Monday, June 27, 2022

Le Corbusier House

トラムに乗ってやってきたのは… ル・コルビジェの家  Pavillon Le Corbusier です。
ルービックキューブをモチーフに建てられたという家は、確かに…。

でも、ル・コルビジェっぽいし、ウォールウインドウがいかにもスイスっぽい。
ここ、ル・コルビジェ ハウスは Zurich Card を提示すると入館無料になります。CHF12 セーブできました。

入るとこんな景色。新緑の時期なので窓外が美しいです。積雪の時期も綺麗なのかも。
こういう場所は、スイスの先生には案内されませんでしたから、新鮮です。

すごくコンテンポラリなキッチン。
実際の使い勝手はどうだか判りませんが、動線は悪くなさそうです。

広々としたダイニング?が拡がっていますが… だんだん柱の太さが気になってきました。
この広さで、こんな鉄骨で充分な強度が出ているのか、なんとなく心配。

しかも、近寄って見てみると… こんなでした。アメリカのツーバイフォー工法のほうがよっぽど丈夫そうに見える。
薄っぺらい L 字型の鉄骨をボルトとナットで締め付けて強度出してる… 山岡さん、私なんだか怖いわ。

みんなこんな。これじゃ… これじゃ… まるでプレハブじゃないか!!
見学者が少ないからいいようなものの、入場制限しないとペシャンコにならないか心配。

さらに、コンセントの差し込み口が独特です。
床から貯金箱郵便ポストの赤ちゃんみたいなのが生えている?と思ったら、AC電源。

・・・神は細部に宿る。←ほぼ諦観w
まぁ、これはこれで、いいかも。浸水して床が水浸しになっても、漏電しないしね。

中庭に出ると…
ルービックキューブというより、写真大でやらされたカラーコンポジションの練習みたい。

階段はふたつあって、グルグル方形に廻って昇り降りする階段はこれです。
造形的には美しいです… 細い鉄骨のペナペナな建物にマッチしていると思います。

それと、この建物って… 冷暖房が大変そうだと思いました。

階段を上がってみると、こういう景色が展開しています。
なんか、誰かが住むという事を想定しているとは思えないんですが…。

こんなに広々した空間があるけど、鉄骨が無様に感じるのは僕だけ??
でも、これはこれで・・・(以下略w)

新緑の窓外を眺めながら、リラックスできそうですが…
なんか、使い古されて禿げちゃってるのがイタすぎます。

来た時期が良かったので、絵にはなります。
スイス人って、ホントにウォールウィンドウが大好きだと思います。

ダブルペーン(二重硝子)なので断熱性は確保されているんでしょうが、掃除とか大変そう。

ベランダ相当の場所に出てみたら、ここはさらにカッコイイ。
座ったら気持ちよさそうだけど… う~んって背伸びして、うっかり寄りかかりすぎたら下に落ちそうな設計。w

ベランダからはスロープで上下できるようになっていました。
多分後付けでバリアフリー化を果たしたんだと思います。

スロープから1階へ降りる時の景色。
まさにルービックキューブみたいで、ものすごくカラフル。

このスロープで、そのまんま地下へも降りられます。
内側はシンプルな、コンクリ打ちっ放し風。

地階は… やっと美術館っぽくなってきたというか、ここだけ展示場っぽい。
ビデオ流してたり、資料文献を雑に並べてたり。

ぁぁ… なんだかアテネの先生が好きそうな絵もあるし。
とりあえずカラースキームはきちんと揃えてあるので、美術系の学校を出た人間には気持ちイイです。

さっきの角回り階段の地下部分は、こうなってました。
奥の赤い扉のあたりにおトイレがありますが、男子用は足でセンサーを踏むと流れる不思議なトイレでした。

本棚に、この建物についての書籍を発見。
ルービックキューブよりも、それを持ってる「目の座った柴咲コウ」みたいな姐さんが怖い。

Zurich Card のおかげで、無料拝観できました♪ もしも CHF12 取られていたら… 微妙。
湖畔を歩いていてここまで来ちゃったら、観て損は無いと思います。

Pavillon Le Corbusier
Höschgasse 8, 8008 Zürich, Switzerland
+41 43 446 44 68
pavillon-le-corbusier.ch

