Tuesday, December 31, 2019

Istanbul Dec.2019 (9)

大ぶりなクルマエビ(相当)を4匹もたいらげた夕方... ディナーの摂取は諦めました。カラキョイの再開発中なレストランだらけの通りで軽い食事を探しました。ファストフードってケバブ屋ばっかり! スープ専門店じゃ軽すぎるし、コーヒー屋は甘ったるいパウンドケーキとかしか売ってないし、バクラヴァの夕飯は勘弁...。
結局ハンバーガー屋に入ったアメリカ人。(笑)
後でネットでさっくり調べたら、イスタンブール市内に5軒展開しています。

新市街の目抜き通りならマックもKFCもあるけど、地元のバーガーショップを試したから許して。
ここは以前に一度トルコ風呂のマネージャ君と来ていて、マッシュルームバーガーのワンショットだけ記事に入れました。でも今回は夕方の早い時間に、おひとりさまで入場。

店内は空いています。アラブ系のお客さんも多いため、お店のスタッフには英語がよく通じます。
いちばんの発見は... 隣にバクラヴァ屋の分店が出来ていた!後で店内を覗いてみたら、ガラガラ... 本店は行列しないで飴にたかるアリのような場所で注文かけなくちゃいけませんが、ここならそんな心配は無用です。

でも、本店の偉そうなおじさん(60代・デヴ・白い口髭)が既に僕のことを覚えてくれていて、たかるアリの群れに混ざると目の前のアリをすっ飛ばして僕の注文を受けてくれるから、やっぱ本店へ通います。

さてハンバーガー。今回はいちばん無難というか、王道で。
チーズバーガー(スモールパテ・160g)に、フレンチフライとコーラのセットです。

なんてことはない、やや小柄なハンバーガーでしたが、この時のおなかの具合にちょうどいい大きさ。
白胡麻の付いたバンズはキメの細かなテクスチャ。パンの香りが「昭和の酵母」と表現すればいいのか、昔のパンの香りがして、エキメキ(トルコの普通のパン)とは明らかに異なる風味でした。トマトとレタスはモロにアメリカ風で、トルコにもこんな風味が抑えられた野菜があるんだ、と逆に感心させられました。

全体の出来、評価は「ふつう」です。不味くはないけど特に美味しくも感じない。

ポテトは、こんな琺瑯引きのカップに入ってきます。
揚げたてで熱々でしたが... カップのせいで湿気が少しこもる。
ハインツのケチャップとマヨネーズが出てきたのが軽い驚き。

ランチタイムから深夜2時まで営業しているのが便利。
BURGERLAB KARAKÖY
Phone: +90 212 293 03 13
Address: Kemankeş Karamustafa Paşa, Dericiler Sk. No:10, 34425 Beyoğlu/İstanbul, Turkey
Hours: everyday 11AM – 2AM

帰宅後この記事書くために上記の情報を拾ってたら... 近所にバルタザールという名前のバーガー屋を発見!

次回はバルタザールを攻めなくてはなりますまい。
きっとまだ近所にメルキオールとキャスパーも潜んでいるに違いない。
でもキャスパーは裏切るから... ←キーワードで発作起こした

No comments:

Post a Comment