Sunday, February 25, 2018

İstanbul 2018 Jan (13)

搭乗ゲートへ向かったら... エアバスA330-300って結構大柄なのに沖止めだったよ!
スタアラ金で真っ先のバスで優先搭乗だけど... なんか雨ざらしのタラップの滑り止め検査やってて待たされました。

搭乗して... エコノミーの前から2列目・通路側の9Bに無事に座りました。
この機材って機内Wi-Fiがあるんだね。後でちょこっと試そうっと。

座席9Bに座っているとこういう感じです。
パーソナルモニタが割とおおきめなのがいい感じ。

後から窓側の9Aにドイツ人のおばさんが乗ってきましたが,頭上の荷物入れにコートを入れて着席したら... ガタガタ震え出しました。すぐ前がなーんもカバーされてない搭乗口なうえに外気温は4℃くらいだから,極寒の冷気がけっこうな勢いで足元へ入ってくる。恰幅が良くても更年期あたりの女性にはこたえるでしょう。Madam, may I get your overcoat from the overhead bin for you? って聞いたら... ナインダンケって言われた。Very well then... my jacket is quite warm. Would you like to try it for a while? って聞いても,ナインダンケのおへんじ...。
ドイツ女ってどういう倫理観なんだかわからんが,アテンダントコールして「こちらのレディに毛布を差し上げて」って頼みました。ドイッチュおばさん,今度はダンケシェン,ダンケシェンって言いながら,薄っぺらの毛布にくるまって Boarding Complete でドアが閉るまで震えていました。ドイツの女性,なんだかなぁ。(このヒトだけ特殊なのかも?)

沖止めバス輸送の影響で定時ちょっと遅れて離陸して,後方からエコノミー席を見ましたの図。
朝9時発のフランクフルト行き,ほぼ満席です。この有償顧客搭乗率だったらA330-300を使うよね。

お食事配布前に席へ戻ってきて,しっかりあさごはんをゲット。朝食の選択肢はありません。
配られるのはこんな内容。トルコ航空ではいつもパンが熱々なのが嬉しいです。熱いコーヒーと一緒で最高♪

開封するとこうなってました。
パンは熱いうちにバターを塗って,苺ジャムなんか無くても美味しくいただけます。

朝からオリーブ,胡瓜に山羊チーズってトルコではお約束みたいです。
主菜はスクランブルエッグに,生地がかさなった「しっとりパイ」のほうれん草サンド。ナッツ&ミルク風味のシリアルっぽい添え物はメロンが一切れで,これがデザートかな。
いつも同じような朝食メニューで初めての時は少し違和感がありましたが,もう慣れました。

ちょっちヒマな時に,機内 Wi-Fi に繋いでみました...。
アクセスポイントへつなぐと,こんな画面が出てきます。

次の購入画面へ進んで,お値段だけでもチェック入れておきました。
1時間で$9.99って,米ドル建てだよね?次のプランはイッキに24時間...。飛行中約2時間半くらいしか接続可能な時間がないので中途半端,割高に感じたので購入はやめておきました。

そのうちにフランクフルトへ降機態勢に...。
隣のドイッチュおばさんからは微笑を返されました。多分,毛布の御礼?
10:35が定刻なので,タッチダウンが10時半くらいだったけどBゲートのジェットウェイまでのタクシングが長くて,10分遅れ。航空機の発着は15分以内なら On Time 扱いですから,このTK1587便は定時着扱いになります。

前列のバルクヘッドの乗客達が荷物を後方の物入れに収納しているため,僕たち9~10列目の乗客が一致協力して荷物をバケツリレーで渡していき,すんなり気分よく降機できました。トルコ人,基本やたら親切でいい人々っす。

ここからまた迷路で意地悪されてるような遠回りをさせられてモノレールに乗って,Zゲートへ移動。

Friday, February 23, 2018

İstanbul 2018 Jan (12)

1月のイスタンブールの滞在はこれでおしまい。早朝起きで空港へ向かわなくちゃ。
iPhoneの最大望遠で写した夜明け前のガラタ塔。解像度はともかくスマホのカメラでもブレずに写るのが凄い。

アドさん... いつも約束した数分前には必ずやってきて待っててくれるのが判ったので,約束した6時半の15分前にはチェックアウトを終えてホテルのロビーで待っていたら,やっぱり10分前くらいにやってきました。帰りは火曜日の早朝ですが,まだ7時前なので道はガラガラ。また来月に同じく5泊しに来るから送迎よろしくね。でもお土産なんて考えなくていいからね。って話をしながら,あっという間に空港へ到着。最後にがっしりハグして別れました。

空港テロ以降,今まで以上に厳しくなった荷物検査をくぐってからチェックインカウンターへ。そして出国審査後にまたセキュリティチェックを受けて,ようやっと免税店がいっぱいある領域へ到達できます。

復路もトルコ航空でフランクフルトまで飛ぶから,トルコ航空のCIPラウンジへ入場。
朝から『突撃・撃沈軍団』が行列してて辟易。TK便のチケットで UA*G って刷ってあるから行列に並ばずに,直接オートゲートに行ってバーコードをかざしたら無問題でスッとゲートが開きました。プチ優越感で入場♪

