Friday, February 21, 2020

IST Jan.2020(4)

トルコ航空のイスタンブール行きに搭乗しました。スター・ゴールドなので優先搭乗です。
機材はエアバス A330-300。トルコ航空の機材は内装いろいろあるようで、この時はターコイズブルーのシートに青・赤・緑のヘッドレストでした。シートベルトはグレー。シートベルトが紅い機材もあります。

僕の席は、デイパックが置いてある 7B。2-4-2 アブレストなので、ここが好き。
バルクヘッド席は足元が広いですが、ご不自由な方が搭乗すると追い出されるので予約は避けます。

飛んで、割とすぐ飲み物と機内食の配布が始まりました。
チョイスはいつも同じ。ミートボールまたはパスタ、と聞かれます。

いつもミートボール、つまりキョフテを注文。飲み物はTK名物ミント入りレモネードで。
開封すると、こうです。キョフテにはバターライスとヒヨコ豆の入ったトマトソース。
熱々のパン、エキメキを配ってくれます。

この日のキョフテは、キョフテ自体にあまり味が付いていませんでした。
ヒヨコ豆ってあんまり好きくないので、バターライスにバターを足して美味しくいただきました。

添え物は、こんなの。
インゲンのヨーグルト和えです。トルコ風ヨーグルトはサワークリームみたいに濃厚で、おいしい。

デザートは、いつでもチョコムースだと思う。
なめらかだし、甘さも適切なので美味しいから文句ありません。

世界一美味しいパンだと言われる、トルコのエキメキ。
フランスパンみたいに見えて、内部のテクスチャはイギリスの食パンに近い。手に取るのが熱いくらいのを渡されるので、熱いうちにナイフを入れてバターを塗ります。

お食事が済んだところでトレーの回収に来てくれ、代わりにコーヒー・紅茶を配っていきます。
クリームを入れた珈琲を。
やや薄いけど苦味がしっかりしたハイローストの豆で淹れているようで、それなりにいけます。

ビジネスクラスとの仕切りのカーテンがすぐ前にあって、その先はトイレだから、使っちゃう。
ビジネスクラスのトイレはこんなです。エコノミーの前方席からやって来ても文句言われません。
ハンドソープや乳液は20年くらい前にユナイテッド航空でも採用されていたモートン・ブラウン。
コロンヤというトルコのオーデコロンは、サッパリしたグリーンティーの香りになっていました。

2時間半ほどでイスタンブール空港に到着します。
バルクヘッドのところに機体前方カメラが写した映像、この時は滑走路、が映っています。

こうなる前は、機体下方のカメラが撮った映像だったんですが...
イスタンブール空港って、泥の中にいきなり近代的な空港が建ててある。
滑走路に達するまで、ずーっと黒海沿岸の沼地みたいな荒んだ映像でした。

タッチダウン後のタクシングが、やっぱり長かった。
15分くらいガラガラ走ったら、空港の建物が見えてきました。

降機してゲート番号を見たら... A9ゲート。いちばん隅っこに到着だ!
入国審査場は建物の中央にあるため、ゲートから入国審査までコロコロ荷物を押しながら15分は歩いた。
ただ、スターアライアンス・ゴールドでトルコ航空便を利用すると、Fast Track が使えます。

入国審査は前の1人待ちで、1~2分で通過。運ちゃんのアドさんに電話して、無事に落ち合えました。イスタンブール空港に着いたのは午後5時でしたが、途中で渋滞したおかげでホテルに着いたら7時近くになりました。

No comments:

Post a Comment