Thursday, October 21, 2021

ATHより(6)

 今年最後のアテネ遠征にやってきました。これで6回目です。
降機して入国審査、アライバルホールからメトロに乗るまで、目をつぶっていても大丈夫かも。

宿はまたインタコ。しかも猿の部屋。

またこの紅い猿の下で、ソファに寝転んで記事を書いています。

でも今回は、角部屋をアサインしてくれました。

同じような見かけでも、確実に広い。

これがホテル7階の見取り図(一部)ですが、757号室は他より広い。
ホテルに着いて、レセプションに近づいたら… 偉そうなお兄さんが僕の名前を覚えていて、大変よく利用してくださるので、今回は広いお部屋にしますから、と言って、この757号室の鍵をくれました。

やはり「継続は力なり」というか、頻繁に利用すれば待遇が良くなります。全部 IHG のポイントで特典宿泊、しかも今年はコロナ禍なので4泊合計で7万ポイントしか遣っていません。ほとんど泥棒です。

いつも与えられる部屋と正反対の位置ですが、角部屋のおかげでアクロポリスが見えます。
夜景になるのを待って撮影しましたが… 防音効果抜群の二重窓にカーテンが映り込んで、綺麗に撮れません。
まぁ、とにかく、アクロポリスがまるまる見える部屋をもらったということで。

  §

さて、ユナイテッド航空の様子で、アップデートを少々。

まずは、大陸間横断便で販売を再開したホットミール、朝食時バージョンです。
ベーコンエッグ・チェダー クロワッサン・サンドイッチが戻ってきました。
個人的には、夕方のチーズバーガーよりも好きです。

あ、もちろん 1K なので、ユナイテッドアプリ内の会員証を提示してタダ食いです♪
アップグレード失敗しても、朝はクロワッサン、夜はチーズバーガーで幸せになれます。

あと、COVID で変わっているところは、コーヒークリームが個装で渡されます。

  §

ニューアーク・リバティ空港のお食事処はほぼ全て OTG とユナイテッドが仕切っていますが…

C3コンコースの、セゾンというフレンチの隣にできたピザ屋のメニューを見て、心臓が細動起こしそう。
ビフテキが60ドル50セント!? しかも添え物もチップも別で!!??
この画面を見て、席を立ちました。空港メシは高いけど、あんまりです。
この店の裏手にあるはずの『クラシファイド』が再開するのを待ちます。

そもそも、入口の看板にパスタって書いてあったから入店したのに…

パスタは一皿も無い!

いくらコロナ禍だといっても、嘘つきは許せません。

  §

今日は上のピザ屋の隣、C120ゲートから出発。
ワシントンD.C.ではもう書類チェックしないのに、ニューアークは厳しいです。
おかげでまた出発が1時間遅れた…。
また 2-1-2 アブレストの B767-400ER だけど、今回は 2B でセンター取れました♪(まるで秋葉48w)

で… 書類チェックで出発が遅れているからトイレに立ったら、ギャレーでアテンダントさん達に取り囲まれました。

客観的に見たら、まるで給湯室で新人をいびるお局様達みたい!(爆)

目の前に立ったアテンダントさんに問われました。

「あなた… 間違ってたらごめんね。でも先々週、後ろの方に座ってなかった?」

「あ… 先々週は 8K に座っていました」

4人くらいいたアテンダントさん達が一斉に「キャー!やっぱり!!」とか大騒ぎ。
クルーレストになっている座席から、機長まで出てくる大騒ぎになりました。

最近のユナイテッドはプリントアウトではなく、タブレットで搭乗名簿を確認できます。
おかげで「なんか聞き覚えのある名前だった」とか言われて、ちょっと感心しました。

「Mr. ObaKoba はアテネが大好きなのね♪」

せっかくだから殺し文句を使おう。w

「うん♪ でも元々はママに会うための東京行きの切符だったの。もう2年もママに会ってない

アテンダントさん達も機長さんも、一斉にウルウルです。
たとえ還暦をとっくに過ぎたおじいさんの台詞でも『母に会えない』は、響くようです。
ホントは毎晩のようにスカイプで一時間近くも長電話してるけどね。w w w

おかげで、以後は降機するまでチヤホヤされっぱなしでした。
2列後ろの 4D に座っている Global Services のお父さんが露骨に嫉妬していました。

僕にとっては、スルーされてイラッている GS が最大のご馳走でした。w

あと… あの『卵白とケールのペストリー』は、さらに劣化を重ねていました。
卵白とほうれん草のスフレだそうです。他の選択肢はリンゴを敷き詰めたオートミール。
オートミールは前回試したので卵料理にしたけど、なぜユナイテッドって卵が全滅よ!?

