Saturday, November 5, 2022

Sotto Mare

我が家を訪れていた母と妹をサンフランシスコへ連れ出して… 最初に行ったのはイタリアン。
サンフランシスコ市の北寄り、リトルイタリー地区にある「ソット・マーレ」です。

名物の、シーフードのごった煮「チョッピーノ」が最高に美味しい店とされています。

以前は予約を取りませんでしたが… 行ってみたら「ご予約は?」って聞かれました。
思わず「いつから6人未満でも予約取るようになったの?」と聞き返しました。

受付のお姉さん、苦笑しながら「3人なら店内の一番奥のテーブルが空いてるわよ」って。
一番奥まで通されました。奥から入口側を眺めると、こんなウナギの寝床な店内が見てとれます。

オーダーを通す前に、パンと水がただちに届きました。
地元名物の酸っぱいパン、サワードーじゃなかった。
でもこの後を見越して、誰にもパンは食べさせませんでした。

母は水でいいと言うから、妹はビール、僕はコーク・ゼロで。
ビールは数種類あったけど、地ビールのスチーム・アンカー Steam Anchor を勧めてみました。
色が濃いからペール・エール系のビールらしいけど、クセもなく美味しいそうです。

で、チョッピーノを待っていたら、先にパスタが届きました。
Fettuccine with Bay Scallops  white cream sauce
ホタテのフェトチーネ ホワイトクリームソース

小さな貝柱がベイ・スカロップスと呼ばれますが、それが一杯入ったフェトチーネ。
貝の出汁が利いていて、母も妹も味が良いと感心していました。

そして、シーフードのごった煮が届きました。
The "Best Damn Crab Cioppino" with seafood - enough for two
メッチャ美味い蟹のチョッピーノ 2人前

2人前ですが、色の細い女子2名と一緒なので、少しだけ余らせました。

鍋の中を覗くと… カニ、ムール貝、エビ、イカ、ホタテ… その他もろもろ。
ここんちのは魚肉を使っていないのが自慢です。
でもその代わりに大量のペンネパスタが底の方でがんばっています。

殻付きのままなカニは苦手なので、取り分けたのが、こんなです。
見た目がグチャグチャだけど、味はイイ!

「何これ? 美味しい~!!と、女子2名が感動してくれたので、この店のチョイスは正解でした。

食べ終えて出てきたら、こんな。
コロナのパンデミックで、こういうテラスシーティングも出来ていました。
写真を撮るにはベストですが… 冷え性の女性が一緒だったので、ここは却下されました。

Sotto Mare
552 Green St, San Francisco, CA 94133
Phone: (415) 398-3181
sottomaresf.com

ソット・マーレはデザートを出しません

デザートメニューを見たい。と申し出ると『この近所で食えるデザートお勧めの店』リストを渡されます。
そこで、道のほぼ反対側にあるスイーツの店へ。(六差路なので『ほぼ反対側』)
お星様のペストリー、という店でケーキを買って帰りました。

ホテルの部屋に戻ってきても、まだ日暮れ前の夕方。
部屋で珈琲紅茶を淹れて、ここでケーキをいただくことにしました。

盛って帰って来たケーキ箱の中。
チーズケーキは妹用。美味しいそうです。
ティラミスが僕のです。さすがはリトルイタリー、と言わせる出来でした。

母はタルト地が好きなので、フルーツタルトで。
ゼリーで寄せてあるのがイヤっぽいけど、思ったよりも食べてくれました。

以上、サンフランシスコでチョッピーノを食すなら、ソットマーレの一択です。

No comments:

Post a Comment