Thursday, March 7, 2019

İstanbul 2019 Feb.(6)

1日2便あるFRA/SFO線で遅い方のUA927便に搭乗しました。B787-9なので好みの座席1Dに座ります。
ウェルカムドリンクはオレンジジュースを所望。
グラスがコカコーラのペナペナなプラスチックから、厚手のグラスに変わっていますが... これもプラスチック。でもしっかり重いので、新しいうちは好感が持てます。ただし食洗機にかけると曇るようで、旧くなると残念な見かけに...。

離陸して雲を抜けたら、西の空はちょうど夕焼け小焼けなタイミングでした。
水平が取れてないのは許して。まだ上昇中だったし、揺れたし。

さて... パーサーさんが注文取りに来る前に主菜の選択肢を暗記して「第壱希望は鶏、第弐希望は魚だな」と決めて... 白髪頭のパーサーのおじさんが来たら、なんか見覚えがある。向こうも僕を見てそう思ったようでした。

パーサーさんが隣席の1Bで注文取りを終えて、僕と目が遭ったところでいきなり、

 「My first choice is chicken, second choice would be fish, please! Then, prior to arrival...」
 「待て。聞く前に答える態度で思い出した。(笑) あんたの世話するの2回目だろ?
 「そうです!前回はシンガポールへの UA1 便でお世話になりました!」
 「今日はフランクフルトからの戻りか。さすが 2MM Flyer、よく飛んでるなぁ」

手にしている、あの旧態依然としたプリントアウトで2ミリオン&食事の優先順位が判る模様。

 「ところで魚も美味しそうだから第弐希望になってもいいよ。ミリオンマイラー優先しないで」
 「そう言ってもらえると助かるよ。でも無問題で鶏のグリーンカレーを持ってくるから♪」

パーサーおぢさん、顔見知りになると律儀です。

 「あとは、到着前のミールチョイスは...」
 「あぁ、今は聞かないでおくよ。何が選べるかは後で教えてあげる。」

どういう事だろう?と、この時は思ったけど... 選択肢を追加するという離れ業をやっちまうクルーだったのだ!

そして前菜から始まりました。パンは数種類のうちからプレッツェルで。
フェンネルとネーブルオレンジの入ったサラダはマンゴードレッシングで。メニューには smoke salmon with wasabi cream cheese と書いてある前菜は、タンドリチキンみたいに食紅で染めたような魚の切り身とラディッシュにガリ生姜というシュールな組み合わせです。添えられたレモンを絞れば食べても氏にません。

お約束のグリーンカレー風味のチキン Lemon Glass Chicken が届きました。
ナプキンで皿を持って「器が熱いから気をつけて」って、ホントにめっちゃ熱かった。
割とグリーンな色調のグリーンカレー。往々にして「黄土色カレー」なんだけどね。(笑)
お味の方はレモングラスやバジルがしっかり判る、タイ風カレー&鶏のもも肉で美味でした。

ちなみに迷った魚の主菜は大鮃のロースト Roasted Haribut でした。他はボードレーズソースのビーフリブ、菜食主義の面倒な客にはバターナットスコッシュとアップルのラビオリ。でもベジタリアンでも美味しそうだよね。

アイスクリームサンデーは...「チョコソースとホイップとナッツだったっけ?」って、おぢさんCA軍団の記憶力の良さに驚愕。さらにプチフールも選べと強要され、トフィーをひとつ受け取りました。
復路のナッツはいつでもスライスアーモンドの法則。お味は見た目通り。

この後はミッドフライトスナックももらわず、しっかり寝ました。

で、FRA便のセカンドミールって、温かいチキン、または冷製ハム&チーズなんだよね。
この日はマッシュルームソースのグリルドチキン、またはいつもながらのハムとチーズ。ここでいつもなら「生ハムとメロン」+「チェダーチーズとハムのサンドイッチ」+「青カビチーズ」を楽しんで、カリフラワーとかセロリを残すわけだ。でも今日はキノコ風味のクリームソースな鶏にしてみようかな?と注文を通そうとしたら... パーサーおぢさんが、

「ミッドフライト・スナックを使った『グリルドチーズサンド&トマトスープ』もできるよ♪」
「あ、それ一番美味しそう! 僕はそれにしてください!」

そして届いたのがこちら、グリルドチーズサンド&トマトスープ、ミニサラダ添えです。
正直、白髪おぢさんCA軍団とか呼んでるけど、ミールの選択肢をひとつ増やしちゃうスキルの高さに脱帽ですよ。

そしてこのグリルドチーズサンドが凄い。トーストはサクサクでチーズがトロトロ。トマトスープも濃厚で熱々。
SIN線の到着前に朝粥が楽しいけど、このグリルドチーズサンド&トマトスープも最高でした。
ユナイテッド航空のセカンドミール(ホントはミッドフライトスナック(笑))のうちでは最高位かも。

 「このキャビンクルー・チームは機材が787の担当なんですか?」
 「はっきり決まっているわけじゃないけど、だいたいそうだね。」
 「そしたら、今年はFRAやAMSの帰りで3回、SYDで2往復、SINで7往復遭えるチャンスがあります。」
 (笑)それだけ787で飛ぶなら、今年中にまた遭えそうだね。」
 「はい。また面倒みてくださいね。グリルドチーズサンドはホントに美味しかったですよ。」
 「ありがとう。搭乗者の皆さんに喜んでもらえると嬉しいよ。また遭いましょう!」

ようやっとSFOSWのみなさんの中で、お気に入りのCAチームが決まったかも。
でももの凄い人数だから、今年また遭えるかは微妙です。もしそうなったら最高ですが。

さらに、この晩は定刻より早く到着。当初はゲートへ20分以上早着しましたが... ボーディングブリッジが接続される前に、ドアのひとつが不調で少し遅れた。ディスアームできず、そのままドアを開けたら脱出滑り台がボヨヨ~ン。(汗)



でもすぐ修理できたようで、なんとか7分早着で降機できました。

サンマテオへ向かう南行きのバスが8時3分なのでダッシュで Global Entry へ向かい「292系統のバスが8時3分!」って入国管理官の兄さんに叫んだら何も聞かずに「OK!行け!」と即座に放免してくれて、バスに間に合いました。

午後8時3分のバスの中... ムレスっぽいおっさんとケータイに大声で話すアフリカ系の兄ちゃん、そして私。
・・・そんだけ。
普通なら結構怖いかも。でもSF市内じゃなくて SamTrans だからあんまり心配せずに、無事帰宅できました。

これで2月のイスタンブール旅行はおしまい。次は2月下旬に帰省して帰ってきてるはずだけど... まだ記事掲載は未定。

No comments:

Post a Comment