Saturday, July 13, 2024

Something Weird in Barcelona

今日もまだバルセロナの、シン・ホテルインディゴに泊まっています。

部屋に帰ってくると、ハウスキーパーさんが部屋全体を綺麗にしてくれるんですが…
トイレットペーパーが、毎回こうやって『封緘』してあります。
(ぁぁ…最初の写真が便器見世…)

たいして使わないうちに交換してくれるのがもったいない。でも、それより気になる…
封緘が、ドリームキャストのロゴにしか見えない!!

こういうのって、PTSD って言うんだよね、きっと。 もう一生引きずるだろうね。

そして、毎日配給してくれるミネラルウォーターが、これなんですが…
銘柄が気になる。

何この揉んだ栗鼠って名前は!? 瓶を抱きしめているシマシマの人は…瓶を揉んでる?
チリのサンティアゴにあるレストラン『馬鹿な栗鼠』を思い出しました。

Wikipedia で揉んだ栗鼠を調べたら…ポルトガル北端に接するあたりにある自治体の名前らしいです。スイス国鉄みたいな腕時計を造っているのは『揉んでイイ』だし、下賤なバイアスで間違って聞こえるのは、66年も生きてきて心が汚れきったせいだと思います。…過去の仕事のせいで PTSD もあるみたいだし。(笑)

あと、スペインで見かける『変』なもの。

ペットボトルのフタが、完全には外せない!
憶測するに…これってフタだけ散らかしてマイクロプラスチックの原因になるのを防止してる?

紙ストローもそうだけど、不便かつ不快なのでやめてほしいです。申し訳ないですが、若いみなさんは我々が撒き散らしたゴミや二酸化炭素だらけの世界を頑張って生き抜いてくださいね。

  §

そういえば、KFC にも行ったけど、ゴミの分別収集がすごかった。

 ・生ゴミ(オーガニック Organic って書いてあるw)
 ・紙 = コップもストローも、ランチョンマットもナプキンもここ。
 ・その他 = 僅かなプラスチック。ケチャップの袋とかくらい。
こんだけ分別させるのに、飲み残しや氷 = 常温での液体を捨てる場所が無い!!
しかも、分別して捨てる場所がフロア全体に分散して配置されている。って…
良い子にゴミ捨てすると、地下一階の全体を歩き回ってから退室するハメに。

・・・ちゃんと歩き回ったよ。氷は困った末に、便所に流したよ。(怒)
そもそも氷は有機物 organic じゃないし、分類不可能じゃないか!
有機物で汚染されているからって、鶏の骨や食い残しのポテトと一緒に捨てるのはちょっと…。

  §

バルセロナというか、スペイン土産でオヌヌメされているのが、こちら。
プリングルスの『生ハム風味』です。

お土産になるか自信がないので、一個買ってきて試しました。
これ、馬鹿舌のアメリカ人には BBQ 風味との違いが分かりません!
あと… プリングルスって、こんなにしょっぱかったっけ!?
心疾患や高血圧のある方には、猛毒のお土産になりそうで怖すぎます。

お土産は『チョコボール』みたいな名物にしておきました。
これだって糖質や脂質で充分に毒ですけどね。www.

さらに、ファンタにはイチゴとかパイン+グレープフルーツとか、変そうな味が。
もしかしてこの『エキゾチック』は美味しいかと思って購入 → 撃沈。(泣)
薄〜いオレンジ味に、人工のパイナップルやパッションフルーツ風味が乗せてありました。

そうそう。マックには白身魚のフライにタルタルソースを使った、世界共通のフィレ=オ=フィッシュの他にも、なぜかスペインだけで昔から売ってる、MacPescado という、魚フライにケチャップを塗った DQN なサンドイッチも選べました。…ゼッタイ買わないけど。

まだスタバを試してないなぁ。変なもの売ってないかみてこようかな♪ www

【記事脱肛後追記】

これ書き上げてから、スタバってきました♪
特に変そうなものはないけど… お品書きはカタルーニャ語と標準スペイン語でしか書いてない!
これってオーバーツーリズムの影響で、旅行者に厳しいわけ? でも国内旅行者だっているだろ?

ユナイテッド機内に続き、ここでもコールドブルーにしました。だって英語のまんまだから。(笑)
スタバのコールドブルーもユナイテッドみたいに、そのままではブラックコーヒーでした…。
そんで、受け取り時にコーヒーフレッシュwを入れてもらいたくて…

「こん、なた。ぽるふぁぼーる』って言っちゃた!