歩くの大好きアテネの先生… ホテルまで、また歩いて帰るハメになりました。
まぁ、健康にはいいんだけどね。でも日曜日で、ヒトが少し大杉。もちろんマスク皆無。

僕はジェラートの屋台を発見!!
マンゴーのジェラートを買って、上機嫌でホテルまで歩いて帰れました。

もし何も口に含まずに歩いていたら、だんだん毒づくようになって先生を困らせたと思います。(爆)

Saturday, June 25, 2022

Mont Martre (2)

日曜日の朝。最初は「連日の雨」という予報でしたが、僕の晴男くんパワーで雨は降りません。

朝食にやってきたのは、またもやモンマルトル。
前回美味しかった「テタテあさごはん」ですっかり気を良くして、また来ました。

同じお姉さんがいて、まずはコーヒーからスタートして… 
源氏パイ付きのコーヒーが美味しい。ホテルのネスプレッソとは、やっぱり違う。

今回はこのへんに腰掛けています。
店の前の看板にひかれてまた来たんだけど… 僕はすっかり誤解していました。
オーダーをかける時になって、ひどい誤解に気づきました。

「僕は是非 boeuf bourguignon(ブルゴーニュ風の牛ワイン煮)が食べたくて♪」
「・・・今朝は無い。」

お姉さんに、つっけんどんに断られました。
「え?déjeuner って、デサユノ desayuno(スペイン語で「朝食」)じゃないの?」
「違う。フランス語ではランチ。それに今日は日曜、もう無い。昨日売り切れた」
「そうか~。ざんねん」

ちゃんと伺ったら… ブッフ・ブルギニオンはランチ&ディナーの品で、なおかつ日曜はディナー営業しないから仕込んでいないとの事。次回またチューリヒに来たら、是非ここんちのブッフ・ブルギニヨンを試してみたいです。

気を取り直し、他のアイテムでオーダーを通しました。
アテネの先生はすかさず「Wi-Fi パスワードを教えて」って…。
先生、僕の iPhone にも Wi-Fi 接続してくれました。

せっかくなので、速度チェックだ!
PING 反射 7ms、下り 26.5 Mbps、上り 33 Mbps でした。B&B として充分速いと思います。

お願いした朝ご飯はすぐに出来上がりました。
Croque-madame with salad クロックマダム、サラダ添え

おおきな切り口のフレンチバゲットで焼き上げたクロックマダム、初めてみたかも。
目玉焼きが載ってて、その下でチーズが焼けてとろけて、これは美味しそうな朝食。

僕はキーシュがあったので、それにしました。
Vegetable quiche with salad 野菜のキーシュ、サラダ添え

我ながら、朝からベジタリアンなアイテムを選んだ自分を老いたと思いました。(笑)
でもこのキーシュ、みっしり出来上がっていて凄く美味しい。
たった一切れでもおなかいっぱいに感じられました。

チューリヒ中心部で「どこで食べようか?」って迷って、フレンチで良かったらここはお勧めです。

Montmartre
Weggengasse 4, 8001 Zürich, Switzerland
+41 442 11 19 20
lemontmartre.ch

食後… アテネの先生が「この坂を上っていこう」って提案して…
イヤイヤ後をついていったら… 坂の上にあった教会の前で、警察のブラスバンドが演奏準備中。

なんか、演奏前に記念写真を撮ってるし…。
制服フェチな僕は、きっと目を輝かせてこの写真を撮っていたと思います。(爆)

まずはバグパイプの演奏から始まりました…。
性差別する気は毛頭ありませんが… 女性がバグパイプ隊にいるの、初めて観たかも。

警察隊の演奏を暫く聴いた後、トラムで湖畔の建築物を見学に向かいました…。

Thursday, June 23, 2022

Zur Sonne

4人でディナーにやってきたのは、ツー・ゾンネ Zur Sonne、おてんとさんへ、という名前のレストランです。

ここはスイスの先生と頻繁に訪れ、先生がチューリヒから引っ越す前にもやってきた思い出のレストランです。
店名のとおりに、お日様マークの看板が青空に映えます。

レストランは1階(日米では2階相当)になります。
上写真の入口をくぐったら、急めな階段をヒーヒーと昇ります。

予約がある旨を告げたら、テラスでいちばん奥のコーナーを「予約席」としてくれていました。
さっそくメニューを開いて、各自好きなものを注文するんですが… 会話が弾んでちっともオーダーが決まらない。

