Saturday, June 6, 2020

UA closing NRT base

ユナイテッド航空は海外にあるキャビンアテンダント・ベースを閉鎖します。

リンクはロイターより(英文)
United Airlines closing three of four international bases for flight crew
ユナイテッド航空は2020年10月1日をもって、以下みっつのアテンダントベースを閉鎖します。

 ・フランクフルト(FRA)
 ・香港(HKG)
 ・東京成田(NRT)

ロンドンは今のところ引き続きキープするようですが、こちらも風前の灯火。
この決定で840名のフライトアテンダントさん達に影響が出る模様です。

えぐいやり方だと思ったのは... 米政府からのCARES法による補助は9月30日まで従業員を解雇してはいけない事になっていますが、補助金を受け取って規制が外れたらいきなり解雇!というのがいかにもユナイテッド。

驚かされたのは、成田は羽田と分散しちゃうけど、かなりの便数が就航しているFRASWまで閉鎖する決定です。海外ベースはLHRSW以外はみんな閉鎖です。これで日本人CAが減ると思うので、日本発着便の機内通訳が劣化、あるいは通訳が搭乗していない便が出る事も予想されます。

UAはベースを閉鎖するだけで乗務員のベース変更は禁じていませんから、例えば成田ベースのアテンダントさんがSFOベースに変更する事も理屈では可能です。でも出勤する度にデッドヘッドでSFOまで飛んで乗務して、勤務が終わったらまたデッドヘッドで日本へ帰るって、かなりの負担でしょう。結果的に日本人のアテンダントさん絶対数は減ると思いますから、エリートステータスの改悪等を鑑みても、日本のマイレージプラス会員が他社に鞍替えする充分な理由になりそうです。

個人的には仲良しの皆さん:FRASWのボスJuneさんとRositaさん、NRTSWのパーサー Segaさんがこの影響をモロに受けます。みんなどうするのか心配。落ち着いた頃にメール差し上げて今後の事を伺ってみようと思います。

社員を切るのは辛いはず。カービィCEOも就任後いきなりこれでは気の毒です。
ユナイテッド、氏なないでね...。

No comments:

Post a Comment