Tuesday, May 17, 2016

2016Feb.Istanbul 13 - Karaköy Güllüoğlu: Baklava

Before returning my room, I stopped at Karaköy Güllüoğlu, the most famous baklava shop in Istanbul.
This is their "One and Only" store, they say. And there are numbers of different types of baklava.

After all, I bought smallest - 500 gram package - of 'dry pistachio baklava'.
The package again tells they don't have branch stores... I saw their shop in Ataturk airport several years ago but it's gone now... was it a fake shop?? It's quite hard for me to identify whether genuine or fake amongst Turkish brands. This is not Rouis Buitton nor Lorex. ☺

So, this is it. Fresh crispy-outside, wet-nutty-inside baklava.
I think baklava is the sweetest foods around the world... the inside is viciously sweet, but unstoppable once started eating for whom has a sweet tooth.

Complementary tea bags are available at mini-bar, but I brought my green tea.
I wanted to try green pistachio with green tea. It wasn't too bad, actually I liked it as good as having black tea. This was my 'lunch' and good enough.  After finishing these baklava, I went to hamam, received massage again, was relaxing in the steam bath. I had soar throat during my outbound trip, but quickly healed by the steam bathing.

The next Istanbul series will be showing a dinner at the next door from the hotel, Lokanta Maya.


  1. バクラバ、ここんちのイスタンブール紀行では有名?になりましたね。日本でもトルコの人が作っているところがあるらしいですが、やっぱし出来立てを食べてみたいですよね。見た感じ、ミルフィーユのクリームの部分を砂糖にしたような、思いっきり甘くてカロリー摂取には最高?これでその後のスチームバスのエネルギー充填もばっちし?

    1. 10年くらい前に夫婦で初めてイスタンブールへ行ったとき、ガイド君が連れて来てくれたのがこの店でした。『バクラヴァだったらここっきゃない!』みたいに教わって以後、ぼっち旅の時にも通い詰めています。風呂屋のセイウチ親父たちに聞いても『観光客ならここが安心・安全(ボられない)で充分に美味しい』とお墨付き。でも英語がイマイチな店員がすげー無愛想なのと、注文すると値段を殴り書いた紙片を渡されるので、それ持って会計を済ませてからそのレシートを見せて引き取る。店内で飲む紅茶はそのレジ支払い時に頼む。という段取りを覚えるまで少し戸惑いました。でも今ではまるでジモティでスイスイ注文通してます♪ ・・・バクラヴァの種類選びは未だに指さしだけど。(笑)

      パイ生地みたいな部分はミルフィーユの4分の1くらいの厚さしかないかも。まるで岡本理研のように激薄が自慢(爆)ですが、ピスタチオと糖蜜部分がネットリ・グジュグジュなくせに上半分はサックリ・パリパリの生地です。そのコントラストがすごく不思議だと思っていましたが... アメリカまで持ち帰ると全体がシナシナに。(号泣) やはり出来たてを速攻で食べるのが吉です。くどすぎるので記事にはしていませんが、買って店内でその場で食べた日もあります。5月は写真撮っておいたのでもしかしたら記事にするかも。

      甘さのほうは...もう慣れましたけど、初めて食べた時は「うわ!虫歯だらけになりそ!?」とビビる激甘さでした。店内で食べていくときに紅茶を買いますが「砂糖はそこだよ」って言われても、とても持って行く気になれません。でも現地の人はバクラヴァ食べながら角砂糖2~3個投入した紅茶飲んでます!! トルコ人って糖質の代謝機序が違うのかもしれません。それほど甘いのに平気です。アメリカ人が驚いてるんですから保証します。(爆)


  2. obaKoba-sann,

    Köfte, simit, and baklava… how mysterious are foods in Turkey !

    Baklava seems to be made up of coatings of baked product made with flour, full with seeds of fruits and flavors, and wet thoroughly in a sweet liquid, doesn’t it?

    Has baklava grown into an usual pleasing entity, or is it loved at commemoration of some occasions during the whole of the year in Turkey?

    Sorry again… you’re an American, I know.

    best denki