは「シャッター押しましょうか?」って声をかけていました。

バラの香りを楽しみながら過ぎゆくと… その先にはラベンダーが。
蕾がはちきれそうになっていて、数日後には開花し始める状態でした。
香水用のラベンダーを収穫するのは、この蕾がふくれきった時期です。

蕾をつまんで指ですり潰したら、とてもいい香りが拡がりました。
…その後十数分間は、強い芳香のため鼻が馬鹿になっていました。

このへんで入口へ引き返しますが、こんな看板もありました。
ステンドグラスガーデン??

鉛のジョイントと一年草に薔薇が…って、全く意味不明。
この看板の周りに植えてあったのは、トンガラシでした。(笑)

Campbell(F) さんから「ボンサイもあるんですよ~」って伺い、盆栽風のパチもんだろうと思ったら…
ちゃんと本物の盆栽でした。

このモミジは比較的綺麗。ちょうど新緑の時期なので色も冴えています。
それでも徒長枝が目について、心の中で剪定したい!!と思っていました。

壁づたいに並べてあるから、可愛そうだったのがサツキの盆栽です。
ちょうど開花期ですが… サツキって日当たりのいい場所が好きだから、ここはちょっと…。

…とか、盆栽の管理について僕がブツブツ言っているので、Campbell(F) さんはたまらなかったかも。

その後、睡蓮とパンジーの鉢が並ぶ先にある風見鶏の建物がギフトショップで、冷やかしに入場。
ヒストリックハウスは COVID-19 の感染予防対策で入場制限を受けていて十数名が入場待ちです。その列を見て僕が一発で「今日はいいです~」と逃げて、昼食のためにサンマテオ市街へ戻りました。

Campbell(F) さん、ありがとうございました。
次回はまた花が入れ替わる時期にお邪魔したいと存じます。

Filoli Historic House & Garden
86 Cañada Rd, Woodside, CA 94062
+1 (650) 364-8300

  §

ダウンタウンまで戻って来て、向かったのは Noodles & Things。海南雛飯を注文しました。
出てきたのを見て、一瞬絶句。どう見ても、ライスがただの白飯です。

「Campbell(F) さん… こ、これは…」
「そうね。ちゃんと言わなきゃ。言わなきゃダメよ」←おまえが言えよ。と遠回しに言われたと判断

配達してくれたメガネ女子の姉さんを、僕が呼び止めました。

「ねぇ… これ、ライスがチキンライスじゃないよね?」
「オ~! ソーリーソーリー!! いまチキンライス持ってくるある!」
「交換してくださる?」
「白い御飯そのまま食べるよろし。チキンライス別に持ってくるある!」

メガネ女子、キッチンへダッシュして行きました…

「まるごともう一皿持ってくるつもりかしら?w」
「いや、さすがにそりゃないっしょ。ライスだけじゃね?」
「そりゃそうよね。www」

そして予想通りに、チキンライスだけ持ってきてくれましたが…
パッカン容器に目一杯、ほとけさまのごはんみたいに盛りつけてきてくれたので、5割増し?

さすがに Campbell(F) さんも僕も、白い御飯は食べきれずに残してしまいました。

「こういう時にオーマイさんがいてくれたらいいのにね♪」

という、Campbell(F) さんの期待を裏切らないようなシンガポール旅行に出かけたいと思います。(笑)

久しぶりに充実して、いつもと違う土曜日でした。
Campbell(F) さん、また遊んでください!

  §

その晩、シャワーを浴びたら腕やオデコが少しヒリヒリしました。
SPF70 のサンスクリーンを塗っていても日焼けしたみたい。(泣)
でも、アテネで日焼けする予行演習になったかもしれません。

Friday, June 4, 2021

IHG 100% Bonus Sale

 IHG(インターコンチネンタル・ホテル・グループ)では、IHG Rewards ポイントの100%ボーナスセール中です。
セールス期限は6月10日まで。今年は最大25万ポイントまで購入可能です。

IHGは、マリオットほどではないにせよ大規模で、そこそこ使い勝手のいいホテルグループです。
IHGリワードはシックス・センシズやキンプトンでも利用できるので、いずれ有効活用したいです。

日本のインタコで、いずれ利用しようと思っているのが、横浜グランド。
母が横濱中華街でお食事したいと言っているので、次回帰省したときに出かけたらそのまま一泊予定。

最近はインタコのアンバサダーにも加入しているので、アテネ、シンガポール、横浜と使い倒す計画です。

Thursday, June 3, 2021

Friendly SuperSonic Skies

 本日6月3日の発表によれば、ユナイテッド航空は超音速旅客機を購入する計画です。
こんなの。 どこにそんなカネがあるのか、まるっきり判らん…。

ニュースリリースが、こちら。(英文)
ユナイテッド航空はブーム・テクノロジー社の超音速機材購入に合意

ブームというスタートアップ企業から15機、オプションで35機追加という購入合意書です。
ユナイテッド航空 CEO のカービィたん… この書類にサインする時に手が震えたと思う。(笑)

きわめて個人的な見解ですが… こんなの発表する前に機内サービスを早く元に戻して欲しい。特にブタ小屋そのものみたいな新型コロナバージョンの機内食配布から、ショボくてもせめて以前の状態まで復活させて欲しいです。

もひとつ個人的な事なんですが… スーパーソニックという単語が僕の神経を逆撫でしてくれます。(遠い目)

CdGで滑走路のゴミを吸い込んでホテルに堕ちた飛行機を彷彿とさせるその容姿…。
でも、こいつはコンコルドより小ぶりに出来ているようで、50人くらい乗せてマッハ1.7で飛ぶそうです。

それでもニューヨーク ⇄ ロンドン間を3時間半で飛びます。
東京から岡山へ行く時間で、大西洋を横断してしまいます。

ブームって確か日航が出資してるよね…。UAが飛ばすと日航が儲かる… なぜかプチムカ。w
ブーム社のロゴはともかく、ちゃんとスタアラのロゴも入ってる… 2029年になっても居残るつもり?www

2029年に乗客を搭載して営業飛行を始めるつもりですが… どうなることやら。

この超音速機材のお披露目予定が2025年、2026年からFAAの証明をもらう試験飛行を繰り返して、2029年は楽観的かも。でも米国産なので、三菱のジェット機みたいにいぢられまくって遅れる事は無いでしょうが、それでも僕の余命が尽きる前に飛ぶかどうかは極めて懐疑的です。

MileagePlus® の特典で飛べるでしょうか? 今から100万マイルくらい貯めて待ってましょ。
(ぢつわ今、100万マイルくらい貯まってます。でも母の呼び寄せ等でまもなく綺麗サッパリ消え失せる予定)