しまった。ナタはイタリア語だった… と思ったら、普通に通じました。
カタルーニャ語では、クレマと言うよりナタの方が一般的らしいです。

思うに、イタリア、カタルーニャ、スペイン、ポルトガル語は…北海道から沖縄までの方言みたいなものです。


【記事脱肛後さらに追記】

いま、最終日の日曜日ですが…

カフェで現地の人とカタコトのスペイン語対カタコトの英語で会話してて…

「そい・で、エスタドス・ウニどす」(米国から来た。の意)

…って伝えたら、耳を疑うような台詞を聞きました。

「トランプが鉄砲で撃たれたぞ!」←とても嬉しそうに話す奴

うそでしょ!?←とても嬉しそうに聞き返す奴

あわてて iPhone から Yahoo! News…. 見えません!!
欧州経済圏ではヤフーのニュースが撤退していました。

仕方がないので、goo のニュースで・・・
右耳を撃たれたんですね。惜しかった、あと数インチ。…と思った毒者が一杯いそう。

この写真を見て思ったのは、

 1.ガッツポーズしているのが、あざといと思う。これで「ほぼトラ」確定か?

 2.もし左耳だったら、TNR* 処置済みの『さくらみみ』みたいだった。
   *TNRとは: Trap, Neuter, Release =野良猫の去勢処理のこと

 3.この怪我のせいで、さらに壊れてしまって・・・
   a)全米ライフル協会と別れて銃規制に走る
   b)相互護身のため全米国市民への銃保持を強制する

なんだか、3ーb の方向へ向かいそうで、今暗い未来しか見えません。
日本もヤバいから、スイスあたりに引っ越そうかしら…。←やや本気

Thursday, July 11, 2024

BCNより

バルセロナに来ています。

ホントはバルセロナに来る前に帰省していて、岡山の先生のバースデーをお祝いしたり、箱根に家族旅行に出かけたり、いろいろイベントが盛りだくさんでしたが、写真を変臭していません。ごめんなさい。で、何もやってないうちに次のバルセロナ旅行がスタートしちまった。というわけです。

【記事公開後追記ここから】
 最初の写真が記事のサムネイルになるから、暑い中をわざわざ1分も遠回りしてきたよ。
 エスパーニャ広場 Plaza Espanya です。桜田家族教会のほうがバルセロナを代表するんだろうが、暑いし観光客だらけだしで、あんなところまで行く気にはなりませんでした。
【記事公開後追記ここまで】

  §

最高気温が 32℃というのは、日本在住のみなさんにはなんともないでしょうが… 儂ゃ、氏にそうぢゃ!
サンマテオもそのくらいの暑さになるけど、本当のホンモノの地中海の方が湿気があって、暑いのぢゃ!

そんなわけで、あんまりバルセロナ観光していません。
ここは観光客が来ないような場所の市場なんですが…。
でも、それなりに観光客がいました。

先週はオーバーツーリズムが酷すぎてブチキレたバルセロナ市民のみなさんが「観光客は帰れ!」ってデモをやって、観光客に水鉄砲で水をかけたりしたらしいです。アメリカだったら普通の鉄砲で撃ち返されて氏んでも全然あたりまえなので(ぉぃぉぃ)、ある意味平和ではあるんですが…。

一番参ったのは、冷房が効いていないこと。たぶん28℃あたりにしてあります。
着いて、入国審査場からもう暑い。地下鉄のホームは人いきれで蒸し暑い!!
もっぱらバスで移動していますが、時間帯と系統によっては観光客だらけ!(儂もぢゃが)

  §

この夏から、ユナイテッド航空が SFO ⇄ BCN 直行便を就航させたので、乗ってみたのぢゃ。
ちなみに、安全ビデオは前記事の『青い球』な奴になってる。成田線でも同じでした。

さらに7月からは、illy のコールドブルー cold brew 水出しコーヒーを出してくれるのぢゃ!
プレミアムキャビンでは無料だけど、メインキャビンでは有料。儂ゃ 1K だからどのみち無料♪

ビバレッジのカートが来て、アテンダントの兄さんに「お飲み物は何がいい?」って聞かれました。今回は最前列の 1L に座っていたので、売り切れにはなっていないはず。在庫を聞きました。

「今日は illy のコールドブルーを積んでる?」

アテンダントの兄さん… 1〜2 秒考えた後にニマニマと微笑みながら「ございますよ〜♪」って。
illy cold brew Classico は、ブラックコーヒーでした。
あの…初めてなので 日本語で 氷もクリームも抜きで、そのまま。