でもなんとか全員のオーダーがまとまって、飲み物などから届き始めました。

クリスさんが注文したのは… スタウトかと思ったら、これが一番濃い地ビールだそうです。
見た目はほぼスタウトみたい。僕がよく頼む白ビールとは逆側にいるビールみたいだね。

で、僕はまたもやノンアルコールのビールで。
アルコールが入って無いけど、ビールとしてはなかなか美味しいです。

アテネの先生は生ジョッキ、ウルズラさんはアイスティーを頼んでいたけど、撮影し忘れました。
あと… 僕ひとりだけサラダを注文しちゃって、みんなより先に一品やっつける状況に陥りました。

そして、ウルズラさんの主菜が到着。
これ何だったか忘れた。メニューで再確認しようとしてもマッチするのが見つからない…。
確か、ロールキャベツみたいなもんだったでしょうか。

クリスさんは、これです。レシュティですが、グラウビュンデン州 Graubünden の州旗が立ててあります。
Bündner Rösti  mit Zwiebeln, Knoblauch, Mangold, Bündner Trockenfleisch und mit Käse überbacken
Grisons Rösti  with onions, garlic, chard, Bündner dried meat and baked with cheese
グラウビュンデン風レシュティ タマネギ、ニンニク、チャード、ビュンデン風ハム、チーズとともに

いろいろ載っていて美味しそう。特にとろけたチーズがレシュティにあいそうだし、ニンニク入りもいいよね。

アテネの先生は不案内なので、チューリヒ名物を僕が選びました。
初めて来た時にスイスの先生に選んでもらったのを再現した形です。

「子牛のレバーは食べられる?」
「レバーは好きだよ」
「そしたら、チューリヒ地方の名物料理とレシュティの組み合わせを勧める」
「それそれ。是非試すべきだわ」と、ウルズラさんもお勧め。
「ちゃんとレシュティも付いて来るよ」
「君は何を食べるの?」
「僕はロックフォー、青カビチーズ入りのレシュティ♪」
「あ、僕も青カビチーズのレシュティを食べたい!!」

ウエイトレスさんにお願いして、添えられるレシュティを青カビチーズ入りにしてもらいました。
Kalbfleisch ”Züri – Gschnätzlets” (Kalbfleisch) mit Rösti
チューリヒ風子牛のレバーソテー、ロックフォーチーズの入ったレシュティ添え(カスタム)

ほんんん~~っっっとに青カビチーズが好きな、アテネの先生。
好きなものがあると知ったら、絶対それ食べるって譲りません。

かなりストライクゾーンなお食事だったみたいです。会話が少なくなって、どんどん食べ進んでいました。

で、僕は青カビチーズのレシュティです。サラダも含めて5年半前に食べたのと同じものをリピート。
Roquefort Rösti  mit Zwiebeln, Knoblauch, Roquefortkäse und Birnen
Roquefort Rösti  with onions, garlic, Roquefort cheese and pears
ロックフォーのレシュティ オニオン、ガーリック、青カビチーズに洋梨

懐かしい味です。名物とはいえ、ここのレシュティは抜群に美味しいです。
ウルズラさんとクリスさんにも地元の名店を選んだって、感謝されました。

デザートは… ウルズラさんと僕は「アイスコーヒー」を注文。残る男子2名はコーヒーを。
アイスコーヒー Eiskaffeeです。

スイスで『アイスコーヒー』って頼むと、モカアイスクリームが出てくるんだよ。というのを実証しました!(笑)
ここんちのは単なるモカアイスではなく、パフェ仕立てなので大変豪華で、美味しく頂戴いたしました。

Restaurant zur Sonne
Marktgasse 13-15, 8400 Winterthur, Switzerland
+41 52 213 00 50
zur-sonne.ch

  §

コロナ禍もあって、ほぼ10年ぶりにウルズラさんとクリスさんにお目にかかれました。
今度またスイスか日本で再会出来ることを心待ちにしています。ありがとうございました。

お二人とはヴィンタートゥール駅前でお別れし、帰りは各駅停車でホテルへ帰りました。