Sunday, May 19, 2024

United Safety Video 2024

ユナイテッド航空の安全ビデオが新しくなったらしいです。儂は暫く乗っていませんでしたが、来週は成田行きの UA837 に搭乗予定なので、ホントにこれになってるか確かめてきます。

・・・てか、UAに乗ったら今後暫くはこればっかり眺めることになるわけ? なんだかなぁ…。
ようつべに堕ちていたのは、ボーイング 777-200 用のバージョンでした。

最初は撮影セットの全体をざっと見せてくれますが…
今回のテーマは『青い玉 Blue Ball』です。

セットの中に設置された軌道を、青いボールが走り回ります。
セットの壁を、こんな感じで飛び回っていたり。

で… なんだか NHK の『ピタゴラスイッチ』みたいだと思っていたら、最後までピタゴラ風味。
青い玉はUAロゴの中に飛び込んでいって・・・

・・・ピタゴラフィニッシュです!
NHK教育テレビジョンを御覧の毒者さんは、めっちゃパクリっぽく感じることでしょう。

なお、英語で複数形Blue Balls というと…

 『すっげーたまってる
 『おきゃんたまが重い
 『いきそうでいけない
 『ものすごくやりたい

…等の意味を表す俗語になります。

要するに『臨界前核実験』みたいな。(笑)
(Blue balls は医学的に epididymal hypertension を指すようですが、俗語ではこうです)

ユナイテッド航空は、この俗語を気にしないみたい…。ゲーム屋の業界用語だった?

個人的な体験で、ゲーム会社勤務時に『ギザギザ青鼠さん』主演のゲームで…
 『ソニックは青い玉を集めます
…というステージになっているタイトルがあって、「こんなものアメリカで子供に売れない!」ってサンフランシスコから抗議が来た事がありました。(当時はまだ東京本社勤務)

この安全ビデオを YouTube で御覧いただく場合は、こちらからどうぞ。


念のため、低画質バージョンも上げておきます。

Friday, May 17, 2024

Cars in San Mateo (3)

このままだとまたひとつの記事にコメントが 17 個もくっつきそうだから・・・

朝粥を食べに行った時に見つけた豚鼻その他を、引き続き御覧に入れます。
今日は、まっくろくろすけ とお揃いの『ぐるぐる扇風機』ロゴが付いたクルマを発見!

ロゴはいいけど… ぁぁ、これも酷く大きな鼻の穴、しかも下に長い。
でも下手に鼻の穴を銀色とかしない方が、ちょっと安心なデザイン。

バイエルンモーターは、今後暫くはこれで売り続けるつもりでしょうか…。

これが、ぐるぐる扇風機を後ろから見たの図。
煙突が4本も生えています。まるでスポーツカーです。

電動ではなく、ガソリンをぼんぼんに燃やしまくる気まんまん♪

でも… でも… こんなにスポーツカーみたいなのに…
なんでコンソールにドナルド??

こないだの、かわうそさん@ランボルギーニ 同様に、サンマテオのカーオーナーは変態揃いです。

で… 少し歩いていたら… また青い豚鼻がいた!!
同じクルマが移動してきたかと思ったけど、ロゴマークとドナルドの不在で見分けが付きました。(爆)

そして… さっきのぐるぐる扇風機の隣にいたのが、トヨタのスポーツカー。
スープラという、これもガソリンをぼんぼん燃やして進む、地球にやさしくないクルマです。

そして… ひとついたら近所に30匹はいる、の法則で…
駐車場を抜けたところに、もひとついました。
売上げが5兆円を超えるだけあって、こんなクルマでもよく売れているようです。

あと、同じトヨタでも初めて見たクルマが、これ。
この先っぽの電動車マークは、初めて見ました。

こんなの、あったんですね…。
年式がやや旧そうなクルマでした。

おもらししながら走る』ミライは見かけますが、これは初めてでした。

そして今日のカッコイイクルマは、大勝軒ラーメンの前にいた、これです!
何で黄色よ!?…とかいう前に、どうやってこうやって駐車したのか、凄く不思議。

このフェラーリって・・・こっちが前?(笑)

あとは馬ロゴつながりで、アメ車も久しぶりに見かけました。
よくよく考えると、よく見かけるアメ車ってテスラばっかりです。

やはり平均世帯年収が 20 万ドルを超えるサンマテオって、少し異常かも。
(でも近所にはパロアルト等、もっと金持ちだらけの街もたくさんあります)

