Sunday, December 30, 2018

İstanbul 2018 Dec. (4)

アムステルダム到着の2時間ほど前に目が覚めました。
ルフトの薔薇は到着が近づくと開いてきますが、KLMのチューリップは厳しく閉じたままでした。

やがて室内灯が点きますが... トルコ航空みたいに場末のキャバレー感は無いものの、すごい色調。
LED照明でこんな色が出せるのって、趣味が悪いだけじゃないかと思うのは僕だけでは無いと思います。

マゼンタ色の照明の中、2食目が届きました。
2食目は3種類から選べます。
 ・スイスチーズ入り玉子とターキーベーコン
 ・温かいアップルパイ
 ・ヨーグルトとグラノラ

ユナイテッド航空のおかげで卵料理を避ける習慣が付いてしまっているため、選択肢を聞かされ Apple Pie, plese!
出てきたら... これってさぁ、日本でも米国でもスイスでも、パイじゃなくてスフレって呼ぶよね。

でもまず先に感激したのが、クロワッサン。
サクサクでバターの良い風味がします。なんで他の航空会社にできて、UAのクロワッサンはあんなに酷いの!? 一個あたりほんの数十セント購入コストを上げたら顧客満足度は鰻登りだよ?> United Continental Holdings, Inc.

そして、アップルパイ...。
なんか思ってたのと、かなり違う...。
騙された気分がぬぐえないものの「熱いから気をつけて」と言われるくらい熱いデルフト焼に入ったパイはいい香り。

確認のため、まんなかでカットして半分の断面を見せ、晒してみます。
やっぱ、こういうのって普通は「スフレ」って呼ぶよね...。パイ生地に煮込んだリンゴが入ってて、もしかしてバニラアイスが添えてある状態を勝手に空想していた私は、既にたっぷりアメリカ人でした。

ただ、味もフカフカの食感も良かった。リンゴ風味のスフレとしては、これに生クリームかけたら大満足でしょう。

フルーツはユナイテッド航空と段違いというか... さっきからなんだかトロピカルに偏っているような気がする。
イチゴの下はマンゴーとパパイヤ。熱帯の果物に偏るのは、やはりインドネシアの宗主国だったからでしょうか?

チーズはたぶんオランダ原産のセミハード2種で、青カビ白カビ等の臭いチーズ好きな僕にはガッカリ。
チェリートマトを半分に切って添えてある... しかも熟してない。ここだけ残すのもアレだから食べたよ。

もらった飲み物はオレンジジュースとブラックコーヒーです。
ドリップコーヒーは濃くて苦めだから嬉しい。頻繁に注ぎ足しに来てくれるので、おかわりをもらいました。

お食事をしながらタッチスクリーンをいじっていて、エアショーの拡大率や表示角度を変えられることを発見。
北アイルランド上空ですが... このへんでいろいろ拡大してみたら感心しましたよ。

まず感心したのは、ボーイング787-9の緻密な再現。
KLMもUAと同じでブレードが破損しないw GEnxエンジンを採用していますが、ちゃんと排気部位がギザギザ主翼もいい感じにバンザイしてるし、なかなか再現性が高い。さらに最後部の出入口(笑)の右上には、オランダ&EUの旗!

そして、先っぽを拡大して感動しました。
見よ! このドアの丁寧な描き具合を。さらにご丁寧にスカイチームのロゴまで入れてあるし。(笑)

着陸態勢に入る前にカートが来て、昔からの恒例「デルフトハウスのお土産進呈」が始まりました。
今回、間近でたくさん見せられて初めて気がついた。このデルフトハウスのメーカーも ボルス!! でした。
・・・へたに貯め込んでると、滅びそうだな。(ぉぃぉぃ)
「友人の妹がコレクターなので譲りたいですが、かぶらないように最新のものを」と、番号が大きな物を受領。

お部屋の中はますます ボルス祀り ですね♪ >はしびゅとさん

結局30分近く遅れて到着。搭乗ゲートに来なかった客を恨みたい気分。
本来の乗り継ぎは1時間40分ありましたが、あと1時間13分。搭乗開始までは30分ちょい。
現在のスキポール空港ってシェンゲン領域外の乗り継ぎでもセキュリティ厳しいかな?と不安に。

降機してダッシュで乗り継ぎ便のゲートへ向かったら... な~んにも検問ありません。
おかげで免税売店でトルコの友人への土産を買っていく時間の余裕までできました。

次回はアムステルダムからイスタンブールへの乗継ぎ便、KL1613便の内容です。

No comments:

Post a Comment