Saturday, October 12, 2019

Japan Trip Sep.2019 (1) - UA837 pt.1

9月に帰省した時の写真を8回の連載で綴ります。マンネリな内容なので軽い気持ちでご覧ください。

いつものようにユナイテッド航空837便の成田行きで帰省します。まずはポラリスラウンジへ入場して...
朝のダイニングなので、アサイのシャーベットをもらいました。これ、ちょっと気に入っちゃった。
爽やかな酸味と沢山のフルーツで食欲が出てきます。

今回は思い切ってエッグ・ベネディクトを注文。
サワードーのパンだとメニューに書いてあるけど、そんなに酸っぱくなくて僕でも大丈夫。
これがベネディクト?...と若干疑いたくなる仕上がりですが、不味くはないから許す。

この朝は、SFOをさんざん利用してるのにここは初めてかもしれない100番ゲート。
ゲート上のアート、モチーフは僕でも知っている民謡のグループでした。

成田線の機材はボーイング 777-300ER。同じ機材の全日空便が隣に停まっています。
ANAさんには11月にファーストクラスでお世話になります。

この時は軍属IDは提示せず、普通に1K®で搭乗。
SFOのUA便では通常、B777だとドア1とドア2の両方にボーディングブリッジが接続されます。
なので、不自由な皆様やベビーカート様がドア2前でもたつくのは律速段階にはなりません。

座席はお気に入りの3Aを予約出来ていました。
ポラリスビジネスってプライバシーが確保できる構造なので、どこでもあまり文句はないです。
ただ、これって1-2-1アブレストなんだから、もうちょっとだけシート幅を広くして欲しかった。

ウェルカムドリンクを配りに来てくれたので、OJで。その後、お食事の注文取りや入国書類の配布が。
予め和食膳の予約をかけておいたので「予約していただけると本当に助かります。」って言われました。
白人のみなさんが珍しがって、あるいはヘルシーだからと、やたら和食を希望するから大変みたいだよ。

この朝の出発は、少し遅れました。
滑走路の工事で遅れるかと思ったら、機長がPAで「乗り継ぎ客を15分待ってみる。許せ」ってアナウンス。
この時点では十数分遅れでしたが、実際、成田に着いてジェットウェイが接続されたら20分の早着でした。

いつもの 28L が補修工事中で、28Rからテイクオフ。
ローテーションしてすぐ眼下は... おはかがいっぱい。 

Colma市は「生きている人口」より「埋めてある人口」のほうが多いと言われています。
...だから Colma って地名?(Coma=昏睡)

さて、この頃はエコノミーの逆境に耐える場合以外はアルコール控えめだから、砂糖水で。
この日の砂糖水は、甘くて渋いクラナップルジュース。
温めたナッツはもうアーモンドとカシュー以外を探す気力さえなくなりました。(爆)

さて、本日の和食コースはこんなです。
和食をいただいても、主菜が終わるといきなりチーズかアイスクリームサンデー。さすが米系。

予約しないで洋食を選んでいたら、こういうものが選択肢でした。
牛を選んでいたら、ショートリブ炙り焼きにモレイユのソース... ちょっと悔しいかも。

到着90分前の軽いお食事は、こうなっていました。
和食を予約すると自動的にポークカツなんですけど...
あの妙に黄色いカレーソース + おにぎりのように詰め込まれた白飯は、少しイヤ。
なので、2食目は フルーツ&シリアル にしてもらいました。
日本線は最近こればっかりです...。

次の記事で機内でのお食事をいっぺんにお見せします。

No comments:

Post a Comment