Saturday, November 23, 2019

Japan Trip - Nov.2019 (2)

ANA 7便、成田行に搭乗しました。
ファーストクラスの中は、前の方から見たらこんな景色。
ありがとう、iPhone 11 Pro の超広角レンズ。ようやっとまともな役に立ったよ。

今回もいつものように、座席 1K を予約しておきました。
芯のしっかりしたクッションが置いてあります。就寝する場合はもっとフカフカの枕をくれます。

座席正面のLEDディスプレイ前に置いてあったアメニティ。
ヘッドフォンは自分で Bose Headphone 700 を持ってきたから返却しました。アメニティキットと、100Mバイト分の無料 Wi-Fi カードも。足元にはパジャマ、カーディガン、スリッパ、カシミヤ風の毛布などが置いてありました。パジャマは着替えなかったので、母への土産でMサイズに替えていただき、ありがたく頂戴しました。

ウェルカムドリンクはオレンジジュースで。
他に、ANA機内でしか手に入らないロクシタンのハンドクリーム&パフュームセット等を購入手配。
外国人だけどオートゲートを利用するので、入国審査書類は記入せずに済みました。

そういえば、往路でも復路のZゲートでも「オートゲートが使える」って法務省発行のカードを見せたら「初めて見ました!」って言われたよ。せっかくあるのに、どんだけ広まっていないんだか...。
こんなカード。アメリカ国籍だと Global Entry を持っていれば申請可能です。

多分「生まれつきのガイジン」には申請するハードルが高すぎるんだと思います。収入印紙を2,200円分持参しないと受領できないとか、日本にかなり精通していないと発行してもらえません。入出国ともガイジン用ゲートがひとつだけで、僕以外に使っている人を見たことがないのがよく判ります。

Wi-Fi カードをもらったので、ログイン画面を表示するときに御値段をチェック。
SFO-NRTの10時間半で $18.80 は、ユナイテッド航空と比べても安い。

でも、実際の使用感は非常にざんねん。
下りが 0.26Mbps、上り 0.11Mbps で、PING反射が 1.3 秒近くかかっています。
無料クーポンを使ってみたけど、遅すぎてかなりイラってくる。

安全ビデオが... へんてこなものになっていました。
なぜか・・・ つか、なんで歌舞伎? かえってニッポンをディスってない??

さらに、解説はときどき浮世絵というか錦絵というか... そういうタッチに切り替わります。
非常事態の機材から、わらわらと逃げ去る歌舞伎役者にはワロタよ。

そういえば、PAの英語が少し上手になっていた。
CEFR 評価で B2 〜 C1 は、いってる。C2レベルのCAさんもいらっしゃるかも。

面白いビデオを拝見し、わらわらと逃げ惑うことなく機材が宙に浮いてから、シャンパン。
シャンパーニュ・クリュッグ グランド・キュヴェ Champagne Krug Grande Cuvée
変わらず KRUG 様の MV を搭載していたので、有り難くいただきました。この後でもらったキール・ロワイヤルも KRUG で造ってくださいましたが、そっちはもうひとつの泡シャルル・エドシックにしてもらえばよかった。

泡といっしょにいただくアミューズは和食でも洋食でも共通です。
アミューズ ピスタチオチーズボール, スモークサーモンの薔薇仕立て, ローストダックのタルトレット, チーズペッパーバー
シャンパンの後はANA特製「香るかぼす」ジュースを炭酸で割ってもらいました。

アミューズをアップに。
スモークサーモンや鴨のタルト、プレッツェルなんかがシャンパンのおつまみに最高♪

パンは3~4種類のうちから、丸いやつを。
ブレッドセレクション バター もしくは オリーブオイルとともに
全粒粉のパンって甘い香りがあって、バターと一緒で幸せ。

アペタイザをどれにするか迷っていたら「両方召し上がっては?」という殺し文句にやられました。
アペタイザー キャビアを添えたシャンピニオンのムース

茸のムースとジュレも美味しいですが、やっぱりブリーニに載せたキャビアは KRUG にピッタリ。
シャンパンのおかわりをもらう予定ではありませんでしたが、ついつい泡が喉を通り過ぎます。

