Tuesday, March 5, 2019

İstanbul 2019 Feb.(5)

SFOへの復路です。

これでもうアタテュルク空港を利用するのは最後か... と思っていたけど、また移転が遅れそうな噂も。
【脱肛後追記】移転はさらに遅れ4月5~7日になるとの記事も。3月下旬はまたアタテュルク決定...。
駐機場の景色は... 手前にLCCが少しいるけど、やっぱりトルコ航空だらけ。
でも新しい空港に移転したら、きっといろいろ目新しいことが一杯で、今から楽しみです。

で、今度こそ最後だと思いながらトルコ航空のCIPラウンジへ入場。
焼き上がり立てのパニーニをもらってきました。モッツァレラチーズ入りです。

バリスタお姉さんのところからはカプチーノを。
泡こんもり点ててくれたのでチップを渡そうとしましたが受け取りませんでした。
泡がしっかりしていて、上手。チョコチップクッキーと胡桃のロクム(Turkish Delight)をもらってきました。

復路はA321-200の座席9Cで。正午すぎの瓶なのでランチメニューになっていて選択肢はパスタかキョフテ。
もちろんキョフテです。FRA発もISTから持ってきて配ってるんだと推測できるほどに味は均質。
でもIST発便のほうがサラダ(この日はヨーグルトと胡瓜)が冷えていて新鮮です。
あと、写っていないけど「コックさんのコスプレ」なキャビンクルーが熱々のパンを配布。

FRAのBゲートに着いたら、エアリンクで米国行きの便がまとまって飛ぶZゲートへ移動。
空いてるとやたら丁寧にカバンの中を捜索する、ゲシュタポの末裔に違いない意地悪なセキュリティを通過して。

Zゲートに着いたら、真っ先にUAのカウンター(LHサービスセンターの隅っこに所在)で、青い搭乗券に交換してもらいます。UAの搭乗券には TSA PRE って印刷されているので、搭乗前の最終チェックですぐに信用してもらえて質問が省略されます。Document Check の常設ブースに先に寄って、搭乗券にチェック済シールを貼ってもらって。

搭乗前の手間を先に済ませてから、ルフトハンザのセネターラウンジへ入場。
この日のスナックには、バターチキンがありました。ビターレモンと一緒に。他には平皿しかないのでスープ用のブイヨンカップにバスマティ米とバターチキンを詰め込んだけど、後で捜索したらサラダバーにボウルがあった。(怒)

お味のほうは... ファーストクラス・ラウンジのセルフサービスに置いてあるバターチキン食べた風味の記憶と遜色ありませんでした。つか、チキンカレー程度の物体はわざわざ造り別けないと思うので同じ品質だと思います。

他にはプレッツェルやカリカリした乾き物をもらってきて、スツールに腰掛けてカプチーノと一緒に。
おなかがくちくなったところで、用足ししてから本日の出発ゲート、Z20 に向かいました。
毎月通ってるから慣れたけど... UA発着ゲートとラウンジが離れてて、ちょいと不便なんだよね。

そして... ゲートに向かっていたら、FRAのUAゲートエージェント Hちゃんに後ろから「もうお帰りですか~?(笑)って声かけられました。1月もHちゃんに出逢っていて、今日は彼女がZ20のGS接待担当。僕も『FRAは私の庭』と豪語させていただけるだけあって、GS様と一緒の扱い(つか、GSの前)に優先搭乗させていただけました♪

No comments:

Post a Comment