Wednesday, February 19, 2020

IST Jan.2020(3)

B44番ゲートそばのセネターラウンジに入場して、接続便の搭乗開始まで時間を潰します。
僕の前の兄さん... 搭乗券に*Gって印刷されていても、おばさんが Star Gold マーク入り会員証を要求。ルフトハンザ航空のラウンジ入場ではこうやって物理的なマイレージ会員証の提示が求められることがあります。

...で、僕の番。
ユナイテッド航空の搭乗券にデカデカと PREMIER 1K って刷られているのを見て、速攻でパス。

「前の客はプラスチックカードが必要で、なんで僕は必要ないの?」
「ユナイテッドの 1K は判り易いし、凄く頻繁に見るから覚えたわ。」

マイレージプラス会員証の提示は、必須要項ではなくチェックのおばさんの技量によるようです。

おばさんのチェックを過ぎるとエスカレーターがあり、上階へ...。
ここに正式なレセプションがあって、そこで搭乗券をスキャンしたら入場できます。

ラウンジ内部は、かなり広々していますが、天井は高くない。
外部に面して採光の良いソファ席はほとんどいっぱい...。

テーブル席に荷物を置いて、スナック類の充実ぶりを様子見に行くことにしました。
飲み物はここいらへん。ごく普通です。

朝食タイムですが、頻繁に客が来て無人の状態で撮影は無理。
ざっくり写したら、僕も少しもらってみることにします。

まずは欧風のあさごはんアイテム。
チーズ、加工肉、茹で玉子に、生野菜が少し。

こっちは定番あさごはんアイテム。
炒り玉子、ソーセージ、ハッシュドブラウン(ポテト)がありました。

さらに、やや英国風のものが。
煮豆と、マッシュルームのソテーはイングリッシュブレックファストのアイテムっぽい。
いちばん右側は... 泥水みたいだったから、もしかしたら味噌汁かも。

こんだけ、もらってみました。飲み物はビターレモンの炭酸水割りで。
マッシュルームのソテーを加えた朝食アイテム、さらにハムとチーズ。
チーズはカマンベールがおいしい。他はプラスチックみたい。
加工肉がみんなソーセージ方面なのは、ドイツだからでしょうか?

このラウンジには、喫煙所が設けられていました。
欧州はまだ喫煙率が高いので、必要なんでしょう。愛煙家の毒者にはこのラウンジは福音かも。

トイレに寄ろうとしたら、スパになっていました。
ここのスパサービスは €20 からだそうです。僕はトイレだけ拝借しました。

テーブル席に戻ってきて、さらにカプチーノを一杯。
エスプレッソマシンの近くにチョコチップクッキーが置いてあったから、それを添えて。

スパや禁煙室を含めると、エアカナダのメープルラウンジよりも充実しています。
ただし、客が多い。空いている環境でゆったりするならメープルラウンジがベター。

搭乗時間が近づいてきたので、これで退室してゲートへ向かいました。

No comments:

Post a Comment