そして今回の『。』は、こちら。
たぶん『レクサスの宅急便』なんでしょうが… ぁぁ…一文字納まりきれなかった

以上、自宅から朝粥を食べに行くまでの距離でこんだけ撮影できています。
ネタになりそうなクルマを探して遠回りしたりしていません。凄いぞサンマ!(笑)
サンマテオって、まるで大黒パーキングエリア??(爆)

Tuesday, May 14, 2024

Cars in San Mateo (2)

岡山方面から「もっとサンマテオの豚を見たい」というリクエストがございました。

『さん太』でチップ込 26 ドル(このへんでは相場)の豚頬肉ラーメン・とんこつ黒マー油を食した帰り道…
いました! 
またメッチャ鼻の穴のデカい、それなのに穴を塞いである西ドイツの電気自動車!!

この日の電気自動車は、豚型ではなく、クーペっぽいカタチをしていました。
ドアが4枚もあるし、ハッチバックなのでグランクーペってやつでしょうか?
真っ先に変だと思ったのは、塗装。
西ドイツのクルマのくせに、英国車のシンボルカラーであるモスグリーンです。

車種はi4だそうです。よく存じませんが4シリーズの大きさという事でしょうか?
この國のクルマは、やはり銀色に塗ってほしいです。

それにしても電動車が増えてきました。
やはりサンマテオは高所得で意識高い系がたくさん棲んでいるようです。

以前、友人のマリリンさんに意識高い系のクルマは大嫌いと伺いました。

「あたし、プリウスとか大っ嫌い!環境に配慮した持続可能な社会を目指してますとか、大嫌い!
「あの… 我が家の『きんさん』もハイブリッドなんですけど…」
「あんたんちのレクサス、エンジンはどのくらい?」
「確かV6で3.6リッターだったと…」
「そういう、えげつないハイブリッドは、いいのよ♪」

きんさんは『えげつないハイブリッド』で、地球に優しくないから許してもらえました。

引き続き駐車場を歩いていたら… きんさんの従姉妹が置いてありました。
日本では「ハリヤー」という名前で売っているクルマです。

きんさんの売られていた時代、日本できんさんは「ハリヤー」でした。
でもレクサスブランドが RX を売り出したので、ハリヤーは再設計に。

そして、アメリカでのハリヤーの御銘は…『便座』です!!
にしても、なんで便座かな? 
商標がかぶったか何かで、ハリヤーのまんまじゃ売れなかったのかなぁ。

・・・と思いながら、さらに歩いていると… またクーペっぽいカタチの豚鼻が!?
さっき見かけた深緑色のより少し大きいです。こっちは6シリーズの大きさでしょうか?

尻にi6って書いてありましたが、フロントグリルがやっぱり大鼻で逝っちゃってます。
何このデザインは?? こういうのを『ヲラヲラ顔のクルマ』って言うんでしょ?
色が まっくろくろすけ に似ていますが、縁取りが銀色なのでなぜか安心できます。

駐車場の中を歩いて、電気豚を2頭も収穫できてホクホク。

あとはカッコイイクルマを御覧にいれなくては… でも、いなかった。
なので、前日の日曜に撮影してあった、青いミアータで。

お隣のカスタマイズショップの顧客のクルマが路駐してありましたが…
大きな羽根を付けてるのは日本でもよくあるでしょうが、何この日本語は??

GOHAN  ・・・って、どういうこと??
隣のカスタムショップの兄さんと Hi! とか軽く挨拶したけど、怖くて聞けませんでした。

これ、もしかして… やっちまってる??

以前ゲーム会社に勤務していた頃、バグ出し担当のテスター姉さんに腕のタトゥーを見せられました。

「ねぇ、これって Friendship って意味でしょ?」

そう問いかける彼女の腕には…

 ともださ

ぁぁ、やっちまった… 「ち」が左右反転してる!
怖くて、可愛そすぎて、真実を伝えられませんでした…。

きっとこの GOHAN も、Cuisine とか Gastronomy とか書くべきなのを、誤訳で白飯と表記しちゃった?
アメリカってこういうのが、あるある過ぎて残念です。
でも日本が好かれてるわけだから、まあいいや。(ぉぃぉぃ…)