Wednesday, November 9, 2022

2023 MileagePlus Premier Program

2023年度のマイレージプラス® 上級会員の要件が発表されました。
新型コロナの落ち込みから立ち直ってきたようで、かなり強気の設定です。
上級会員数が増えまくったので、思い切り絞り込むつもりなんでしょう。

詳しくは以下の URL からどうぞ。(英文)


こちらがプレミア会員レベル毎の要件。
例えば2024年度のプレミア 1K® 会員になるためには、すごく大雑把に言えば…

 ・税別 18,000 ドル使い、かつ 54 回搭乗する
 ・税別 24,000 ドル使う ←日本人的には多分こっち

このように、なかなか厳しい条件になりました。

ただ、Jumpstart your PQP balance という、最初にゲタを履かせるのも今年同様に実施予定。
例えば今年プレミア 1K なら、2月1日の年度変わり初日に 2,500 PQP をもらえるそうです。

他にも PlusPoints の期限を延長してくれたり、ご機嫌取りはあるものの、基本的には・・・
たんまりカネを払わない奴は客ではない
・・・という、明確なメッセージを伝えてくれる内容になっています。

私見ですが、毎年税サ抜きで 24,000 ドルも使うのは、来年シニアになる爺さんには無理。
こういう事になるんじゃないかと思って、がんばって3ミリオン達成して助かりました。
あとは将来、ミリオンマイラー・プログラムに鉈を入れられない事を祈るばかりです…。

【追記】
当記事には関係ありませんが、このところいろいろあってブログ記事を書けていません。イスタンブールに行ってきたしオーマイさんが遊びに来たし、来週はアテネ、その翌週が東京ですが、撮った写真は溜まる一方です。
いずれなんとかしたいですが、このブログは暫く枯れそうなので御容赦ください。

6 comments:

  1. ギリギリで2023年はPlatinumになれるのに、2024年はGoldさえも厳しいかも・・・。
    最低でもGoldは維持したいのですが。
    ミリオンマイラーになれるのはまだまだ先です・・・泣

    ReplyDelete
    Replies
    1. フルルンさん、

      プレミア上級会員の要件は上がったものの、特典発券の変更・キャンセル手数料はプレミアステータスに関係なく免除になるらしいですから、プレミア・プラチナのメリットはひとつ減ることになります。
      現在の状態は1K®でもアップグレード撃沈しまくりなので、少しは会員数が減ってくれたほうが有り難い、というのが正直な感想です。

      Delete
  2. J.P.Morgan Reserve Visa Infiniteは、Japanかシンガポールからでも発行できますか?
    コメントできなかったのでこの記事に書いてます

    ReplyDelete
    Replies
    1. Apple Card の記事でお返事させていただきましたが、J.P.Morgan Reserve Visa Infiniteカードは現在、発行要件が厳しくなりました。J.P.Morgan Private Bank に 2500 万ドル以上の投資信託預金を取引していることが条件となります。シンガポールでも日本でも、J.P.Morgan に投資信託の口座を開けて、JPMが求める預金額を預ければ発行してもらえると思います。

      Delete
    2. Apple Card利用者向けの銀行口座がゴールドマンサックスから発表されましたが利率とかはご存知でしょうか?

      Delete
    3. 残念ながら興味が無いので存じません。

      Delete