Saturday, February 9, 2019

İstanbul 2019 Jan (3)

今日の記事は短いけど、あの「行きつけの店」で驚きの展開があったのだった。

毎度毎度、宿に買ってきては午後ティーのおやつにするし、店内でもアイス添えで食べたりしているバクラヴァ。
このカラキョイ・ギュルオルーのバクラヴァの箱にも描かれている、KFCみたいな口髭オヤジが気になっていました。

そしてついに店内で実物を発見! 顔見知りになってて英語が通じる店員に「社長とツーショット撮って!」と哀願。
ナディールさんとの念願のツーショットを撮ってもらいました♪
手がゴワっててごつくて「バクラヴァ職人」の手だと思いました。

この写真... なんか改めて見ると、髪の毛以外は兄弟みたいかも。
垂れ目、太目、二重顎、胴長・・・ 共通点、大杉! (爆)

社長... 英語がイマイチで会話ができなかったけれど、シャッター押してくれた店員さんが「こいつ日本人で、しょっちゅう買いに来る」って説明してくれたので、ナディールさんも Oh! Japon!? とか喜んでくれました。店員さんに「この店でバクラヴァ食べるためにホテルも選びました。カラキョイでいい宿が見つかりました。ありがとうございます!」って僕の感謝の台詞を訳してもらって、ナディールさんも笑っていました。感激です。

店員に「後で写真をFBやインスタに挙げたらリンク張って」って頼まれたけど... アカウント無い。ブログで勘弁。

Karaköy Güllüoğlu
Kemankeş Karamustafa Paşa Mahallesi, Rıhtım Cad. Katlı Otopark Altı No: 3-4, 34425 Beyoğlu/İstanbul
Tel. +90 212 249 96 80
karakoygulluoglu.com

さて、買ってきたバクラヴァに戻って... こっちが前回写真をお見せしていなかった『カダイフ』です。
ギリシアにもあるらしいけど... 細い麺のような生地に砕いたピスタチオを包んで焼いて、糖蜜を吸わせたもの。

パイ生地みたいなバクラヴァとは材料がほぼ一緒なのに、食感が凄く違うから味も違う。
(いや... 違うって言ってもお汁粉とぜんざいくらいの差かも?(笑))

こうして毎月5泊の滞在は、少しだけ新しい事がありつつも安定した内容で、ゆったりリラックスできるんです。

No comments:

Post a Comment