Tuesday, January 1, 2019

İstanbul 2018 Dec. (5)

毒者のみなさま、あけましておめでとうございます。
記事連載の方はユナイテッド航空の『季節の新鮮なフルーツ』程度の季節感(つまりほぼゼロ)で、粛々と続きます。

アムステルダムからイスタンブールへの接続はKL1613便、ボーイング737-700での運航です。
もらった座席は2C。3-3アブレストでセンターシートを使わないだけの、欧州ではよくあるパターン。3列しかないビジネスクラスには7~8人しか座っていませんから、僕の隣(窓側)も空席で、3席占有できました。

接続便はオンタイム運行... と思ったら、搭乗完了がオンタイムでも雲低高度が低すぎるらしく、若干の出発遅延。
Google の出発直前ステータスですが、30分弱の遅れは着陸までに取り戻し、降機時に機長へ御礼を言いました。

シートはエコノミーと同じみたいだけど、心なしかピッチが広くて足元は快適。
でもオランダ人って長身だから、エコノミーでもシートピッチは広いのかも。

飛んですぐ配ってくれたおつまみは、スモーク風味のアーモンド。なかなか好きかも。
オレンジジュースが絞りたてフレッシュになりました。この時期に仕入れたオレンジは甘さがやや弱いみたいですが、かえってそのほうが自然な感じがして、濃縮果汁還元よりよっぽどおいしいし、パルプも適度に入っている。

ちいさなメニューを配ってくれましたが「すいません。メニューと違う皿が搭載されました」だって。
(この便、ビジネスクラスの担当は190cm以上の長身で壮年のスチュワード♂さんでした)
メニューの記載はパスタまたはチキン。「実際はパスタまたはビーフシチューですが、どっち?」って。
その二択だったらビーフシチューでしょ。受け取ったトレーはこんな。
これ、食器をプラスチックにしたらトルコ航空のエコノミーの食事みたいかも。

でもビーフシチューは美味でございました。てっぺんの薄切りビーツはあんまり好きくなかった。
ほろほろに煮込んであってやわらか。脂が多い。やっぱり脂の旨味で食べさせる。・・・冬だから?
普通の日本の老人だったら、かなり脂っこすぎて嫌がるレベル。でも僕は脂っこいのは好き♪

サラダはサッパリ... というか、風味がサッパリしすぎで、マヨネーズが強く感じた。
かなり味気ない感じで、シャキシャキの食感を楽しんだらすぐおしまい。

チーズが2切れあるのは、さすが欧州かつ酪農国家だと思いました。
デーツが添えてあります。青カビは大人しい風味で、どっちも確かに中庸な和蘭系のチーズっぽいです。

後で気付いたけど、パンがいつも「全粒粉のカイザー・やわらかめ」でした。
バターが美味しいです。オランダへ行くと驚くのは乳製品の風味が豊かで美味しいこと。

青カビはそのままで充分強い味がするから、もうひとつの中庸なチーズはサンドイッチにして。
バターたんまり塗ってチーズをはさんだ全粒粉のパン。糖質も脂質もたっぷり。

これ食べてパトラッシュに暖めてもらえば凍死しないかも... って、あっちはベルギーだっちゅーの。

珈琲風味のミニタルトがデザート。
あれ~? これがコーヒー味だと、この後でコーヒーもらえないの?は杞憂に終わりました。

トレーを下げていただく時「コーヒーか紅茶、あるいはリキュールでも?」と聞かれます。午後なので酒もあり。
もちろんコーヒーで。ちいさなトレーにクッキー添え。コーヒーはしっかり濃くて風味豊か。

あれ~? ストロープクッキーってベルギーじゃね?と思ったけど、オランダのおやつだそうです。
アメリカだと朝食のワッフルが Belgian Waffle と呼ばれるから、格子模様=ベルギーと錯覚しました。

なんだかベルギーとオランダの差が判らなくなってきた。(苦笑)

この日はまだイスタンブール新空港へ移転していません。・・・つか、移転は3月まで延期されてしまいました。
風向きのせいか、イスタンブールの中心部を飛び越して着陸するコースに乗りました。
こんな感じで、窓からイスタンブールの中心部、金角湾周辺がよく見えました。

イスタンブール・アタテュルク空港は入国審査で数百人の行列になる事もあるので「入管の Fast Track クーポンはくれないの?」って聞いたら、降機した時に外で待っていたエージェントさんがクーポンをくれました。 ところが... Fast Track に並んだら、前に25人くらいいた人のうち半数、いや半数以上がビザを取得してきていない。入管審査場の反対側で、おひとりさまあたりUS$20でビザ売ってるのに、なんとか交渉してビザ無しで入国できないか相談しようとしている。あるいは行列に並び直すのがイヤなのか、係官が「ダメ!ビザ買ってこい!」ってシッシッしても立ち去らない人が続出。係官が呼んだ空港ポリスに別室送りにされる奴が続出って、何? ありえない。みんな中東系と旧ソ連。

迎えに来てくれたアドさんに「いま前に20人くらいだから10分くらいで遭える」って電話したのに40分以上かかった。
でもようやく到着ホールへ出てきて、アドとたっぷりハグしてから車で30分かけてホテルへ送ってもらいました。

No comments:

Post a Comment