感想は: 普通に濃い目のアイスコーヒーです。次回は氷とクリームも忘れずに所望します。

  §

ノンストップのフライトでバルセロナって、いいわ〜。スタミナ温存したままで着陸です。

着陸ちょっと前には、いつものように海側からバルセロナ市街が一望できました。
この写真、コントラストとシャープネスを引っ張っています。
そのおかげで、桜田家族教会、Wホテル、ランブラス通り、動物園等が見てとれます。
(上写真右隅中央に桜田家族教会が。左下のほうに横浜インタコみたいなWホテルが見えます)

そして今回泊まっている宿は、ふたつめのホテル・インディゴ。
最初のインディゴはアシャンブラ地区にありますが、ここはエスパーニャ広場のとなり。
地下鉄のエスパーニャ駅に近いし、空港バスは最初の停留所で便利至極であります。

以前は IHG チェーンに加盟していない宿だったのが、内装をリフレッシュしてインディゴに変身♪
おかげでまぁ、デコレーションがヒップホップ。おじいさんはいたたまれません。

お部屋は IHG プラチナのおかげでプレミアムルームになりましたが…インディゴですから。
でもブランド変更して内装をリフレッシュしたおかげで、部屋は清潔そのものです。

シン・インディゴ併設のレストラン『リバーシブル』で夕食も試してみたよ。
・・・変なフォークが置いてあった。

好きなように使ってみて。…って言われたので、このフォークでサングリアに入ってるフルーツをすくって食べたよ。
これがそのサングリア。カヴァ(発泡ワイン)でサングリアを作ってもらいました♪

おひとりさまでも食べられそうなサイズだって言われたので、赤エビのパエリアを。
半分くらいしか食べられませんでした。ハム風味のクリームコロッケふたつに、パタタス・ブラバスという辛いソースをかけたフライドポテトをやってけていたので、もう無理。

食事の度に『食が細くなったお年寄りの一人旅』な弱点が露呈してしまいます。

やはりアシャンブラにあるインディゴは便利ですが、このシン・インディゴもなかなかです。朝食ブッフェはごく普通のアイテムばかりなので、儂には高評価です。もう一軒のほうは工夫しすぎてて、逆にざんねん。
2日目にしてウエイトレスのお姉さんが、黙って座っててもカプチーノ淹れてくれました。

月曜日のユナイテッド便で、サンフランシスコへ帰ります。さあ週末が楽しみ♪

Sunday, May 19, 2024

United Safety Video 2024

ユナイテッド航空の安全ビデオが新しくなったらしいです。儂は暫く乗っていませんでしたが、来週は成田行きの UA837 に搭乗予定なので、ホントにこれになってるか確かめてきます。

・・・てか、UAに乗ったら今後暫くはこればっかり眺めることになるわけ? なんだかなぁ…。
ようつべに堕ちていたのは、ボーイング 777-200 用のバージョンでした。

最初は撮影セットの全体をざっと見せてくれますが…
今回のテーマは『青い玉 Blue Ball』です。

セットの中に設置された軌道を、青いボールが走り回ります。
セットの壁を、こんな感じで飛び回っていたり。

で… なんだか NHK の『ピタゴラスイッチ』みたいだと思っていたら、最後までピタゴラ風味。
青い玉はUAロゴの中に飛び込んでいって・・・

・・・ピタゴラフィニッシュです!
NHK教育テレビジョンを御覧の毒者さんは、めっちゃパクリっぽく感じることでしょう。

なお、英語で複数形Blue Balls というと…

 『すっげーたまってる
 『おきゃんたまが重い
 『いきそうでいけない
 『ものすごくやりたい

…等の意味を表す俗語になります。

要するに『臨界前核実験』みたいな。(笑)
(Blue balls は医学的に epididymal hypertension を指すようですが、俗語ではこうです)

ユナイテッド航空は、この俗語を気にしないみたい…。ゲーム屋の業界用語だった?

個人的な体験で、ゲーム会社勤務時に『ギザギザ青鼠さん』主演のゲームで…
 『ソニックは青い玉を集めます
…というステージになっているタイトルがあって、「こんなものアメリカで子供に売れない!」ってサンフランシスコから抗議が来た事がありました。(当時はまだ東京本社勤務)

この安全ビデオを YouTube で御覧いただく場合は、こちらからどうぞ。


念のため、低画質バージョンも上げておきます。