Thursday, January 30, 2020

S'pore Jan.2020(8)

カトン地区にあるホテルから中心街とは反対方向、チャンギ空港方面に向かってバスで40分。
ベドック地区にある、天天海南雛飯のベドック分店にやってきました。

天天海南雛飯はホテルの近所にカトン店、Hotel Boss 内にラベンダー店、オフィス街の Shenton Way にもシェントン・ウェイ店がありましたがみんな撤退して、今では中華街近くの Maxwell フードコートにある本店と、このベドック店だけになってしまいました。是非またカジュアルグルメ激戦区のカトン地区へ再進出して欲しいものです。

今回3日間の滞在中、月曜はお休みなので、土・日と2日連続で通いました。
お店のガラスに短パン姿のデヴが映り込んでいる... 修正かけるのもアレだし、まぁいいや。(笑)

ホーカー然とした本店と違って、行列する必要もありませんし、冷房がキンキンに効いている。
おひとりさまはトイレ前の二人がけで、と勝手に決めていて自ら座るので、店の人に笑われます。

旧ラベンダー店や本店のように「Dark Soya, pleae. 老醤ちょうだい」って言わずともテーブルに置いてありますし、ここんちのチリソースはクリーミィな口当たりで、結構辛くてもいけてます。
すりおろした生姜は無いけど、生姜風味のゼリーっぽいヌメヌメソースをかけて出されるから、不要です。

いつも 2 Pax, Roasted and Steamed, please. 二人前でローストと蒸し鶏のミックスで。と注文。

土曜の夕方、1回目は「ローストが売り切れなのよ」と言われて、蒸し鶏で2人前。
コカコーラ・ライトだけでなくゼロシュガーも置くようになったので、それで。(風味が違うよ)
ライス2人前、欲しい?って聞かれますが、いつもは一杯だけ。でもこの日は悔しいからライス二杯で。

最初のライスをたいらげたら、空いたお皿に茶碗の飯をカッポンとひっくり返すのが東南アジア式作法です。ライス二人前、クセになりました。カロリー摂りすぎだけど「おかずとごはん」のバランスが適切。

1回目の海南チキンは、全部スチームタイプでこんなにたくさん。
ローストが無かったぶん大盛りにしてくれたみたい。下に敷いてある胡瓜も多めでした。
でも、いつも上に乗った葱と香菜が香りが強すぎてうまく使いこなせない...。

そして翌日は少し早めに、午後3時ごろにやってきました。お店の兄さん姉さん... 去年もさんざん出現したから、よもや僕がサンフランシスコから来ているとは思うまい。(笑)
ローストがあった♪ 注文内容は全く一緒です。我ながらマンネリは大丈夫な奴。

今度は半分ローストタイプで、風味が2種類あって食べ進むのが早くなる。
ローストタイプが入ったからなのか、ヌメヌメソースが少なめ。でも美味しい。

そしてついに、僕が好きくなれそうな香菜と葱の使い道を見いだしました。
ほぼ全量を具の少ないチキンスープに放り込みます。香りが移るので草は食べなくてもいい。

今回も天天海南雛飯でチキンライスを楽しんだ。という満足感を持ってホテルへ戻りました。
途中、もちろんあの「凄いデコレーションのお宅=リアル金玉満堂」も取材wしてきました。

そうそう。ホテルの前の金玉満堂にも寄っています。
ここも、週末は向かいのアイスクリーム屋バーズ・オブ・パラダイス並みに混雑するようになってきた。

月曜日はお休みなので、比較的空いている日曜の午後とかに入店。
客はまあまあの入りで、ロフトは未使用でした。

ここもいくつか試したけど、お気に入りが2品できました。
小豆入りのジンジャー・ミルクプディングと、小豆のシェイク+バニラアイス載せ。

ジンジャーミルクプディングは目の前で温かいミルクを注ぎ「凝固の儀」を取り仕切ってくれます。
4分間待つのだぞ。と言われて待っている間に小豆シェイクをやっつけるのが僕的時間潰し。
持続可能なw銅のストローでシェイクを退治したら5分経過。ミルクプディングは固まりました。
でも、思い切りユルユルの固まり具合。小豆を入れすぎたらみんな沈んじゃうし、凝固が解除される。

海南チキンライスの後に甘い物を楽しんでから、お向かいのホテルに戻りました。
上写真は日が差している間に撮ったけど、金玉満堂を退室したらポツポツ降ってきました。
強烈な熱帯の夕立には、僕の晴男くんパワーでも太刀打ちできません。

次の記事は、あの「リアル金玉満堂」の、春節前にパワーアップした様子をご紹介します。

No comments:

Post a Comment