ここ... 階下が穴場なのが判明したので,エレベーターで下のフロアへ向かいました。
この階段をカバンぶら下げて降りたら,目が廻りそうです...。

階下も上階と同じようなアリの穴みたいなモグラの穴みたいな,丸っこいデザイン...。
けっこうヒトがいるけど上階に比べたらまだマシです。

空席に荷物を置いて... こっちのフロアにはバリスタがいてエスプレッソマシンがあるんだよ。
淹れたてのコーヒーとなったら,やっぱり朝は行列だよね...。めげずに並びましょう。

あ,その前に少しおつまみ収穫... って,朝からケーキがどっさりあるよ!
甘党なので,これは見逃せませんでした...。

さらに隣には違う風味の熱々なブレッドプディング(シュトゥルーデルって書いてあるw)が3種類も!?
「いちばん売れ行きがいいのがいちばん美味しいの法則」を信じて,手前のやつを奪取♪

ケーキを大皿でもらって持ったまんま,バリスタ前の行列に並んで... あまりにも列が伸びてきてバリスタさんが2名になりました。結果,凄い勢いで効率良くコーヒーが点てられていきます...。
無事にカプチーノをもらって,ケーキはこんな感じ。フルーツが乗っているのはトルコ風ヨーグルトのムースでヘルシー(だと自己暗示w)です。ブレッドプディングは予想通りに美味。ベリーが載ったプチケーキもいけてました。

機内でもあさごはんが出るだろうから欲張らず,あとはウォールストリートジャーナルをダウンロード。
以前と違って,Wi-Fi はこのキオスクに搭乗券をかざしてパスワードをもらう方式に変更されました。

アクセスポイントへ接続すると,ログイン画面が出てきました...。
ここでキオスクでもらったユーザー名とパスワードを入力すればOK。
スピードテストは忘れたけど,ダウンロードはあんまり速くなかった。

WSJ電子版を更新後,歩いて10分はかかりそうに遠い搭乗ゲートへ向かいました。

Wednesday, February 21, 2018

İstanbul 2018 Jan (11)

今回のイスタンブール滞在からタクシードライバーのアドナンさんに世話になってると何度も書きました。
ある朝,ハマムへ行くために迎えに来てくれた助手席(には僕が座る)に,バクラヴァ屋の手提げが。

「隣のブロックにあるギュルオゥルーのバクラヴァだ。いちばん美味しいぞ」
「知ってるよ。もともとギュルオゥルーに近いからこのホテルを見つけたんだ」
「おお,さすがイスタンブールによく来てるだけある。これは君への土産だ」
「え~っ!今日はハマムから戻って来たらバクラヴァ買いにいく予定だったよ」

アドさん,気が利きすぎ。大好物なので遠慮なく,有り難くおみやを頂戴いたしました。
そして風呂上がりにバクラヴァ。腹持ちがいいしカロリー凄いからこの日はランチがバクラヴァ。湯上がり&マッサージで揉まれまくった後なので,熱い紅茶ではなく缶入りのアイスティー。しかもなぜかトルコでしか見かけないので思わず買ってしまうマンゴー&パッションフルーツ味です。

箱を開けたら... ドライタイプではなくウェットで糖蜜ネショネショなピスタチオのやつ。いっちゃん好っきやねん♪
アメリカ土産には日持ちがするドライタイプを買いますが,現地で食べるなら上表面がサックサクで下半分がネットネトなこのタイプが最高に美味しい。さすが,アドは生まれも育ちもイスタンブールっ子です。

さすがに一日では全ては食べきれず,半分は翌日に濃く淹れた熱い紅茶と一緒にいただきました。

さらに風呂屋通いの3回目。また何か土産袋が助手席に置いてあった。開けたら...これが。
(撮影前に一振り使ったので,液面が少し下がっています。液体はほのかなピンク色)
コロンヤという,オーデコロンの香り成分を控えめにした「香りが残る化粧水」みたいなトルコ名物の香水です。ハマムが終わってお会計が済んだ時や,長距離バスに乗ったりトルコ航空のトイレの中はレモンの香りのコロンヤが定番。

でも,なんかすげー どピンク色のパッケージに『ジャポン・キラーズ・チチェーイ』って書いてある...。
・・・ピンキーとキラーズ??(このバンド名を知ってた人,もう墓石を予約しておきなさい。)
その場でグーグル翻訳してみたら『日本の桜の花』って意味です。桜の香り,しかもニッポンというキーワード。これをわざわざ見つけてきてプレゼントしてくれたアドさんの気配りに脱帽です。ハマムあがりに着けて「使ったよ~♪」ってアドさんに嗅いでもらいました。還暦目前の毛むくじゃらデブふたりがハグしながら体臭を嗅ぎ合う姿...。あまりにもキモすぎるので脳内で再現しないでください。(爆)

ただ,パッケージからご想像いただけるように,目一杯フェミニーンなかほり...。でも非常に繊細ですぐ飛んじゃうし,ミドルからラストノートが無いに等しいから,他のラストが強いパルファンとかに混ぜるとバランス良さそう。
(こう見えても仏グラースの香水大手ガリマールで調香師のコースを受講してディプロマをもらったのだ)

で... 大問題だったのが「200ml 入り」です。機内持ち込み可能な液体は100ml以下。持ってきていたアフターシェイブやアトマイザを全てカラッポにして,このコロンヤを詰め替えて持ち帰りました。

いい運ちゃんを見つけました。つか... こんなプレゼントいっぱいもらったら僕を乗せてて利益出るんかい?(汗)