Saturday, October 30, 2021

Arcadia (6)

10月のアテネ遠征でのランチをいっぺんにご紹介しておきます。
相変わらず、アクロポリ駅の上にある「アルカディア」へ通っていました。

他にも美味しいレストランはたくさんあるはずですが、居心地がいいのでここばっかり。あんまり年中やってくるから、ジュースやデザート、コーヒーのうち一品はいつもタダでした。うれしい♪

さて、しょっちゅう頼んでいたのがムサカです。
アルカディアのムサカが他店と違うのは、あんまり「みっしり」仕上げていないことでしょうか。

カットすると、なんとなく判ると思います…。
まず、てっぺんのベシャメルソースが異様に分厚い。全体の半分近くがベシャメルソース。

アンバランスとも思えますが、くどくないのでクリーム好き&ミートソース好きな僕には嬉しい限りです。そのミートソースも濃くてうまみが凝縮されているので、気に入りました。カットするとほろほろ崩れそうなムサカは、他店の「大きなバットにミッチリと組み上げ、四角に切り出した」まるでラザニアみたいなムサカとは一線を画しています。

その他にいろいろ試したものもご紹介しましょう。
ワイルド・マッシュルームのリゾット

特筆すべき点は無いけど、キノコのうまみでひたすら美味しい。リゾットの炊き具合も上手。あえて指摘するなら、あまりにも分量が多いので飽きてくる(笑)。僕はパルメザンをもらって、それを振りかけて完食しました。

こちら、隣席のお姉さんが食していたのを見て、あまりの「映え」に激しく嫉妬した一品。
ラムのクレフティコ Lamb “kleftiko” というギリシア料理です。

パリパリのパイ生地の間にラム・シチューを挟んでミルフィーユ仕立てにしてあります。
これは美味しかった…。もっと早くこの料理の存在を知っておきたかった!

柔らか~に煮上がったラム肉と野菜に、サントリーニ産の小ぶりなベイクドポテトが添えてあります。

この店はラム肉が美味しいのが判ったので、クレフティコの後に頼んだ一品。
ラムチョップです。

乱暴に言えば骨付きラムのステーキですが、子供のメェメェらしい、柔らかな肉質。

ラムなのでローズマリーをベースにしたスパイスが振ってありましたが… 本膳醤油を持ち込んでいました。
レモンが添えてあるので「ポン酢」を作ってラム肉に絡めたら、美味しい、日本人向けの味になりました。

他には…  ギリシア風ヨーグルトに蜂蜜とクルミ、のデザートがクリスタルで出てきたり。
ベネチアンブルーのグラスから容れ物が替わっただけで、ずいぶん違って見えます。

最後はいつもエスプレッソでおしまい。
やたらオマケしてくれるのでチップで反撃し、20ユーロ食べて10ユーロ札を置く日も。(苦笑)

ちなみに、欧州でのクレジットカードのお会計は米国のようにチップを加えられません。お会計の際に見せられた額に応じて、通常は 5~10% のキャッシュをテーブルに置くのが慣例になっています。ただ、観光客はチップを置き忘れる奴が多いようで、僕が歓迎された理由はこのへんにもあるみたいです。

「今年はおしまい。来年また来る」と不確実な約束をして、お店のみんなと肘タッチして別れました。
結局、6回通ううちに仲良しの友人がひとり出来たので、またアテネにも通いたいと思います。

3 comments:

  1. Ne zaman geliyor sun İstanbul a hamam a ter atmaya

    ReplyDelete
    Replies
    1. Gelecek yıl İstanbul'u ziyaret etmek için iki kez rezervasyon yaptırdım. Bu senin değil, benim işim. Uzak dur.

      Delete
    2. Mesajlarınız beni gerçekten hayal kırıklığına uğrattı. Bu yüzden İstanbul gezilerimi iptal ettim, Türkiye'yi ziyaret etmeyi bıraktım. Bunun yerine Yunanistan'ı ziyaret etmeye devam edeceğim. Güle güle.

      Delete