  §

ということで、6回目で今年最後のアテネ、たっぷり楽しんでまいります。

これが終わったら、来月からは隔週でバルセロナ遠征です。
そっちの機材も B767-400ER なので、また同じアテンダントさん達に逢いそうな悪寒。(笑)

Thursday, October 14, 2021

United's New Routes 2022

ユナイテッド航空の2022年国際線就航先が判りました。
ここの毒者さんに一番関係しそうな、羽田線の復旧から。

東京・羽田  ⇄  LAX(ロスアンゼルス)、EWR(ニューアーク)、IAD(ワシントン・ダレス)
 2022年3月26日から運航。オープンdeスカイ協定により全日空に丸投げしていた路線が復旧または開設されます。

他に復旧する路線は:

 ・シカゴ・オヘア  ⇄  チューリヒ   4月23日から
 ・ニューアーク   ⇄  フランクフルト 4月23日から 1日2便
 ・ニューアーク   ⇄  ニース     4月29日から
 ・サンフランシスコ ⇄  バンガロール  5月26日から

新規開設される路線は5つ発表されています。

 ・ワシントン・ダレス  ⇄  アンマン  5月5日から、B787-8で
 ・ニューアーク  ⇄  ポンタ・デルガダ(アゾレス諸島) 5月13日から、B737MAX-8で
  ポルトガル領のアゾレス諸島へ約6時間のフライトです。
 ・ニューアーク  ⇄  ベルゲン(ノルウェー)5月20日から、B757-200で
 ・ニューアーク  ⇄ パルマ・デ・マヨルカ(スペイン)6月3日から、B767-300ERで
  今まではバルセロナで乗換える必要があったマヨルカ島へ直行です。
 ・ニューアーク  ⇄ テネリフェ島(スペイン)6月9日から、B757-200で

増便や新規接続路線は、5つあります。

 ・デンバー       ⇄  ミュンヘン
 ・シカゴ・オヘア    ⇄  ミラノ
 ・ワシントン・ダレス  ⇄  ベルリン(ブランデンブルグ・シン空港)
 以上みっつが毎日運行。

 ・ニューアーク  ⇄ ダブリン
 ・ニューアーク  ⇄ ローマ
 以上ふたつは増便され、1日2便運行となります。

いま隔週でニューアーク・リバティ空港かワシントン・ダレス空港経由でアテネへ通っていますが、大陸横断便はいつも満席で、空港内もラウンジも混雑してきました。航空会社にとっては活況を取り戻してきたので、夏に繰り出す観光客を目当てに、ポルトガル領やスペイン領の観光地へ飛ばしたり、欧州の大都市へ増便したりする模様です。

またコロナの強烈な変異株が出てきて蔓延しない事を願うばかりです。

Thursday, October 7, 2021

ATHより(5)

アテネへの第五回遠征にやって来ました。

ワシントンD.C.と違い、ニューワーク便は、かつての p.s. サービスがあった路線だからか、到着前のスナックが豪華。
まるで欧州の朝食か、ワインのお供みたいにハム、サラミ、チーズにフルーツとクラッカーが出てきました。

EWRでは、いつも52分のトランジットで大汗かかされているので、一本前の便にしたら… 今度は2時間暇つぶし。
United Club の近くのゲートに着いたので、入場してコーヒーと軽いスナックをもらってきました。ニューアークの空港ラウンジは大混雑していました。まだ閉鎖中のラウンジがある一方で、旅行客は激増中の模様です。

COVID下のラウンジオペレーションで良くなったことは。スナックが個包装してある点です。リンゴもビニール包装されていて、野菜スティックやスープもご同様。

大西洋横断はビジネスクラスに乗れたものの、昨日からB767−400ER にシップチェンジ。
ちょいと年季の入った機材で、電動操作のシートもエアショーもシン・ポラリスビジネスクラスを体験している乗客には『古い機材』としか写りません。いちおうメニューを少しだけ変更していました。ビーフショートリブも手を入れてあったようだけど、シャケが選べたので、そっちに。ふだん、しゃけは養殖物で好きくないけど… 適切なハーブの使用で悲惨ではなかった。

投宿先はいつものインタコですけど… 610号室は左右対称でした…。
いつも左側にあるものが右側にあってウザいと感じるのは僕の脳が劣化したから?

窓からはアクロポリスが微かに見えます。

バスルームは清潔で、シャワーの水量.水圧が高くて文句無しです。
シャワーの操作が左右逆に配置されているのに、温度調整や水量調節のダイヤルがそのままなので、要訓練。(笑)

執務机もサカサ向いてます。でもこの部屋も Wi-Fi アクセスポイントが机の目の前の壁にあって便利。
土曜の午後に帰国のためのコロナ抗原検査を受けますが、無問題に速いです。

Wi-Fi アクセスポイントが目の前にあるから、ネット接続は速い。
上下 120M ps、PING 5ms と優秀なので、帰りのコロナ抗原検査を受けるビデオ通話も安心。


時差ぼけで目が覚めてしまったので、導眠剤を飲んでこれからしっかり眠ります。