Tuesday, February 25, 2020

IST Jan.2020(6)

カラキョイ・ロカンタスでのディナーは、ぼっちごはんではなくブルートくんと一緒。
ふたりで食べるから、メゼ(前菜)をいろいろ頼めました。いろいろ頼んでもあまり分け合わなかった。

僕は白ワインをグラス一杯だけ。ブルートくんはラク Rakı という、トルコのアニス酒(上写真で白濁したグラス)を水割りにしてボトル一本飲んだ...。水割りだけど、元がアルコール 42% だから、すっげーキツそう。

カウンターのショーケースに並んだ各種のメゼからブルートくんが選んでシェアしたのは...
ドルマ2種類。右はズッキーニの花で包んであって、左はロールキャベツ状態。
どっちも中東っぽいスパイスで風味付けされたライスなんかが入っていました。

前回お店からサーブされて美味しかったので、僕が選んだスズキのマスタード和え。
マイルドでクリーミィなマスタードの風味にくるまれた白身魚、いけてます...が、ブルートは食べない。
なんだか好き嫌いが激しいというか、見慣れない物には手を出さないのが徹底しているみたいです。

茄子のヨーグルト和え、辛味オリーブオイルがけは僕の定番。
これをトーストされた薄い全粒粉のパンに塗って食べたり、キョフテに塗ったりします。
ブルートくん... これも僕の真似してパンに載せて二口くらい食べたけど、そこまでです。

ブルートくんが選んだのは、トルコ風ヨーグルトにディル(アニスの葉)が入っているサラダ。
似たような風味のラクにはよくあうらしいけど、僕はディルが苦手なので、これも分け合えません...。

結局、いろいろ頼んだけど本当にシェアしたのはサービスパーソンさんが最初から取り分けてくれたドルマとオリーブくらいで、あとのメゼはほぼ自分が注文したほうしか食べませんでした...。

そして主菜はふたりともキョフテです。
このミートボールは、ホントにおいしい。他店でも試したけどカラキョイ・ロカンタスのは特においしい。

最後にデザートは... いらない。ってブルートくんに言われました。
でも、ブルートくんはチャイ(紅茶)を、僕はエスプレッソのシングルショットをもらいます。

デザートを注文しなかったけど、いつものようにお店からのサービスが。
ケマル・パシャ。甘~い糖蜜を吸わせたドーナッツみたいな、トルコでは定番のデザートです。
左党なのか、ブルートはひと匙食べただけ。でも上に載せたクリームの品質は気に入ったようです。

「お店からです」と、もうひとつ出てきたのが、こちら。
最初、パン屑に糖蜜を吸わせた物体か何かだと思いました。すいません。食べたら... 固い洋梨みたいな食感で、うっすら甘く、渋みとエグ味がある果物。熟する前に摘果した林檎は、こんな風味かもしれません。

「これ... もしかしてクインス(かりん)?」
「そう。美味しいからどんどん食べなよ」
「う~~~~ん。僕は赤ワインでのコンポートが好き」
「あんなに甘ったるしくしたら風味が判らないだろう」

結局、僕はひとかぢり、ブルートくんが大半を摂取。
食習慣の違いで、評価はまっぷたつでした。

そしてブルートくんは僕の部屋で簡単にマッサージ施術してくれてから、帰宅。翌朝また登場。

嫁がいなくて自宅には朝食が無いブルートくん。ホテルの女将アイリンさんにお願いして朝食を2名ぶん用意していただきました。僕の部屋は2名定員だから無問題だそうですが、優しい心遣いに感謝です。

その朝食が、こちら。
パンの量が2倍に増えている...。他はちょっと増量。

あとはオレンジジュースにコーヒーか紅茶、玉子みっつは二人ともソフトスクランブルで。

チーズやオリーブもどっさりくれました。パンは追加でカットして持ってきてくれるし。
ブルートくんが胡桃やヘーゼルナッツを僕に取り分けてくれます...。
「もういらない」って言っても「体にいい。トルコ人はみんな食べる」と、強要されました。その後も3回ほど朝食を一緒に摂りましたが、毎回朝からナッツ責め。なんだか辛いんですけど...。

朝食を一緒に済ませてから、ブルートくんは出勤。
僕は部屋で暫し休んでから、ひとりで新市街の散歩&ランチに繰り出しました。
僕が向かったのは、金角湾にかかった橋の真ん中にある、ハリチ Haliç 駅。

地下鉄M2線の駅が橋の上にある、という面白い設計です。ここからタクシムへ向かいました...。

No comments:

Post a Comment