もうひとつのアペタイザも、シャンパンと良い相性でたまりまへん。
アペタイザー トリュフ風味のフォワドプーレテリーヌ ブリオッシュトーストとともに

ブリオーシュのトーストはカリカリなのが添えられてくるかと思ったら、フォアグラ(ホントは鶏)テリーヌの下に敷いてありました。ブリオーシュはカリカリではないけど充分にサクサクした食感で、愉しめました。

主菜に入る前にはサラダも、スープもいただきました。
ガーデンサラダ
ドレッシングは2種類からお選びいただけます
ル・レクチェドレッシング  玉ねぎと山わさびドレッシング

「ル・レクチェって、確か洋梨でしたよね?」
「あら。さすがobaKobaさま、よくご存じで。」
「・・・最初の大學で梨は課題作物だったから。」
「いろいろな経歴をお持ちなんですね。」

感心されるより馬鹿にされるのが丁度いいんですが。洋梨ドレッシングの甘酸っぱくてフルーティーな風味と、上に載っているパルメザンチーズのスライスがいいアクセントになって、菜っ葉を美味しくいただけました。

スープは、日本でしか見かけないコーンクリームスープ
コーンスープ
ベジタリアンマークと一緒に「*卵や牛乳を使っている場合がございます」って書いてある。乳製品を使わないでクリームスープを造るのは大変だと思うし、そこまで徹底ビーガンだったら事前に機内食を頼んでると思う。

日本に住んでいる時、コーンスープも苺ショートケーキも世界標準だと思っていました。
ところが、日本を出たらお目にかかれません。このふたつは「日本が恋しくなる外国めし」です。

全日空 7便、お食事の続きは次回に続きます。

2 comments:

  1. おーっ、いつも日本ヘリコプターはビジネスクラスしか飛んでませんが、さすがファーストは飯質ランクが上がりますね。ビジクラスの和食(*養殖は食べたことない)は毎回うまいと思いますが、ファーストの和食はどこまで驚かされられるのか、いつか試します。あと、もうすぐ120歳の誕生日おめでとうございます。生涯1Kになられて星組離れても時々星組情報流してくださいね。役に立っていたので。では良いお年を。

    ReplyDelete
    Replies
    1. m e m o さん、

      このところ同窓会で東京へ行くときにはANAのファーストを使っていますが、洋食の質が以前より良くなってきたことと、KRUGやワインをいただいても日本酒は飲まないので、やはりフレンチのコースがしっくりきます。あと、和食のほうに「春菊のソース」とか僕の苦手な食材が散見されたのも和食を避けた理由です。
      でも到着前の食事は炊きたてのごはんをいただきました。復路では到着前の食事をチーフパーサーさんに相談したところ「クロワッサンは機内で焼きます。焼きたてのパンも芳ばしくて美味しいですよ~」って言われて、クロワッサンにしてみましたが、確かにいけてました。このまま記事変臭を続ければいちばん最後に出てくる予定です。でも今日ぬこシェルターで、ぬこ3人も引き取る予約してきたので、養子の世話で変臭遅れそう…(汗)

      来週あたりでUA837/838の切符を発券すれば、3ミリオン分の予約終了です♪
      (その反動で、来年はANAファーストはおあずけ。(泣))
      でも Lifetime 1K® になっても、多分ユナイテッド航空で飛びます。
      さらにもう1ミリオンをじわじわ貯めて、生涯 Global Services を密かに狙っています。
      でもさすがに、Lifetime GS 達成したあたりで氏ぬと思う…。

      もし仮に MileagePlus® を離れて飛ぶとしたら、ステータスマッチ(TKでは一年中やってる)で Elite Plus をもらえたら Miles & Smiles に浮気すると思います。いずれにしても星組で飛ぶなら既に生涯金星ですし、いずれ Lifetime のスタアラ・プラチナになれると思うので、旅行する時の基本は星組です。(Delta SkyPesosの陸マイル消費だけが悩み)

      まもなく七面鳥大虐殺の日と暗黒の金曜日ですが、そうぞお健やかに。

      Delete