Monday, January 6, 2020

Istanbul Dec.2019 (12)

トルコ航空の TK1591 便、フランクフルト空港行きです。
機材はA321。エアバスのA320シリーズで少し大きめの機材。かなりの満席状態でした。

もらった席は、9C。非常口のすぐ後ろです。
足元が広い非常口席の 8C/D へは20ドルくらい払えば座れたのですが、なぜかアメリカのクレカで支払い不能。

まぁ、3時間たらずの飛行時間だからそのまま搭乗しました。
そして隣席に来たのが、かなりお迎えが近そうなドイツ人らしき(独逸語しか通じない)ご夫婦...。

旦那の方が「トイレに行く」って言ってヨロヨロと席を立つんだけど、まだベルト着用サイン点灯中。CAが「まだ座ってろゴルアってトルコ語と英語で言っても通じず、僕は仕方なく立ち上がって席を空けて通路へ通しました。爺さんが通りやすいように肘掛けを跳ね上げ収納してやったよ...。

ヨレヨレの爺さん... おぼつかない足取りで機体後方へ向かってそのまま40分くらい帰ってこなかった。(汗)

隣席が戻らないまま機内食が配布されちゃった。窓側の婆さん、水だけでいいって。
なぜ僕に罪悪感がこみ上げるのか自分でもよく判らないまま、さっさと撮影&摂取に励みました...。

結果から申し上げるなら、隣席が戻る前に機内食をたいらげ、片付けてコーヒー受領する余裕があった。

そんで、機内食のカバーを外してちゃんと撮影。(苦笑)
「ビーフかパスタか?」って聞かれた。
「ビーフって、キョフテ?」
「今日は違うのよ。***よ」←料理の名前が全然聴き取れなかった。
「何それ?パトルジャン(茄子)使った料理?」
「そうそう!やだ貴方トルコ料理詳しいわね!」

あてずっぽで茄子の挽肉詰めか何かかな?と思ったら、ホントにそうでした...。
添え物はヨーグルト風味のサラダとストロベリーのムース。
エキメキ(パン)が熱々で美味しいし、挽肉と茄子は味付けが繊細でバターライスといい相性です。

エコノミーの機内食では、アジア系を除けばかなりいい線いってます。(トルコもアジアか?)ヨーロッパの航空会社として比較するなら、欧州内でいちばん美味しいエコノミークラスの機内食でしょう。

美味しいお食事&アテンダントさんの温かい対応。往路のルフトハンザ航空の内容(冷たいサンドイッチ&ゲシュタポ出身のCA)と比較しても、やはりトルコ航空のほうが数段良いです。

その後、トレーが片付いてコーヒーもらって、それをすすってたら、隣席の爺さんが戻ってきた。
爺さんがジェスチャーで「席を替わらないか?」って言うから「ないん、だんけ。」No thak you. って断った。

だってもうあと1時間半足らずで到着するもん!今度は僕が御不浄へ行きたいもん!後ろの方は配給のカートで塞がっていたので、堂々とビジネスクラスのトイレへ行きました。アテンダントも文句言いませんでした。

雨のフランクフルト空港に、30分くらい早着。
隣席の爺さん婆さんはCAが「私たちが介助するから、あんたは降りて」って言うから、見捨てて降機。

シェンゲン領域を避けるように設置されたBゲート内の迷路のような通路を歩き、 AirTrain でZゲートへ。
Zゲートでもまた、入国審査場を避けるために激しく迂回させられて、セキュリティをくぐります。

UA便への優先搭乗のため UA*G としか書いてないトルコ航空の搭乗券を Premier 1K®と書かれたUAの搭乗券に交換してもらうため、UAサービスカウンターへ向かったら... カウンターには激美人のハキムさん

「ハキムさ~ん、お久しぶり♪」
「あ! Mr. obaKoba!! ご無沙汰してます」

この後、元気だった?とか、J***さんやR***さんはどうしてる?とか、暫し雑談。
そしてついに(笑)後ろに他の乗客が来たので、慌てて要件を聞かれました。

「で、今日は何かお手伝い出来ることがありますか?」
「珍しく、ある。(笑) これ、UAの搭乗券に替えて。」
「はいはい。そのほうがプリボーディングし易いですよね。」
「そう。あと TSA PRE って印刷されてて最終セキュリティの検査が簡単」
(笑) フランクフルト空港の手続きに慣れきってますね。...はい、どうぞ」

お互いに Happy Holidays!! って挨拶して、別れました。
そしてまだ時間がたっぷりあるから、ルフトハンザ航空のラウンジへ入場。


No comments:

Post a Comment